ラビット・ホール
ホーム > 作品情報 > 映画「ラビット・ホール」
メニュー

ラビット・ホール

劇場公開日

解説

ニコール・キッドマンが自ら製作・主演し、第83回アカデミー主演女優賞にノミネートされたドラマ。ピュリッツァー賞、トニー賞を受賞したデビッド・リンゼイ=アベアーの原作戯曲を「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督のメガホンで映画化した。ニューヨーク郊外に暮らすベッカとハウイーの夫婦は、8カ月前に交通事故で息子を失い、絶望の淵にいた。ベッカは現実から目をそらし、ハウイーは思い出にふけることで夫婦の関係が次第にほころびはじめていたある日、ベッカは息子の命を奪った車を運転していた少年を街で見かける。ベッカは偶然を装って少年の後を追うが……。

作品データ

原題 Rabbit Hole
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 92分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第83回 アカデミー賞(2011年)

ノミネート
主演女優賞 ニコール・キッドマン

第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(ドラマ) ニコール・キッドマン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

深刻さの縁にまぎれ込む笑いに生きることの真正さが匂い立つ
ラビット・ホールの映画評論・批評

幼子を亡くした夫婦の痛みと向き合う舞台劇が原作。だが、悲しさや苦しさを押し売りする熱苦しい台詞や演技はここにない。唐突にうさぎの穴/別世界にはまったような人の姿に目をすえて映画は悲嘆も怒りも混乱もあくまで繊細に掬う。深刻さの縁にまぎれ...ラビット・ホールの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全12件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

アクアマン 運び屋 ハドソン川の奇跡 LION/ライオン 25年目のただいま
アクアマン (字幕版) 運び屋 (字幕版) ハドソン川の奇跡 LION/ライオン 25年目のただいま (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ラビット・ホール」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報