家族のレシピ

劇場公開日:

  • 予告編を見る
家族のレシピ

解説

斎藤工主演、松田聖子共演によるシンガポール、日本、フランス合作映画。2016年のシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を記念し、日本とシンガポールのソウルフード、ラーメンと肉骨茶(バクテー)がつなぐ、国境を越えた家族愛が描かれる。群馬県高崎市でラーメン店を営む真人は、突然亡くなってしまった父の遺品から1冊の古いノートを見つける。そのノートには真人が10歳の時に亡くなったシンガポール人の母が書いた料理のレシピや写真などとともに、さまざまな思い出が込められていた。真人は忘れかけていた過去を埋めるためシンガポールへと旅立つ。シンガポール在住のフードブロガー・美樹のサポートにより、肉骨茶の店を営む叔父と再会を果たした真人は、これまで知ることのなかった家族の歴史と向き合うこととなる。斎藤が主人公・真人役、松田が美樹役をそれぞれ演じる。監督は長編アニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」を手がけたエリック・クー。

2017年製作/89分/G/シンガポール・日本・フランス合作
原題:Ramen Teh
配給:エレファントハウス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

映画レビュー

5.0父が急死してしまい、父と母が出逢い、10歳になるまで生まれ育ったシ...

2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

幸せ

父が急死してしまい、父と母が出逢い、10歳になるまで生まれ育ったシンガポールへ。
戦時中の記憶から祖母と母との断絶と悲しい記憶をおいしい料理と共に埋めて癒していくストーリー。
美味しそうなシンガポール料理の映像に心奪われ、気分が踊る。斎藤工のほんとに美味しそうな表情がすごく良い。
想像してたよりかなり良かった。なぜか清々しい気分にもなれる良作です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

4.0心温かになる

2022年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

地元で上映されなくて隣県まで斎藤工さん観たさに行ったけれど、最終回の劇場は自分の貸切状態で、心ゆくまで映画に没頭できた。
主人公と共に、切れていた家族のつながりを再構築できた安堵感や、戦争の歴史はいつまでも人の心に痛みをもたらし、愛する子でさえも許せなくなるほど根深い傷を負わせるものだということを知らされ、あらためて平和の大切さを考える深い内容だった。
でも登場人物は皆個性豊かで、それぞれが生き生きと描かれ、こういう人居そうと思わせられた。
松田聖子さんのキャスティングはどうなのと最初は思ったけれど、悪目立ちせずすんなり溶け込んでいた。だけど最後に出てきたのはアリなのか?とも。
観終わって心ほんのり優しくなる良い映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たいち

2.0セリフが文語調。これでは俳優がかわいそうです。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この惨めな映画の出来ばえは、いったい誰の失敗のせいなのでしょうか。

斎藤工も松田聖子も、与えられたセリフを必死に口にしてはいるのですが、もともとのセリフ自体が翻訳直訳調、文語調で、セリフを自然に語るには固過ぎるのですよ。

シンガポール人の喜怒哀楽の表現方法を日本人が知るためのテキスト、という以上の価値が見いだせず。

何十年も持続し続けていた恨みや怒りが、たった一杯のスープでニコニコ顔になるなんて、そういうことがありえるとは普通には思えません。
その奇跡が、もしも、仮に起きたのだとしたら、観客を心の底から納得させられるだけの仕掛けや映画人としての腕前が必要だと思われますが、残念なことに納得感がまるでナシ。

バクテーは旨いのだろうけど、それを超える美味さの表現も観衆には届かずじまい。

日仏星3カ国共同制作とやらですが、船頭多くして……というパターンの、一つの典型的な失敗作品なのだろうなと、寂しく感じたのでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
お水汲み当番

3.0家族の味。

2020年6月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

亡き母の残したバクテーの味を求めて母の実家であるシンガポールに行く。
母の弟と、祖母に会うがなかなか祖母には受け入れてもらえず悩む。
母のレシピをもとにバクテーを食べてもらうことで祖母との対面を許される。
レシピを通し絆ができてこれからの人生、家族の味としてお店に出される。

フードブロガーとして松田聖子が出てくるがハラハラドキドキで。
まあ。無難に演じていたので安心。

バクテーが美味しそう。どんな味。なのかな。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
しろくろぱんだ
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る