ATOM

劇場公開日

ATOM
8%
25%
39%
20%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

手塚治虫の「鉄腕アトム」を、香港やロサンゼルスを拠点とするイマジ・スタジオがフルCGアニメーション化。事故死した息子に似せて、科学者テンマ博士により生み出されたロボットのアトムは、本物の息子との違いに戸惑ったテンマ博士に拒絶されるが、アトムの動力源ブルー・コアを狙う悪の大統領と戦うため、再び父のもとに舞い戻る。フレディ・ハイモア、ニコラス・ケイジらが声優を務める。日本語吹替え版は上戸彩、役所広司ら。

2009年製作/95分/G/アメリカ・香港合作
原題:Astro Boy
配給:角川映画、角川エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2009 Imagi Crystal Limited. Original Manga (C)Tezuka Productions Co., Ltd.

映画レビュー

3.0キャラの造形や性格を原作と同じにしてほしかった

2021年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

とてもCGのレベルが高く、ストーリーもかなり原作を意識したもので悪くない。

しかし、原作のキャラへの愛着が強すぎるのか、やはりおなじみのキャラ達(アトム、天馬博士、お茶の水博士、ハムエッグ)に対しての違和感、コレジャナイ感を感じずにはいられなかった。いったいなぜ、何のためにアレンジしたのか…。原作の造形は3Dとしても十分魅力的な造形だと思うが。

「いい子として作られたロボット」というフレーズには琴線に触れるものがあった。邪心をもたないピュアなものとして作られた人工物としての悲しさ、人間の業を感じずにはいられない。

それだけに、アトムのはじめの方の性格や行動には違和感があった。

また、脚本の練りこみの浅さも感じた。たびたびストーリーやキャラの言動に「?」と感じさせるものがある。トビーの髪の毛のDNA情報でトビーの記憶を移植するみたいな描写があったり、ロボットをモノ扱いして破壊することの是非を語っておきながらアトムが平気でロボットを破壊する描写があったり…。

原作のアトムは多様なテーマがあり、それぞれ深いので、実は長編映画向きだと思うのだが、その良さが活かしきれてないように思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SP_Hitoshi

3.0ええ話や

REpowerさん
2019年12月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

確かに昭和の時代の子供達には熱狂的に受けただろう。

しかし、平成・令和のこのご時世には、何か刺激が足らなく感じる。

もう、アトムでは満足出来ない体になってしまった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower

3.0手塚治虫キャラも登場

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

手塚治虫キャラも登場

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5面白かった!

2017年7月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

鉄腕アトムは名前くらいしか知らないけど、
これは面白かった!
機会があれば原作も読んでみようかな…!

切ないけど、良い話だった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスノン
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る