100歳の少年と12通の手紙のレビュー・感想・評価

100歳の少年と12通の手紙

劇場公開日 2010年11月6日
9件を表示 映画レビューを書く

大人びた言葉を話す子供と、大人に対するように子供に話しかける大人。...

大人びた言葉を話す子供と、大人に対するように子供に話しかける大人。現実の世界では、こんな子供はいないだろうし、こんな大人もいないだろう。意地悪く言えば、子供が主人公の物語によくありがちな、「大人の嗜好に合わせた」子供らしい物語。

でも、そんな「現実的でない」物語が、洗練された印象をもって受け止められるのはフランス映画、またはフランスという国の成熟さ所以か。自立した個としての個人主義、毒をもって毒を制すエスプリ、ロマンスの甘さと辛さを知るフランスならではの愛が全編に溢れていて、ただただ胸が熱くなる。素敵な映画。

supersilent
supersilentさん / 2018年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランス映画らしい

白血病で余命わずかな少年と偶然出会った変なおばさんの奇妙な交流を、泣かせるのではなくファンタスティックに綺麗に作り込んでいる。
こういうところはなんかフランス映画っぽいなぁ〜と思った。
でも泣ける映画ではない(^^;

SelfishCat
SelfishCatさん / 2017年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

偶然見つけた感動作

余命あと12日の少年と、赤の他人のおばさん。
唯一自分を腫れ物に触るような扱いをしなかった、それを理由に毎日会うようになる。

ローズの素敵なアイデアとアドバイスで、
オスカーの残りの人生が素晴らしいものに変わっていく。
そしてオスカーもローズや両親の人生を素晴らくする。

フランス映画らしい繊細な映像美と色使いも見られ、綺麗。

優しい心になれる映画です。

yccn
yccnさん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

某サイトでたまたま見た映画がこれでした。
主人公の男の子の演技もなかなか良くって
何回もうるうるしてしまうようなお話でした。
でも、笑ってしまうようなシーンもありました。
何回でもみたい映画だと私は思います。

makochan
makochanさん / 2015年3月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文句なし

オスカーとローズのコンビ最高。50歳か60歳の時のオスカーとペギーが音楽を聞きよるシーンは本当の老夫婦みたいでよかった。

むった
むったさん / 2014年10月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原題に沿っていきましょうよ

原題は『Oscar and the Lady in Pink』。 せめて『オスカーとロージー』など タイトルを原題に近くしてくれれば もっとスムーズに観れたと思います。

『アメリ』のような流れと 幻想の世界が融合して、闘病中で死が迫る少年のお話を 分かりやすく・楽しく・そして現実と向き合う勇気を 心に植え付けてくれる、ステキな作品。
演技もバックグラウンドも 色とりどりのコントラストも素晴らしいけれど、何よりも セリフがいい。
オスカーの大人びた問いかけに、真剣に向き合い・少しだけ言葉を選んで優しい言葉で包んでくれる ロージーの表情がとても心に残ります。

知っている俳優さんが一人もいないのに、こんなに夢中になれて たくさん泣けて心が洗われました。 ぜひもう一度観たいです。

Blue
Blueさん / 2012年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生を味わうにはセンスが要ります ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「100歳の少年と12通の手紙」
(エリック=エマニュエル・シュミット)から。
12日間を一生にたとえて、1日10年として過ごす、
白血病末期の患者、オスカー少年。
提案したのは、ピンク色大好きなピザ屋さんの女性。
1日目は1歳から10歳、2日目は11歳から20歳・・
「今、何時?」「じゃあ、何歳頃ね・・」という
そんな具合で、彼の余命を一緒に過ごしていく。
「15歳、勇気を出して告白する年頃ね」
「18歳の男の子は、疲れない」
「思春期は苦難の世代ですね、こんな時期は一度で十分」
「30代は厳しい、心配の世代、責任の世代だ」
「40過ぎると、男は魔がさすの」
「結婚生活はステキです。50代に近づき、試練を越えた後は特に」
「60歳を過ぎました、昨晩のツケを払っています、身体がだるい」
「歳をとると旅行が嫌いになります」
「人生を味わうにはセンスが要ります」「老いは不快だ」
そして100歳(10日目)を迎えて
「僕を起こしていいのは、神様だけ」と呟く。
そして、彼に関わった人たちが気付いたこと。
「オスカーと出会ったおかげで、私の心は一生愛に満たされます」
これに尽きる。フランス映画らしい作品だったな。

shimo
shimoさん / 2011年11月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重いテーマのわりにはアッサリ見れますョ

死期の近い少年が残り僅かな時間をどう過ごすか、ということなのですが、フランス映画独特のノリもあって結構笑えるシーンも多く、それほどお涙頂戴という映画ではありません。

決してハッピーエンドとは言えないけど、後味も決して悪く無いです。むしろ、爽やかさすら感じます。観る人の年齢や背景などに応じていろいろな感じ方ができると思います。

検非違使
検非違使さん / 2010年12月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青少年にお薦めの1本

子供と動物で泣きを取るような映画は嫌いだと公言しながら、「リトル・ランボー」に続けて子供が主人公の映画を観てしまった。
フランスを代表する劇作家エリック=エマニュエル・シュミットが原作・監督・脚本を手掛けた08年の作品。「リトル・ランボー」も07年の作品で、ともに日本公開が遅めだ。

病気を知っている大人たちは、なにをしても怒らない。まだ生きているのに死に人に対するような扱いだ。“ピンクの婦人”ローズの歯に衣着せぬ物言いは、オスカーにとって自分がまだ生きている実感となったに違いない。時にはキツい表現も、人によっては生きる糧になる。
難病ものの映画は多いが、1日を10年として子供に人生を仮想経験させる設定が目新しい。その世代に訪れるであろう人生の機微を、病院という狭いセカイの中で体験させていく脚本が巧い。
短いながらも精いっぱい生きたと自慢できるオスカーの人生、それは少年のまわりの大人たちが貴重な経験を積んでいくことでもあった。
ラストにドクターが言った「実はあの子が周囲のめんどうをみていた」が印象に残る。

この映画を観て、高校生のとき観た白血病の少年と父親の愛を描いた「クリスマス・ツリー」(テレンス・ヤング監督、ウイリアム・ホールデン主演、仏1968)を思い出した。今回、客席は年配者で埋まっていたが、今作のように命と人生、家族愛を描いた作品は青少年にこそ観てもらいたい。ちっとも堅い映画ではない。明るくて楽しくて、ちょっぴり泣ける映画だ。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi