レッドクリフ Part I 特集: 今年の外国映画の覇権を懸け「レッドクリフ」が「インディ・ジョーンズ」に挑む!

ホーム > 作品情報 > 映画「レッドクリフ Part I」 > 特集 > 今年の外国映画の覇権を懸け「レッドクリフ」が「インディ・ジョーンズ」に挑む!
メニュー

レッドクリフ Part I

劇場公開日 2008年11月1日
2008年11月17日更新

11月1日に封切られて以降、好調な興行成績を記録し、大ヒットしている「レッドクリフ Part I」。果たして、このヒットは洋画大作としてどのくらいの規模のものなのか? さっそく検証してみよう。(文・構成:村上健一

今年の外国映画の覇権を懸け「レッドクリフ」が「インディ・ジョーンズ」に挑む!

映画界では「レッドクリフ」の奮闘が注目を集めている 映画界では「レッドクリフ」の奮闘が注目を集めている

レッドクリフ」がヒットしている。我々の予想を遙かに上回る成績で、秋の映画興行を力強く牽引している。

公開5日目にしてすでに動員100万人を突破、10日目には150万人を達成した同作の勢いは、この夏の超大作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(以下「インディ4」)とほぼ同等なのである。「インディ4」の100万人突破は6日間、150万人突破は9日間だ。

当初は苦戦すら予想されたが… 当初は苦戦すら予想されたが… [拡大画像]

ちなみに、「インディ4」の最終的な興行収入は57億円で、この夏の洋画ナンバーワン作品であることはもちろん、現時点で08年の洋画ナンバーワンでもある。「インディ4」以外の夏の洋画大作が振るわなかった状況や、年末までのラインナップを見ると「今年はこのまま終わってしまいそうだな」というのが、大方の予想だった。

そこに「レッドクリフ」(11月1日公開)である。「レッドクリフ」は、そこそこのヒットは見込まれていたものの、関係者の間では「興収30億円行くか?」というのが予測のポイントであった。ところが、いざふたを開けてみるとオープニング3日間の興行収入は「インディ4」の103%という予想以上のスタート。興収40億円以上はほぼ確実という出足で、ひょっとすると、最終的に「インディ4」を上回る可能性もなくはない。

アジア映画が、ハリウッド映画(洋画)を打ち負かして外国映画のナンバーワンになるとしたら、こんな痛快なことはない。ということで、「レッドクリフ」と「インディ4」を比較するための表を作ってみた。

今後の戦いからも目が離せない 今後の戦いからも目が離せない [拡大画像]

レッドクリフ」は、ハリウッドで成功を収めたジョン・ウーが監督を務めるとはいえ、敵はハリウッドの帝王スピルバーグだ。しかも、盟友ジョージ・ルーカスとのコンビは帝国軍より強大。また、「レッドクリフ」は製作費に100億円を投入したと喧伝されているが、実はこれとて「インディ4」の半分にすぎない。トニー・レオンとハリソン・フォード、主演俳優のスターパワー(動員力)の差も明らかだし、公開劇場数も200以上の開きがある。

「強大なハリウッド映画にアジアのダークホースが挑む」という構図は、さながら「80万の兵を率いる曹操軍 vs たった5万の劉備・孫権連合軍」という「レッドクリフ」で描かれる対決のようにも見える。

果たして「レッドクリフ」は、「インディ4」の成績にどこまで迫れるのか? この秋の大きな楽しみである。もちろん、勝った方が、今年の外国映画ナンバーワン作品ということである。

ジョン・ウー
「M:I-2」 興収 97億円
監督
スティーブン・スピルバーグ
「E.T.」 推定興収135億円
アジア映画
ジャンル
ハリウッド映画
トニー・レオン
「HERO」 興収 40.5億円
主演俳優
ハリソン・フォード 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」 推定興収 75億円
テレンス・チャン 「M:I-2」
プロデューサー
ジョージ・ルーカス 「スター・ウォーズ」
18年
構想
12年
100億円
製作費
196億1000万円
549館
劇場数
789館
103%
オープニング3日間
興行収入対比
100%
5日
100万人突破日数
6日
10日
150万人突破日数
9日
???
最終興行収入
57億円

関連コンテンツ

インタビュー

ジョン・ウー監督&トニー・レオンが語る史上最大の「三国志」
インタビュー

「男たちの挽歌」「フェイス/オフ」「M:I-2」など多くの傑作アクションを世に送り出してきた巨匠ジョン・ウー監督が、念願の企画だった「三国志」を100億円超の製作費をつぎ込んで映画化した超大作「レッドクリフ」。魏・呉・蜀の3国が鼎立し...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

第2部への大いなる期待を高める“顔見せ”活劇
映画評論

「三国志」のクライマックス、「赤壁の戦い」を総計5時間で描く超大作の第1部だ。ジョン・ウー監督は物語の構成上、臆面もなく黒澤明監督の最高傑作「七人の侍」を踏襲している。関羽・張飛・趙雲といった豪傑らを、歌舞伎の大見得よろしく、見せ場た...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す