100歳の少年と12通の手紙

劇場公開日

100歳の少年と12通の手紙
12%
62%
24%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスを代表する劇作家エリック=エマニュエル・シュミットが原作・監督・脚本を手掛けた感動作。はれものに触るような態度の大人たちに幻滅していた余命わずかな10歳の少年オスカーにとって、口の悪い宅配ピザ屋の女主人ローズだけが、自分に正直に接してくれる唯一の大人だった。オスカーの希望で12日間毎日、オスカーの元を訪れることになったローズは、1日を10年と考えて過ごすこと、そして毎日神様に手紙を書くことを教える。

2008年製作/105分/G/フランス
原題:Oscar and the Lady in Pink
配給:クロック・ワークス、アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008 Pan-Européenne–Studiocanal–Oscar Films–TF1 Films Production–Cinémaginaire–RTBF (Belgian Telecision)

映画レビュー

3.5是非見てほしい!

UNEmiさん
2020年11月23日
PCから投稿

想像シーンの映像の好き嫌いはあると思うけど、
ものすごく温かい作品だった。

人生を慈しみ、優しい気持ちに慣れる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

3.5勇気をもらえる

rrr.さん
2019年12月25日
iPhoneアプリから投稿

この映画は白血病と戦う少年オスカーの人生を描いた物語。

ピザ配達のローズがレスリングの話とあわせて彼を元気づけるのだが、見ている自分も自然と勇気を貰えるような作品だった。

恋愛も描かれているのだが小学生のような可愛い恋愛。しかし、ほかの小学生にない勇気を持っているオスカーはすごい男前に感じた。

たった一度の人生。この映画を見ていろいろと考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rrr.

4.5生きづらい時に観るべき映画

myuさん
2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myu

4.0優しさと哲学をミックスされた感動作。

2019年6月30日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

『100歳の少年と12通の手紙』字幕版

*主演*
ミシェル・ラロック
アミール

*感想*
白血病の少年オスカーと元女子プロレスラーでピザ屋のローズとの交流映画。

感動はしましたけど、ちょっと哲学的だったな。でも、優しさ溢れてたし、オスカーが両親を嫌いになる気持ちはなんとなくわかる気がするし、ローズもローズで、最初はヤバい女だな~って思ってましたが、オスカーと出会ったことで冷たい心が徐々に溶けて感じる部分は良かったな。

恋愛とファンタジー、コメディ要素もあったけど、最終的には感動しちゃったな。

100歳の意味がちょっと哲学っぽかったけど、良作でした。(^^)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひろっぴ
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る