レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで
ホーム > 作品情報 > 映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」
メニュー

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

劇場公開日

解説

「タイタニック」(97)のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演し、ある夫婦の夢や葛藤を描いた人間ドラマ。1950年代アメリカ・コネチカット。郊外の閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想の夫婦フランクとエイプリル。しかし、2人はマンネリ化する日々に不満を募らせて、次第に溝を深めていく……。監督は「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。

キャスト

作品データ

原題 Revolutionary Road
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 119分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

ノミネート
助演男優賞 マイケル・シャノン
衣装デザイン賞 アルバート・ウォルスキー
美術賞  

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) ケイト・ウィンスレット
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) レオナルド・ディカプリオ
最優秀監督賞 サム・メンデス

インタビュー

レオ&ケイトが語る“結婚生活”
インタビュー

「アメリカン・ビューティー」のオスカー監督サム・メンデスが、「タイタニック」(97)のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットを主演に、アメリカン・ドリームの終焉を描いた人間ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

見せかけの繁栄と幸福の足元を見つめ直すホームドラマの秀作
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまでの映画評論・批評

沈みゆく豪華客船で出会い、刹那の恋に燃え上がったカップルが再競演を果たした本作では、反ラブロマンスとでも呼ぶべき愛の修羅場が展開し、結ばれたことに苦悩する2人は、海よりも深い奈落の底へと堕ちていく。舞台は、アメリカが経済的な繁栄を謳歌...レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまでの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全39件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

オーディション インセプション タイタニック ブラッド・ダイヤモンド
オーディション インセプション (字幕版) タイタニック (字幕版) ブラッド・ダイヤモンド (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi