アラトリステ

劇場公開日

  • 予告編を見る
アラトリステ
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ロード・オブ・ザ・リング」「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセンが全編スペイン語の台詞に挑戦した17世紀のスペインを舞台にしたスペクタクル・ドラマ。スペインの人気作家、アルトゥーロ・ペレス=レベルテの同名小説の映画化で、共演に「バンテージ・ポイント」のエドゥアルド・ノリエガ、「パンズ・ラビリンス」のアリアドナ・ヒルら。孤高の剣士アラトリステは、戦死した友との誓いを守ってマドリードに戻り、友の息子を引き取るが、奇妙な暗殺の依頼が舞い込み……。

2006年製作/145分/スペイン
原題:Alatriste
配給:アートポート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Estudios Picasso / Origen PC / NBC Universal Global Networks España 2006

映画レビュー

3.0男は寡黙で孤高であるべきか。

マロピさん
2009年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

ツタヤの戦争映画コーナーにおいてあったし、歴史戦争モノかと思い鑑賞したら、いやはや、全然違った!!
淡々と粛々と話は綴られ、気がつけばエンドロール。
上映時間の合間には色々な要素のストーリーが散りばめられ、戦闘シーンはあくまでオマケ。
その間、主人公のアラトリステの生き方が淡々と粛々と綴られる。
そして残念ながら、原作未読のため、良い原作の映画化にありがちな消化不良感はしっかり味わう羽目に。
劇中のアラトリステの生き方には賛否両論あろう。
それでも精一杯生きて、精一杯の表現で人を愛した姿には感動するものがありました。
男はかくあるべきか、でも自分にはできないな、絶対・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マロピ

4.5日本語字幕の問題点

2009年8月6日
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
北の田舎者

4.5舞台挨拶のヴィゴは若々しかった

2008年12月1日

知的

栄光のスペインが没落を向かえつつある時代の物語。
傭兵のアラトリステは戦う。
友達の遺児を育てながら戦う。
そこまでして何故 彼は戦うのか。

歴史物は、その国のある程度の知識がないと辛い。
この作品もストーリーが小気味良いくらい、
ぼんぼん飛んでいくので、
油断するとすぐに置いていかれてしまう。
ディティールについてはかなり疑問を残したまま、
エンドロールを見る羽目になってしまったが、
その分奥行きがあり、
繰り返し楽しめる映画かも知れない。

話の軸は
アラトリステと彼が息子のように育てたイニゴとの葛藤と信頼。
アラトリステが愛したマリアとの愛情ドラマ、
イニゴが愛したアンヘリカとの愛情ドラマ、
そして、
アラトリステの友達との信頼関係、
様々な要素をストーリーの過程で描いています。

そんな中
イニゴが恋人のアンヘリカとイタリアへ駆け落ちしよう約束したのに
彼女は階段を降りながら考えるシーン。
駆け落ちせずに、このまま伯爵夫人になってしまえば、
子孫はみんな貴族でいられる。
でもイニゴの元へ行ったら。。。
当然の打算、妙に生々しい。

アラトリステが唯一愛した、マリア。
彼女は国王に見初められ、愛人になってしまうが、
この王様、女が大好き。
だから、新大陸から梅毒ももらってしまう。
当然、マリアもうつされてしまい、病院へ。
そんな彼女をアラトリステは見舞いに行く。
彼女の為に用意していたネックレスを
かけてあげるシーンは痛ましかった。

地に付いたリアルなシーンが
この映画の魅力に感じた。

さて、試写会後、ヴィゴがスペシャルゲストとして登場。
アラトリステで演じていた風貌よりも
とても若々しく、カッコ良かった。
でも、もう50歳なんですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カサキショー
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る