レッドクリフ Part I インタビュー: ジョン・ウー監督&トニー・レオンが語る史上最大の「三国志」(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「レッドクリフ Part I」 > インタビュー > ジョン・ウー監督&トニー・レオンが語る史上最大の「三国志」(2)
メニュー

レッドクリフ Part I

劇場公開日 2008年11月1日
2008年11月17日更新

ジョン・ウー監督インタビュー

「文字で読んだことはあっても、ビジュアルで見たことはないはず」と監督が胸を張る“陣形”と合戦シーン 「文字で読んだことはあっても、ビジュアルで見たことはないはず」と監督が胸を張る“陣形”と合戦シーン

──黒澤明監督の「七人の侍」と構造上似ていましたが、やはり意識されてましたか?

「『七人の侍』のクライマックスである雨中の決戦は、アクションにしても、リズムにしても、編集にしても非常に参考にしています。また、人間ドラマにもなっていますが、私がガンアクションを作ろうが、『レッドクリフ』みたいな歴史劇を作ろうが、どんな作品でもキャラクター設定のヒントになっています。また、趙雲が阿斗を救出する場面のカメラワークは『七人の侍』とまったく同じであることに気づくはずです(笑)」

──アクションを見ているととてもスタイリッシュで、ハイスピードカメラ(スローモーション)を多用されていますね。その比率はどのぐらいですか?

「ガンアクションをテーマにした映画よりは多くないと思う。2部作全体で、約200万フィートぐらい。アクションシーンに関しては、すべてハイスピードカメラで撮っています(笑)。スローモーションになっていないアクションは、編集の時に普通のスピードに戻しているんですね」

「七人の侍」をはじめ、黒澤明へのオマージュが多く見受けられる 「七人の侍」をはじめ、
黒澤明へのオマージュが多く見受けられる
[拡大画像]

──第1部「Part I」では、亀甲の陣(九官八掛の陣)、鶴翼の陣など軍勢の陣形が目をみはります。

「陣形については、みなさんはたぶん本の中で読んだことはあるかもしれませんが、視覚的に見たことはないと思うんですね。ですから、この映画のハイライトでもありました。諸葛亮が亀の甲羅を見て、亀甲の陣を思いつくシーンがあります。大きな亀甲の陣形は空撮やCGなどを駆使しましたが、その大きな陣形の中に小さな亀甲の陣形が集合体になっていて、それぞれに武器を持った兵士たちが並んでいるというものです。そうした陣形は東洋の観客も西洋の観客も興味深く感じられるのではないかと考えました。

一方で第2部の『Part II』では、船上の戦いがメインになります。諸葛亮が経略し、敵軍の矢を船に射させて集めるシーンと、曹操軍の大船団が燃えるシーンがハイライトになります」

──第1部の最後に、ウー監督のトレードマークでもある白い鳩が飛び立ちますね。実際に諸葛亮は鳩を飛ばしたりしたんですか?

「ウフフ……違います(笑)。ですが、諸葛亮は情報伝達の手段として鳩を使っていたかもしれませんよ。また、鳩は平和へのメッセージでもありますしね(笑)」

メルビルの大ファンとして知られる監督だが、長年の夢だった「三国志」の映画化を選んだ メルビルの大ファンとして知られる監督だが、
長年の夢だった「三国志」の映画化を選んだ
[拡大画像]

──最後に、日本の映画ファンへのメッセージを。

「第1部は群雄たちが集結するという点に光を当てていますから、彼らの関係性を会話などからしっかりとくみ取っていただきたいと思います。第2部では、さらに彼らの関係性が強まって、アクションとして展開していきますからね。第1部の大きな戦闘シーンは2回ありますが、第2部も大きな戦闘は2回あります。SFXもふんだんに使っているので、大いに驚嘆すると思いますよ」

──ジャン=ピエール・メルビル監督の「仁義」や、黒澤明監督の「天国と地獄」のリメイク話が一時噂になっていましたが、今後の予定は?

「『仁義』については、『レッドクリフ』の代わりに映画化するという条件だったので断りました。『天国と地獄』のリメイク権はアメリカに渡っていて、マーティン・スコセッシ監督あたりが持っていると思います。今後の私の予定としては、黒澤明監督やキン・フー監督にオマージュを捧げた武侠映画を撮りたいと思っています。その前に、ジョニー・デップ(の製作プロダクション“インフィニタム・ニヒル”)と、アメリカを舞台にした西部劇を撮る予定です」

>>トニー・レオン インタビュー

インタビュー

関連コンテンツ

特集

今年の外国映画の覇権を懸け「レッドクリフ」が「インディ・ジョーンズ」に挑む!
特集

11月1日に封切られて以降、好調な興行成績を記録し、大ヒットしている「レッドクリフ Part I」。果たして、このヒットは洋画大作としてどのくらいの規模のものなのか? さっそく検証してみよう。(文・構成:村上健一)「レッドクリフ」がヒ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

第2部への大いなる期待を高める“顔見せ”活劇
映画評論

「三国志」のクライマックス、「赤壁の戦い」を総計5時間で描く超大作の第1部だ。ジョン・ウー監督は物語の構成上、臆面もなく黒澤明監督の最高傑作「七人の侍」を踏襲している。関羽・張飛・趙雲といった豪傑らを、歌舞伎の大見得よろしく、見せ場た...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全66件)
  • 赤壁の戦いへの序章 白眉の赤壁の戦いに至るまでの部分。新鮮なぶん、2よりいいかな。アクションは浮世離れしてるところもあるが、小説からしてそうなんで。周瑜の奥さんも浮世離れした美人でした。 ...続きを読む

    肉ネ~ム 肉ネ~ムさん  2018年4月13日 22:17  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • アクションシーンをはじめジョンウー監督ぽさが出てるのが非常に良い。... アクションシーンをはじめジョンウー監督ぽさが出てるのが非常に良い。 映画やドラマ化はいろいろなところでされているだろうから、こういうわかりやすい作品が三国志ファンを増やしてくれそう。 ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2018年2月7日 10:20  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • わかりやすくカッコ良い んなアホなwwwとツッコミつつも楽しめたアクションの爽快さと、絵面のカッコよさが素晴らしい(OvO)b 三国志ビギナーだが、主要人物たちの魅力を存分に感じることができた。見た目だけでなく行動で... ...続きを読む

    根岸さざえ 根岸さざえさん  2016年3月23日 00:50  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 天気の子 「天気の子」醍醐虎汰朗&森七菜、立ちはだかったライバルは新海誠監督の“声”
  • インタビュー Diner ダイナー 蜷川実花、藤原竜也&玉城ティナと挑んだのは初の男性主演作「挑戦する面白さ」
  • インタビュー いちごの唄 峯田和伸×古舘佑太郎×石橋静河が爆笑トークで解き明かす「いちごの唄」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報