クライマーズ・ハイ

劇場公開日:

クライマーズ・ハイ

解説

1985年8月12日、乗客乗員524名を乗せた日本航空123便が、群馬県多野郡上野村の御巣鷹山に墜落。群馬の有力地方新聞・北関東新聞社の記者・悠木は、事件の担当デスクに任命され、混乱する状況や次第に露わになっていく社内の人間関係の軋轢に押しつぶされそうになりながらも、未曾有の大惨事の真実を伝えるために奔走するが……。ベストセラー作家・横山秀夫の原作小説を、「突入せよ!『あさま山荘』事件」の原田眞人監督が映画化。主演は堤真一、堺雅人ら。

2008年製作/145分/日本
配給:東映、ギャガ・コミュニケーションズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 原田眞人
脚本賞 加藤正人 成島出 原田眞人
主演男優賞 堤真一
助演男優賞 堺雅人
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ

映画レビュー

4.5誰よりも記者の顔になっていた堺雅人

2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

2008年、丸の内TOEIで行われたマスコミ完成披露試写会で鑑賞。
観た直後は、細かい描写について色々思うところがあったのが、その後、何度となく観直していくうちに、個人的に原田眞人監督作のなかでは突出した出来栄えの作品と感じるようになった。
横山秀夫の素晴らしい原作ありきなのはもちろんだが、堤真一とともに作品をグイグイ牽引していったのが堺雅人だった。この作品の堺は、完全にロックオンされた状態で、日航機墜落の現場を取材して眼光が別人になってしまった姿は、今でも目を閉じればすぐに浮かんでくる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

5.0人生五本の指に入る作品。

2022年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

J:COMでやっていて、かなり久しぶりに見返した。3回目くらいだろうか。何度見ても涙が出るし、入り込むし、夢中になる。歴史に残る大事件の、記者からの視点。そこにはこちらは想像もできない攻防があり、葛藤があり、戦いがあった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いつこ

3.0日航機墜落を題材としたフィクション。新聞記者の熱い想いが描かれてい...

2022年8月10日
iPhoneアプリから投稿

日航機墜落を題材としたフィクション。新聞記者の熱い想いが描かれている。他社よりも先に、他社にないものを。社内の中での権力闘争はもはやヤクザ。
しかしなあ、いつも思うのだが、新聞のその姿勢って、なんか違っちゃいないか。事故そのもの、被害者が置いてきぼりにされてるような。右や左に傾いた報道も多いですよね。偏向よりも客観的事実を願う。庶民は誘導されてしまうのです。
概ね事実の部分も嫌だが、加えられたフィクション部分も悲惨なことばかり。そもそも新聞記者の狂気をクライマーズ・ハイに例える必要性も感じられない。小説は面白いのかな。
上映時間が長いのもしんどかった。それなりに評価は高いようだが、個人的には合わなかった。
J:COM

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はむひろみ

3.0あの夏に起こった事故を新聞記者の視点に立って描かれている。 立場が...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

あの夏に起こった事故を新聞記者の視点に立って描かれている。
立場が違うそれぞれの葛藤。
キャストそれぞれの真剣な演技に、社内シーンにおいては本物のように感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー
すべての映画レビューを見る(全72件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る