ハート・ロッカー
ホーム > 作品情報 > 映画「ハート・ロッカー」
メニュー

ハート・ロッカー

劇場公開日

解説

戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。04年夏、これまでに870以上の爆発物を解体処理しているジェームズ2等軍曹がEODの新リーダーとして赴任してくる。部下となったサンボーンとエルドリッジはあと39日でEODの任務から外れる予定だったが、恐れ知らずのジェームズにより、これまで以上の危険にさらされることになる。監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。第82回アカデミー賞では作品賞以下6部門を受賞、ビグローは女性で初めての監督賞受賞者となった。

キャスト

作品データ

原題 The Hurt Locker
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 131分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート
外国作品賞  

第82回 アカデミー賞(2010年)

受賞
作品賞  
監督賞 キャスリン・ビグロー
脚本賞 マーク・ボール
編集賞 ボブ・ムラウスキー クリス・イニス
音響編集賞  
音響録音賞  

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 キャスリン・ビグロー
最優秀脚本賞 マーク・ボール

インタビュー

キャスリン・ビグロー監督が語るイラク戦争のリアル
インタビュー

本年度のアカデミー賞で9部門にノミネートされている話題作「ハート・ロッカー」が、今週末ついに日本公開を迎える。現在も進行中のイラク戦争下のバグダッドを舞台に、爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍をサスペンスフルに描いた本作について...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

外科医の日記を思わせる叙述。サスペンスが身体の芯に伝わる
ハート・ロッカーの映画評論・批評

テーブルの下に爆弾が仕掛けられている。それが爆発すればただのアクション映画にしかならないが、いつ爆発するかわからない状態でテーブルを囲む人々がポーカーに興じていればサスペンス映画が成立する。このわかりやすい定義を下したのは名匠ヒッチコ...ハート・ロッカーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全107件)
  • 観る者もまた中毒者である 戦争の当事者たちの麻薬のような中毒性。しかし、 観ている視聴者自身も戦争を観ることに中毒しているのではないのか? そう考えると、傍観者もまた関係者なのである、と思わずにはいられない。 いや戦争や... ...続きを読む

    osan osanさん  2018年5月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 無駄に長い 無駄に長い感じがした。 迫力も緊張感も少なく地味で退屈だった。 アメリカならではの高評価に思った。 齢とともに映画を観重ねて来て残酷シーンに慣れてしまったからかも? ...続きを読む

    ま~太郎♪ ま~太郎♪さん  2018年5月5日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 濃く乾いた時間!! 爆弾処理班の活動だけをじっくりと描くストイックな内容で好みです。米兵らしい無駄口叩きと命に係わる出来事との境界が曖昧で、いつ死んでもおかしくない時間を上手く捉えていると思います。 ...続きを読む

    アンジェロ アンジェロさん  2018年2月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ハート・ロッカー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi