きつねと私の12か月

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
きつねと私の12か月
きつねと私の12か月
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「皇帝ペンギン」のリュック・ジャケ監督による長編第2作で、初のフィクションドラマ。監督自身の幼少期の体験をもとに、きつねと少女の交流を、豊かな自然と四季の移ろいとともに描く。学校からの帰り道、少女リラは美しい野生のきつねに出会い、テトゥと名付ける。テトゥに会うため毎日森に通うようになったリラ。その想いに応えるように、最初は警戒心を抱いていたテトゥも次第に距離を縮めていくが……。

2007年製作/96分/フランス
原題:Le Renard et L'enfant
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Bonne Pioche Productions-France 3 Cinema-2007

映画レビュー

4.0エキノコックス!

kossyさん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 「アルプスの少女ハイジ」を思い出すくらい、怖いもの知らずの超自然児!といった感じの10歳の少女リラ(ブリュノー)。さすがに狼に出会ったときには逃げてしまい、骨折まで負ってしまったが、“山の親父”と呼んでいた熊に遭遇してもビビらない少女。キツネの本も買ってもらい、生態も学んだうえで捜し歩き、徐々に近づいてゆくことに成功。夏になると、きつねをティトゥと名付け、一緒に遊んだりした。ある日、一緒に鍾乳洞に入って歩くうちに夜になり遭難してしまった。

 アルプスのふもと。野山を駆け回るリラ。数多くの動物が登場するし、前半ではドキュメンタリーに小さなストーリーを挿入しただけと感じたが、手を振れるまでになると、さすがに『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督は作り方がうますぎると言わざるを得ない。そして、ティトゥが狼に襲われるというシーンでは、見る者の心を揺さぶり続ける・・・

 夏休みの終盤、リラはティトゥを自分の家に招待する。おっかなびっくりのティトゥはそろりそろりと2階にあるリラの部屋へ。扉をしめると急に息苦しくなったティトゥは部屋の中で暴れまくり、最後にはガラス窓へと飛び込んで行った・・・死んだ?

 室内犬でさえも見知らぬ密室に連れ込まれると情緒不安定となる。キツネは所詮、人間のペットにはできない動物なのだ。結局は死ななかったティトゥだったが、その事件以来、リラの前に姿を現わすことはなかった。

 大人になったリラが息子にお話を聞かせてあげてるといった設定。きつねは人間のペットにはできないと教えてあげるのだ。日本では『キタキツネ物語』、『きつね』、『子ぎつねヘレン』なんて作品もあって、エキノコックスの怖さを教えてくれるのだが、可愛いからと言ってむやみにペットにはできないもんなのだな・・・きつねに限らず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0切なくて残酷で繊細で

Ayakaさん
2016年9月19日
iPhoneアプリから投稿

自然に囲まれた地で、少女が野生のきつねと出会います。

景色もよくて、少女ときつねはとにかくキュート。
しかし、胸が締め付けられて思わず涙が出ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ayaka

3.5ドキュメンタリーのような童話

Cape Godさん
2013年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Cape God

4.0圧倒的な映像美に加えて、人間の愚かさをさりげなく観客に痛みとしてを感じさせることで、いつまでも記憶に残る作品。

2009年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 リュック・ジャケ監督作品だけに、ドキュメンタリーに近い作品。何しろ登場人物は、少女リラとあとラストに少し大人になったリラとその息子が出てくるくらいで、ほとんどが野生のキツネが主役。
 警戒心が強いキツネの生態に密着した撮影をしているところがすごいです。
 巣ごもりして子育てしているところや、山猫に追われて逃げ込んだ巣穴で一安心している姿をタイムリーに撮影しているのです。どうやって逃げ込む先を見越してカメラをセットしたのでしょうね。
 さらに、しつこくキツネを追いかけるリラの執念が実って、何とキツネ一家とリラは、すっかりお友達になってしまうのです。
 リラが体を触れようとしてもキツネ一家の面々は逃げようとしないしないで、リラにじゃれつきます。それだけでなく、リラが道に迷って野宿してしまったときなど一晩ずっと寄り添っていたのです。まるでペットの犬みたいに。何とも信じがたい映像でした。
 でもそんな関係になるまでには、リラも相当待ちぼうけを喰わされました。何しろキツネという生き物は、気まぐれなんです。リラのそばにプイと現れて、しばらく彼女のご主人様気取りであちこち「先導」したあげく、突如消えてしまうのです。この繰り返し。
 対するリラも結構強引なところもありました。
 餌でキツネをおびき寄せるられることを覚えたリラは、何とたこ糸の先に餌をくくりつけ、文字通り『キツネ釣り』を試すのでした。
 見事にキツネは釣られてしまうのですが、そこは運動能力の高いキツネの身上。あっという間に糸を引きちぎってトンヅラします。
 一生懸命キツネを釣ろうとするリラの奮闘ぶりが可笑しかったです。

 あと熊と遭遇するシーンやオオカミの群れに囲まれたキツネを助けるために、リラがオオカミと対峙するシーンでは、どうやって安全に撮影したのか驚きました。

 『アース』と比べてもドラマ性がいまいち弱く単調気味と感じました。ただキツネはとても可愛く、感情移入してしまいます。またジャケ監督ならではの映像美は随所に散りばめられていました。
 特に冒頭の秋のシーンでは、山一面が紅葉でキツネ色に染まります。空もまた夕日でキツネ色に。そして、キツネの毛も夕日の逆行を受けてキツネ色に輝いていました。
 キツネ色づくしのオープニングでしたね。

 淡々としたドラマながら、ラストに母親になったリラが息子に語る「好きになると所有しようとしてしまう」というメッセージにはジンときましたね。
 彼女自身が、キツネを身近に置こうと拘束したため、辛い別れを招いてしまいました。これって人間界でもよくあることですね。トリモチのような愛情なんて、苦しみにしか過ぎないでしょう。
 ジャケ監督は、人間の愚かさをさりげなく観客に痛みを感じさせることで、いつまでも記憶に残る作品に仕立て上げました。映画のように是非親子で見て語り合ってほしい作品です。

 さて、本編の映像で、キツネが丸くなるというのは、FIREFOXのロゴ上の表現だけと思い込んでいました。しかし、餌をとるときキツネは小躍りして、体を丸くしジャンプするようです。あなたもブラウザーが「キツネ党」なら、ぜひ生身のキツネの生態をこの作品で触れてほしいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
流山の小地蔵
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る