劇場公開日 2009年2月20日

  • 予告編を見る

チェンジリングのレビュー・感想・評価

3.8106
29%
55%
13%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全106件中、1~20件目を表示

5.0イーストウッド見直したぞ!

2020年7月30日
PCから投稿

昔、アメリカの警察は、行方不明の息子が帰ってきたと、違う子供を引き合わせ、違うと言ったら精神病院送り、犯人は探さず犯行を何十人も繰り返す。
ああ、おそろしい、これが現実とは。
それと、クリントイーストウッドしか関心を持たず、彼が映画化しないと誰も知らない、そんな、アメリカの現実がもっと怖い。
でも、警察の闇は暴かれ、この映画も日の目を見た。
しかし、現在のアメリカは、昔と全然変わっていない、それが、一番恐ろしい。
イーストウッドにしか頼れない。
頑張れ、イーストウッド、頼んだぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アサシンⅡ

4.0権力の暴走の恐ろしさ

おくれさん
2020年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おくれ

4.0ちょうど今

2020年6月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジャーニー

3.5「イーストウッドらしい映画」賞賛しつつディスってます

2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ロス市警の腐敗ぶりが、1928年の子どもの誘拐事件を通してあばき出される。禁酒法時代の真っ最中、シカゴではアルカポネが暗躍した頃の話、と聞けば納得できるストーリー。
クリント・イーストウッドらしく手堅いつくりの映画でした。

印象に残ったのは、いくつかの些末です。
絞首刑の一部始終を詳細に描いてあった事。首にかけられたロープの結び目が真後ろではなく、やや斜め後ろにあり、そのままつるされる場面を見ると、首の両方の頸動脈がしっかり締められ意識を失って死ぬのではなく、窒息で苦しみながら死ぬのか?などと、妙な心配をしてしまいました。衆人環視の中、つるされて足をばたつかせる死刑囚。「そのディテール、見せないかんのかな」そんな気持ちになりました。監督の意図はどこにあるのだろう?
警察署内を映すカメラワークも印象的でした。一人の人物が歩き去る姿を追いながら、別の人物がすれ違いざまにフレームインしてきた瞬間、そのままそちらの人物をカメラが追いかける。警察署管内に自分がいて、自分の目で追いかけているような感覚が面白く感じられました。2人の人物がすれちがうタイミングとカメラの動きを調整しながらの撮影が必要でしょう。いろんな場面で、撮影のテクニックが使われているのに、観客としては見逃してきただけなのでしょうか。

クリント・イーストウッドの映画は、安心して見られるのですが、本当に面白いとは感じられません。なぜでしょうか。社会的な問題も描きつつ、エンターテイメントとして巧妙に仕上げる力量には感服です。でも、わたしには何かがたりない気がする。例えば、弱者に対する理不尽をあつかったとして、でも、本当に弱者の側に立っていないような気がしてしまうのです。わたしがクリント・イーストウッドのことをよく理解していないだけでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マツドン

5.0心が洗われる

2020年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アンジーは彫りが深いから、こういう強くて戦う役はハマる。彼女ならでは出来栄えだと思う。辛くても涙をためて戦い、ラストでついにこぼれる涙が清らかな気持ちになる。
バーン・ノーティスのジェフリー・ドノバンが悪質な警部役だった。これも良い味。
イーストウッド監督がまたしっかりと名作を残した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

4.5おうち-221

かいりさん
2020年4月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

真実でなければよかった。

「実話に基づく物語」ではなく、「真実の物語」として始まる映画。
仕事怠慢だけでなく、嘘をついている少年をこれ幸いと誘拐された子供として母親に差し出し、
「息子じゃない」と母親が申し立てても、医者や教師の証言をもってしても聞く耳持たず、挙げ句、精神異常者として精神病院にぶち込む警察。
警察とグルで動く専門家や病院関係者や市長。見てて胸糞悪いです。
子供を誘拐し、殺し続けた殺人鬼の気持ち悪さも。本当に真実でなければよかった。
警察に異常者として精神病院にぶちこまれ、抜け出せずにいる他の女性たちもおり、汚職の被害者はコリンズ夫人だけではないことがわかります。

それでも、正しい者の味方になってくれる牧師や弁護士、ちゃんと捜査をする刑事がおり、殺人鬼は逮捕され死刑は執行、精神病院の女性たちの開放、行方不明になっていた男の子の発見に繋がっていく。やはり正しいことをして、声を上げることは大切なのだ。

アンジーの、静かな中にも決して消えることのない炎が灯っているかのような、強い眼差しの演技に魅力されました。
殺人鬼を演じたジェイソン・バトラー・ハーナーさん、本当に憎たらしく気持ち悪かった。
奇才と思っている(褒め言葉)ジョン・マルコヴィッチさんが、常に正しくその信念を曲げない力強さを、冷静に見守る牧師役。こういう役もはまりますね。若いときなら、殺人鬼役で見てみたかったです。

こうやって戦ってきてくれた数々の女性たち、それを支えてくれた方々のおかげで、現代の私たちは生かされているんだと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
かいり

4.5最初から最後まで息がつけなかった

2020年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
たんぽぽ

5.0素晴らしい作品

2020年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

観ごたえ十分です。観て損はなし。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
うぴまる

5.0アンジーの名演×イーストウッド節をたっぷりと味わえる作品

2020年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

とにかくイーストウッド節が効いている感じがすごく強かった。それに加えて、アンジーの名演があるんだから、もう素晴らしい作品としか言えない。

前半の警察の胸糞さはとんでもないが、それに負けじとアンジー演じる母親の強さが見る側に迫ってくる。
ラストはやっぱりイーストウッド監督作品だなぁとしみじみと感じる。ハッピーエンドでもなくバットエンドでもない、けれども何か希望なのか、うまく言葉に表すことのできない、心に明るさと暗さを持たせる終わり方。感嘆の声を漏らしてしまう。

このうまく言い表せない感動を、作品を見た人同士で意見を交わして味わいたい1作品だった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
あんみつ

4.0凄まじい映画

odeonzaさん
2020年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
odeonza

4.51928年のロサンゼルスを舞台に、誘拐された息子の生還を祈る母親(...

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

1928年のロサンゼルスを舞台に、誘拐された息子の生還を祈る母親(アンジェリーナ・ジョリー)の闘いを描くクリント・イーストウッド監督によるサスペンスドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yasuharu tezuka

3.0怖かった

見聞さん
2019年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
見聞

5.0衝撃の実話。事実は小説よりも奇なり、イーストウッド監督、この路線が...

2019年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

衝撃の実話。事実は小説よりも奇なり、イーストウッド監督、この路線が多いですね。ノンフィクション好きなので大歓迎です。

A・ジョリーを主演に据えたのも素晴らしい。イーストウッド作品と彼女がどうにも繋がらず、最初は似た人かと思ってました。こんな似た人いないよな(笑)
それぐらい前情報なしでスタート。息子の不気味な失踪。見つかるのか?事件なのか?ドキドキしてたら…なーんや、もう?
ところがところが、そこから、えっ!えつ!と衝撃の連続。
それにしても当時の腐りきった警察、権力の恐ろしいこと。今もそうですが一般庶民にいったい何ができる?そんな問いかけでもある気がします。

母の愛に敬意を表します。そういや今日は母の日ですね。ちゃんと会いに行っておこう、「どちら様?」とか言われるかもしれないが(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はむひろみ

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2019年4月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

A TULE STORY
.
子供が突然居なくなり
見つかったと思ったら別人だった
ミステリーなのかなと思いながら
観ていたら
怖いわぁ
誘拐…犯罪も怖いけど
警察の横暴怠慢保身
恐ろしい
.
良い話ではないけど
クリント・イーストウッドの監督作は
やっぱりいい😌
飄々としているジョン・マルコヴィッチ
もやっぱりいい😊

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
lilyrose

1.0難しい。

oracionさん
2018年12月8日
Androidアプリから投稿

難しい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oracion

5.0母の愛、悲しみと強さ。涙なくして観られない。でも、一筋の光が。

Marikoさん
2018年9月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Mariko

3.5良作です

2018年9月16日
iPhoneアプリから投稿

が、違う子供が帰ってきたら流石に気づくでしょ。ニセ子供どういうメンタルしてんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
@Jankichi@

3.5怖かったです。

2018年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
メドローア

5.0アンジェリーナ・ジョリーが

2018年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

アンジェリーナ・ジョリーのメソッド演技がすごくて、素晴らしいのひとことでした。
こんなことされたらさすがに心がくじけて「私が間違っています」と屈しそうなものなのに、最後まで信念を貫いたお母さん(主演)あっぱれです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ひぃちゃん

5.0実話

2018年2月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
トッキー
「チェンジリング」の作品トップへ