ハート・ロッカー

ALLTIME BEST

劇場公開日

ハート・ロッカー
21%
52%
21%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。04年夏、これまでに870以上の爆発物を解体処理しているジェームズ2等軍曹がEODの新リーダーとして赴任してくる。部下となったサンボーンとエルドリッジはあと39日でEODの任務から外れる予定だったが、恐れ知らずのジェームズにより、これまで以上の危険にさらされることになる。監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。第82回アカデミー賞では作品賞以下6部門を受賞、ビグローは女性で初めての監督賞受賞者となった。

2008年製作/131分/PG12/アメリカ
原題:The Hurt Locker
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート

外国作品賞  

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 キャスリン・ビグロー
最優秀脚本賞 マーク・ボール
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0イラク戦争時、アメリカ兵の爆弾処理班の兵士達が描かれている。 アカ...

2022年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

イラク戦争時、アメリカ兵の爆弾処理班の兵士達が描かれている。
アカデミー賞をとって話題になった作品。
ドキュメンタリーっぽい作りでリアルさがあり、終始緊張感があった。
苦悩の描写は大きくはないけれど、すごく伝わってきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5家庭がありながら、志願して戦場の爆発物処理を続ける兵士。狂気なのか正義感なのか。

ezuさん
2022年5月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

ヒョイと目の前を横切る足の悪いやせた猫。顔をはい回るハエ。流れ出るよだれ。砂上を転げまわる薬きょう。
黒沢ばりの細かいディテールがこのサスペンス映画に引きずり込む。
家庭に居場所がない男には、世界一危険な爆発処理こそ、息のつける場所だったのかも知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ezu

4.5何度も見返すシーン

2022年5月18日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.5【”全編に漲る緊迫感が尋常ではない作品。”キャスリン・ビグロー監督がイラク戦争を仕掛けたジョージ・ブッシュに激しい怒りを叩きつけた作品。米軍爆発物処理班の過酷な任務をリアルに映し出した作品でもある。】

NOBUさん
2022年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

悲しい

怖い

難しい

■今作は、米国が大量破壊兵器をイラクが持っているという理由でジョージ・ブッシュが仕掛けたイラク戦争により、彼の地に駐留する事になった米軍爆発物処理班の過酷な任務をリアルに映し出した作品である。

◆感想<Caution! 内容に触れています。>

 ・冒頭の爆発物処理のシーン。地を這う様なカメラアングルで無人車で仕掛けられた爆発物を処理しようとするシーンを追う。
 そして、米軍爆発物処理班のトンプソン班長が、分厚い防爆服を着ながらも、イラク軍が仕掛けた罠のために、殉職するシーンの苛烈さに驚く。
 - あれだけ、厚い防爆服を着ていても、身体を守れない程の、爆発物の威力。-

 ・イラク戦争は、御存じの通り、米国がサダム・フセインを排除するために、米国が大量破壊兵器保持を理由として、一方的に仕掛けたイラクへの軍事介入である。
 そして、結果としてサダム・フセインは捕らえられたが、大量破壊兵器の存在は確認されず、有耶無耶にされた。結果として、米軍、イラクの人民も含めて多数の死者が出、ムスリムのジハード思想により、今作でも描かれた通り自爆テロが行われた事は、周知の事実である。
 キャスリン・ビグロー監督はジョージ・ブッシュの行為に対し、イラク戦争をリアルに、米軍を英雄視せずに描くことで、強烈な怒りを表明したのである。

 ・物語は、2004年夏。イラク・バグダッド郊外から始まる。
 米陸軍の爆発物処理班・ブラボー中隊に、新たな爆発物処理班班長・ジェームズ(ジェレミー・レナー)が赴任する。型破りなジェームズのやり方に戸惑うサンボーン(アンソニー・マッキー)とエルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラティ)
 ”ブラボー中隊任務終了まで〇〇日”と度々テロップが出る中、3人は時に対立しながらも、過酷な任務を切り抜けていく。
 - 灼熱の砂漠の中での、急襲を受けた後の、イラク兵スナイパー達との持久戦のシーンや、人間爆弾として使われるイラクの子供の死体。
 そして、彼らの動きを建物から見つめるイラクの民たちの視線も印象的である。-

<今作は、イラク戦争で闘う米軍を全く美化せずにリアルに描いている所が、真骨頂である。そして、米軍に対抗してくるイラクの民たちの自爆をも厭わない、ジハード思想の描き方。
 キャスリン・ビグロー監督は今作と、以降の「ゼロ・ダーク・サーティ」「デトロイト」(この2作品の緊迫感も尋常ではない。)により、ジェームズ・キャメロンの元妻というレッテルを剥ぎ取り、戦争及び米国の負の歴史を美化せずに描く第一人者となったのである。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全132件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る