抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より

劇場公開日:

抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より

解説

「バルタザールどこへ行く」「スリ」で知られる巨匠ロベール・ブレッソンの脱獄ドラマ。1943年、ドイツ占領下のフランス・リヨン。仏軍レジスタンスのフォンテーヌ中尉は、独軍に捕らえられ、モントリュック刑務所に入獄する。拷問され、独房に入れられたフォンテーヌは即座に脱獄を決意。囚人と情報交換をし、スプーンで作ったナイフを武器に着々と準備を進めるが、仲間のオルシニが脱獄に失敗し銃殺されてしまう……。

1956年製作/97分/フランス
原題:Un condamne a mort s'est echappe ou Le vent souffle ou il veut
配給:クレストインターナショナル
日本初公開:1957年7月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1956 GAUMONT / NOUVELLES ÉDITIONS DE FILMS

映画レビュー

4.5映画の教科書とでも呼びたくなる緻密な設計

2020年10月23日
PCから投稿

脱走劇といえばマックイーンの「大脱走」が燦然と輝く中、ブレッソンの本作はというと、牢獄に入れられた一人の抵抗者が、わずかな手段を頼りに脱獄計画を進める小さな物語。にもかかわらず、小さな中に映画の教科書ともいうべき濃密さが詰まっている。着流しの白シャツに付着した血のりや、汚れの黒ずみは時間の経過を伝えるリアルな視覚情報となり、また、毎朝一度だけ交わされる囚人仲間との会話や、隣室からのトントンという合図は主人公と世界とをつなぐ数少ない交信手段でもある。一つ一つの手作業をアップで克明かつ淡々と写し取っていく手法も印象的。独房という極限まで狭いテリトリーを逆手にとった巧妙なアングルや、見せるものと見せないものとの住み分け、さらに遠くから聞こえる汽笛や見回りの接近などの緻密な音響設計にも舌をまくばかりだ。極め付けはモーツァルト「大ミサ曲」。ここぞというタイミングで魂の高鳴りを感じずにいられなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
牛津厚信

5.0脱獄シーンは心臓をバクバクさせながら物凄い緊張感

2021年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画
『抵抗』
の感想をブログに上げました。

『巨匠を観る』企画、8作目(全27作)の映画です。

監督:ロベール・ブレッソン
制作年:1956年
制作国:フランス
カンヌ国際映画祭 最優秀監督賞

【あらすじ】
大戦中、ナチスに捕らえられ独房に入れられたフランス軍中尉の男。
脱獄を考え、僅かな情報を頼りに有り合わせの材料でロープ等を作り始める。
やがて男に死刑の宣告が下り。。。

脱獄に成功した実在の人物の手記を元に作られたノンフィクション映画。

【感想】
脱獄シーンは心臓をバクバクさせながら物凄い緊張感で観ました。
とんでもなく面白い映画でした。

脱獄という痛快感のあるテーマをエンターテイメントではなく、心理ドラマのようにひたすらリアルに描いた作品です。
追い詰められる怖さが好きな方にもお勧めです。

※※※※※
ブログの方では、ネタバレありで個人感想の詳細とネット上での評判等を纏めています。
興味を持って頂けたら、プロフィールから見て頂けると嬉しいです。
※※※※※

コメントする (0件)
共感した! 0件)
trico

4.0空気感が至極

2020年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

萌える

淡々とした作風だが、終始纏わりついているかの様な緊迫感。夜が深まる漆黒の闇夜に身を潜め、音を立てずに息を殺している時の緊張感。それと同時に、深い夜の静けさはなんとも言えない贅沢さと極上さを奏でている。「ラルジャン」同様に空気感が至極。ブレッソン作品を鑑賞したのはこれで2作目だが、この2作を通してブレッソン監督が空気作りの魔術師だということが分かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
バンデラス

4.5映像のリズムとメロディーの純度

2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

視覚表現の精度に挑んだ洗練さと密度に感銘を受ける。凝視された情報のみのカットとモンタージュ。主人公が刑務所に連行される導入部が素晴らしい。必要最低限の描写で主人公と状況を説明し、緊張感をもって物語に引き込んでいく。また、屋外に行くカットを何度も繰り返し、獄中での変化と時間の流れを表現する無駄の無さ。ストーリーは、脱獄の為の道具作りと脱獄方法を克明にひとつひとつ丁寧に描写していくことで説明する。ブレッソンの映画は、音楽に例えるならバロック音楽や古典音楽の美しさと高揚感に似て、不協和音のない映像のリズムとメロディーを奏でる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」以外にこんな作品をCheck-inしています。