劇場公開日 2010年11月6日

  • 予告編を見る

「優しさと哲学をミックスされた感動作。」100歳の少年と12通の手紙 ひろっぴさんの映画レビュー(感想・評価)

3.620
12%
62%
24%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0優しさと哲学をミックスされた感動作。

2019年6月30日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

『100歳の少年と12通の手紙』字幕版

*主演*
ミシェル・ラロック
アミール

*感想*
白血病の少年オスカーと元女子プロレスラーでピザ屋のローズとの交流映画。

感動はしましたけど、ちょっと哲学的だったな。でも、優しさ溢れてたし、オスカーが両親を嫌いになる気持ちはなんとなくわかる気がするし、ローズもローズで、最初はヤバい女だな~って思ってましたが、オスカーと出会ったことで冷たい心が徐々に溶けて感じる部分は良かったな。

恋愛とファンタジー、コメディ要素もあったけど、最終的には感動しちゃったな。

100歳の意味がちょっと哲学っぽかったけど、良作でした。(^^)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひろっぴ
「100歳の少年と12通の手紙」のレビューを書く 「100歳の少年と12通の手紙」のレビュー一覧へ(全20件)
「100歳の少年と12通の手紙」の作品トップへ