シャッター アイランド インタビュー: レオが語る、過去最大の難役テディ・ダニエルズ

ホーム > 作品情報 > 映画「シャッター アイランド」 > インタビュー > レオが語る、過去最大の難役テディ・ダニエルズ
メニュー

シャッター アイランド

劇場公開日 2010年4月9日
2010年4月7日更新

ミスティック・リバー」で知られるデニス・ルへインの同名小説を「ディパーテッド」のレオナルド・ディカプリオマーティン・スコセッシ監督のコンビで映画化したミステリー超大作「シャッターアイランド」が今週末より公開される。1954年、米ボストン沖の孤島に建つ精神病院で起こった女性失踪事件を調べる連邦捜査官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)は、自らの身に起こる不可解な出来事に翻弄されながらも真相に迫るが、やがて驚愕の事実に突き当たる……。巨匠スコセッシがありとあらゆる映画技法を駆使して本格的ミステリーに挑み、全米で大ヒットを記録した本作について、ディカプリオスコセッシ監督に話を聞いた。(取材・文:森山京子

レオナルド・ディカプリオ インタビュー
「僕はキャラクターの複雑な心理を描く映画に魅力を感じるんだ」

今年は、夏にクリストファー・ノーラン監督の「インセプション」も控えているレオナルド・ディカプリオ 今年は、夏にクリストファー・ノーラン監督の「インセプション」も控えているレオナルド・ディカプリオ 撮影/坂本利幸 

――スコセッシ監督とはこれで4作目ですが、2人で一緒に企画したのですか。

「実は2人で検討していた別の作品が流れたところに、この映画の脚本が送られてきたんだ。マーティはもう読んでいて、サイコロジカルなフィルム・ノワールにしたいと言う。そして一緒にやらないかと誘ってくれたんだ。僕は彼と仕事するチャンスは絶対逃したくないと思っているからね、勇んで引き受けたというわけさ」

テディの感情にはいくつもの層があるためシーンによって異なる演技をしたという テディの感情にはいくつもの層があるため
シーンによって異なる演技をしたという
[拡大画像]

――テディは今までになく複雑なキャラクターですね。

「彼は、自分の過去の真実から逃げまくっている。真実に直面できないから他人の過去を探ろうとする。だから現実から離反していくんだと思う。それにこの映画は、現実と幻想の境界を曖昧にして、意識的に観客を惑わすように作ってあるから、一層複雑に見えるんだ。でも演じる方としては、テディが抱えているトラウマやエモーションは全て真実に見えるように演じたよ。観客が信じるかどうかは別として、スクリーンに現れるものは全てリアルに見えるように描いた」

――演じる上でチャレンジだと思ったのはどんなところですか。

「テディのキャラクターそのものがチャレンジングだった。彼の心理、感情にはいくつもの層があるから、シーンによって異なる演技をしたんだ。ひとつのシーンを3通りに演じて、編集の時に選んでもらったこともある。そうやって、観客に物語の秘密を気づかれないように工夫を凝らしたんだ」

――この映画はラストが衝撃的で、それを知って見ると全然違った受け止め方になってしまいます。それを心配しませんでしたか。

「心配しても始まらないことだと思う。先に見た人がラストをふれ回ったとしても、僕たちには防ぎようがないもの。マーティと話しあったことは、結果を見せる映画じゃなくて、テディのエモーショナル・ジャーニーを見せる映画にするということ。強いパワーで彼の心の旅路に観客を引きずり込んでしまう。そうすれば、エンディングや途中のトリックを超えたものになる。それを目指した」

4度目のタッグとなった2人 4度目のタッグとなった2人 [拡大画像]

――最近のあなたはシリアスで重い役が多いけれど、意識して選んでいるのですか。意図しているんですか。

「やりたいと思った役を選んでいるだけで、どんなジャンルにも、どんなタイプのキャラクターにもオープンでいるつもりだよ」

――スコセッシ監督と続けて仕事していることが、作品選びに影響していますか。

「それはないと思う。もしマーティと出会っていなくても、同じ状況になっていたと思う。15、6歳の頃からずっと、僕が心を動かされ、やってみたいと思っていたキャラクターを今演じているからだよ。あの時はもちろん興味を惹かれて出たんだけど、僕のキャリアを見れば『タイタニック』のような作品の方が例外なんだと分かる筈だ。僕は、人間とはいったいどういうものなのかを探求し、キャラクターの複雑な心理を描く映画に魅力を感じる。人間のダークサイドを追求した映画を見たいと思う。『レイジング・ブル』や『市民ケーン』を見て、いつか自分もこんなレベルに到達したいと思った。その気持ちを今も大切にしているんだ」

>>マーティン・スコセッシ監督インタビュー

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スリラー映画の巨匠たちへのスコセッシ流ラブレター
映画評論

マーティン・スコセッシ監督作品としては映画史的にさして重要な作品ではないが、何度でも見たくなる「媚薬のような映画」だ。ヒッチコックやキューブリックといったこの手のジャンル映画を手がけた偉大な映画作家たちへのラブレターともいえようか。ス...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全149件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
  • インタビュー 翔んで埼玉 ディスり上等! 二階堂ふみ&GACKT「翔んで埼玉」に刻んだ耽美な“愛”
  • インタビュー サムライマラソン 佐藤健&森山未來が驚き、戸惑い、試行錯誤を繰り返した時代劇の現場とは?
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報