雷桜 : 映画評論・批評

メニュー

雷桜

劇場公開日 2010年10月22日
2010年10月19日更新 2010年10月22日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

喪失を埋め合わせ解放し合う魂の彷徨

設定を聞けば出来すぎたおとぎ話のように思える。筋だけを追えば泣かせることに懸けたあざとさが鼻につくように感じる。しかしここにはアウラ(オーラ)が宿っている。それは今を感じさせる役に同化した主演俳優2人の化学反応による息づかいであり、内的崩壊を抱えた男女の機微を熟知する演出家の生理によるものだ。

アニメーションでしか成し得ないような美しき情景の中で、ナイーブな岡田将生とワイルドな蒼井優の表情に見とれるのもいいが、本作は単なるロマンスものを超えている。将軍家の血を引く若殿と豊かな自然の中で育まれた少女の身分違いの恋物語ではあるのだが、悲恋ファンタジーと呼ぶにはあまりにも痛ましい過去が2人を覆う。ここで描かれるのは、愛されることに飢えて精神を病んだ男と、性すら意識することなく山奥で育った強靱な女の出会いだ。男性性と女性性が惹かれ合うエロスではなく、互いに喪失したものを埋め合わせるようにして、求め合い解放する愛。物語の主軸は、環境に適応できず壊れた青年が癒されていく心の変容である。「告白」「悪人」に続いて岡田将生は、現代的な病を見事に体現する。

これは、生きづらさの中で出逢った歪な者たちの魂の彷徨であり、閉塞しがちな若者に光明を与える可能性の映画だ。号泣するために足を運ぶのもいいが、流れる涙の理由を自らに問うことで心の深奥を探り、映画館という暗闇を自分だけの孤独な聖地にしてほしい。

清水節

関連コンテンツ

インタビュー

廣木隆一、黒澤組の“生き字引”も認める柔軟な監督像
インタビュー

岡田将生と蒼井優が時代劇に初挑戦した「雷桜」が、10月22日に公開される。宇江佐真理の人気時代小説の映画化に当たり、メガホンをとったのは「余命1ヶ月の花嫁」を大ヒットに導いた廣木隆一監督。作法や所作にとらわれず、現代劇にも通ずる時代劇...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

雷桜 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 雷桜 スタンダード・エディション[DVD] 雷桜 メモリアル・エディション[DVD] 【初回仕様】銀魂 ブルーレイ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]
雷桜 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 雷桜 スタンダード・エディション[DVD] 雷桜 メモリアル・エディション[DVD] 【初回仕様】銀魂 ブルーレイ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥1,015 発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥3,283 発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥5,059 発売日:2017年11月22日 最安価格: ¥6,216
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全24件)
  • ストーリーがわかりやすすぎる 俳優さん達の一生懸命な演技がもったいなく思える位にストーリー展開が単純すぎたように思えました。せっかく長い映画なので、もう少しドラマがあってよいのではないのでしょうか。 桜の映像はとてもきれいで... ...続きを読む

    サコフリ サコフリさん  2017年4月30日 04:58  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • はっきり言ってこういう映画が世に出られることに憤慨です。 何の印象も残らない映画でした。 ストーリーも平凡です。 いくら岡田将生がかっこよくても、蒼井優がかわいくても、 中身がなければ映画は駄作。 ファンDVDでも見た方がよっぽどまし。 音楽も、時代劇... ...続きを読む

    うえあおい うえあおいさん  2016年7月1日 18:59  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悲恋、そしてさだめ。 蒼井優の演技が良かった。悲恋、そしてさだめ。逃げることのできない現実を受け入れなければ生きてはいけない時代。幸福ってなんだろう。 ...続きを読む

    Mana Manaさん  2015年12月26日 22:54  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi