グリーン・ホーネット

劇場公開日

グリーン・ホーネット

解説

新聞社の若き社長ブリット・リードが、緑のスーツとマスク姿の正義のヒーロー“グリーン・ホーネット”となって夜な夜な悪に立ち向かう姿を描いた60年代の人気TVドラマを、「エターナル・サンシャイン」の鬼才ミシェル・ゴンドリー監督が映画化。主演を務めるのは、「40歳の童貞男」などのコメディ俳優セス・ローゲン。ドラマ版で無名時代のブルース・リーが演じた助手カトー役に扮するのは、台湾の人気俳優ジェイ・チョウ。

2010年製作/G/アメリカ
原題:The Green Hornet
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5うーん、何か足りないんだよなあ

2022年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ブルース・リーの出世作として、名前は聞いていた。確かテレビシリーズで、大金持ちの道楽で探偵もどきのヒーロー活動をやっている主人公のおバカなお坊ちゃんを、優雅にサポートする召し使いの役で、大ブレイクを果たしたと聞いた。

そのまんま映画化されたようだが、お坊ちゃん役のセス・ローゲンになじみがないうえに、道楽の正義ごっこがなんともウソくさくて、もう一つ楽しめなかった。今の時代に、中華系の移民で、召し使いになるような貧しい設定が通用するのだろうか。

そして、その召し使いの男のスーパーマンぶりにも、痛快さを通り越して、作り物くささを感じた次第。主人公がどんなヘマをやらかして危機に陥っても、結局このスーパー召し使いが助けてしまうという、単純すぎるストーリー。キャストも豪華な割に、それぞれの役がほとんど印象に残っていない。ちょっと残念な出来だったと思う。

2018.9.6

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.0ブルース・リーは出てません

としさん
2022年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2022年1月10日
映画 #グリーン・ホーネット (2011年)鑑賞

ずっとMARVEL的な映画と思っていたけど、監督が #ミッシェル・ゴンドリー そして、主演が #セス・ローゲン
ヒロインに #キャメロン・ディアス

とくれば、そりゃコメディだよね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.5面白い🎵

2021年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

元はブルース・リーの出世作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.0結構面白かったです♪

2021年3月24日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

「上海だ、知ってるか?」「ああ、日本は好きだ」って台詞がありましたが、最初観た時は「主人公が上海は日本にあると勘違いしている」という笑える場面なのかと思いましたが、そういう意味ではないのかな(笑) ブラックビューティーがカッコよかったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全53件)