恋の罪
ホーム > 作品情報 > 映画「恋の罪」
メニュー

恋の罪

劇場公開日

解説

「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京・渋谷区円山町のラブホテル街で1人の女性が死亡した事件を軸に、過酷な仕事と日常の間でバランスを保つため愛人を作り葛藤(かっとう)する刑事、昼は大学で教え子に、夜は街で体を売る大学助教授、ささいなことから道を踏み外す平凡な主婦の3人の女の生きざまを描く。

スタッフ

監督
製作
鳥羽乾二郎
大月俊倫
企画
國實瑞惠
プロデューサー
千葉善紀
飯塚信弘
脚本
園子温
撮影
谷川創平
照明
金子康博
録音
渡辺真司
編集
伊藤潤一

キャスト

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 144分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

インタビュー

園子温監督、“本質”を求める旅はいまだ継続中
インタビュー

「前作の『冷たい熱帯魚』が“油ギッシュな男の映画”だとしたら、今回の『恋の罪』は“大胆な女の映画”。大人の女性の映画を撮ってみたかったんですよね……」と語るのは、日本映画界の異端児として国内外から注目を浴びる園子温監督。自らの中に、あ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

性を解き放ち、生をまさぐる女たちのダークファンタジー
恋の罪の映画評論・批評

女優の身体が放つパトスが、男性の支配願望を打ち砕き、映画の枠組みさえ壊していく。デフォルメして描かれるのは、畏怖すべき女性性の謎であり、はかり知れぬ女の業を仰ぎ見るオール・アバウト・マイ・ミューズともいえる女性讃歌だ。心身ともに渇きき...恋の罪の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全32件)
  • 誰のために映画を作るのか インディペンデント映画監督として確固たる地位を確立した園子温。しかしながら最近はシネコン映画でも見られるようになり、昔ほどのアイデンティティを感じなくなっている。個人的にはそのような監督の変化の... ...続きを読む

    minto mintoさん  2018年9月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 恋の罪!? 富樫真さんの怒鳴り声と化粧とニヤッと笑ったときの顔がトラウマになりそう… 映画のタイトルと作品の内容が今一リンクしなかった。 どういう意味なんだろう? ...続きを読む

    フラニー フラニーさん  2018年8月6日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 神楽坂恵、熱演も空回り… あの時代に 働いていた者として、あの事件は確かにショッキングではあった 個人的には「 自己承認欲求」のなせるわざだと考えているが、本当のところは誰にもわからない 監督は3パターンの女性を用意した... ...続きを読む

    jarinkochie jarinkochieさん  2018年8月3日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

新宿スワン 地獄でなぜ悪い あん 新宿スワンⅡ
新宿スワン 地獄でなぜ悪い あん 新宿スワンⅡ
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「恋の罪」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi