タランティーノ監督、ブルース・リー描写に関し遺族からの批判に反論

2019年8月28日 11:30

クエンティン・タランティーノ監督
クエンティン・タランティーノ監督

[映画.com ニュース]クエンティン・タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は全米で興行と批評の両方で大成功を収めているものの、ブルース・リーの描写に関しては遺族から批判を浴びている。

同作は、落ち目の俳優(レオナルド・ディカプリオ)とスタントマン(ブラッド・ピット)の友情を軸に、1969年のハリウッドの黄金期の光と闇を描いた作品。ディカプリオとブラッド・ピットが演じる架空のキャラクターに、ロマン・ポランスキー監督や当時の妻で新進女優のシャロン・テートマーゴット・ロビー)ら実在の人物が登場するという、事実を織り交ぜたフィクションになっている。

問題となっているのは、俳優で武闘家であるブルース・リーの描写だ。同作にはテレビシリーズ「グリーン・ホーネット」に出演中のリー(マイク・モー)が、ピット演じるスタントマン、クリフ・ブースと対峙する場面があり、口が達者で横柄な男として描かれている。寡黙で謙虚な男というイメージとは真逆の描写であるため、ファンのみならず実娘シャノン・リー、トレーニングパートナーだったダン・イノサントらがメディアを通じて批判を展開している。

米バラエティによれば、この批判について問われたタランティーノ監督は、ロシアのモスクワで行われた取材で「ブルース・リーは実際は少し横柄な男だった」と反論。「(この映画における)彼の話し方は、でっち上げではない。彼がそういうことを言っていたと聞いている。『彼がモハメド・アリを倒せるだなんて言ったわけがない』という人がいるかもしれないが、実際に言っているんだ。私が最初に読んだ、妻リンダ・リーの最初の伝記にもそう書いてあった。リンダは確実にそう言ってる」。タランティーノ監督の反論を受け、遺族がどのような反応を示すのかに注目が集まる。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、8月30日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
グリーン・ホーネット[Blu-ray/ブルーレイ]

グリーン・ホーネット[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,389

60年代の人気TVドラマを、「エターナル・サンシャイン」の鬼才ミシェル・ゴンドリー監督が映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース