ブルーバレンタイン

ALLTIME BEST

劇場公開日

ブルーバレンタイン

解説

仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に出せば平和な日常が崩れてしまうことを恐れていた……。夢や希望にあふれていた過去と現在を交錯させ、2人の愛の変遷を描くラブストーリー。主演はライアン・ゴズリングと、本作で第83回米アカデミー主演女優賞にノミネートされたミシェル・ウィリアムズ。

2010年製作/112分/R15+/アメリカ
原題:Blue Valentine
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ライアン・ゴズリング
最優秀主演女優賞(ドラマ) ミシェル・ウィリアムズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0愛の始まりと終わりを織り交ぜた、全く新たな語り口

2017年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

愛の始まりと終わり、出会いと別れを鮮やかな手法で綴った物語だ。時間軸を巧みに用いて、愛を織り成す両側面を並行して描き出して見せた趣向は、映画の語り口としての「発明」と言っていい。何よりも驚かされるのが二人の間に流れる特別な空気だ。この関係性を生み出す上で、まず彼らは「過去」を撮影し、それから二人を一緒に住まわせたのちに「現在」の撮影に挑んだのだとか。即興性の高いやりとりや、濃密な関係性が随所で垣間見えるのはそのためだ。出会った頃はフレッシュだった愛の形が形骸化して今その場に横たわっている様子はある意味とても残酷。しかしこの映画の中では苦さも甘さも同時に口にすることで一つの儚い美しさとして受け止めることができる。この魔法のようなタッチにかつてない衝撃を覚えた。そしてゴズリングの禿げ方もまた恐れおののく要素の一つ。どうやら監督の頭髪を参考にしたらしく、気になる方は彼の写真を確認してみてほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

3.5ラブホの“未来”ルームに泊まった“未来”の無い夫婦のお話。

2022年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

①お互いにマウントし合うと夫婦も終わりだな、と独身者に分からせてくれるラブホでの最後の夜のシーンが秀逸。同じ部屋にいて食事を共にし、酒を飲み、肌を合わせても最早二人は家族ではなく他人だという空気感。ラヴ・ストーリーとか恋愛映画とか一言では言い表せない辛口のドラマだ。②最早お互いの言うことが全く噛み合わなくなった一組の若い夫婦。坂を転がる様に破局に向かう二人の姿に、出会ってから結婚するまでの二人の姿を並行して描き、その間の数年間の夫婦生活の描写は一切ない斬新な語り口。③並行して描かれることで、二人の結婚生活が上手くいかなくなるかもしれない要素のようなものが二人の恋愛時代の描写の中に垣間見得る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0変化してあたりまえ

2022年5月7日
Androidアプリから投稿

「もう無理なの」の超底辺と「あなたを愛してる」の超てっぺん、その両極を見せられ感情が揺さぶられてしまいました。

神様に誓おうが、どう心をごまかそうが、駄目なものは駄目なんだと思います。

娘を泣かせ、苦いストーリーではありますが、もし、一定期間距離を置いたスピンオフバージョンがあったら?
わたしは今より良い顔してる2人を想像しました。離婚は絶望の始まりではないと思いたいからなのかもしれないです。

ただ、見る人によっては深めに落ち込みそうなストーリーだろうな、が本音です。えぐられますもんね。

悪魔のコメント
シンディ元彼だけは唯一悪役確定

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画の愉しみ

4.0リアル

てててさん
2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿

本当にありそうな始まりと終わり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ててて
すべての映画レビューを見る(全77件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る