チェンジリングのレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

チェンジリング

劇場公開日 2009年2月20日
94件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

名作。実話。

異常者に仕立て上げられても、真実は消えず、必ず明るみになる。

衝撃的なシーンも多々。

必見。

yureee
yureeeさん / 2015年9月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰も話が通じない!

一貫して、警察が何の捜査もしていない。全て、少年達の勇気ある発言のおかげ。息子がわからない母親などいないし、別人なのは周知の事実なのに、警察より上位の法の下に晒さなければ、揉み消されてしまう。話が通じる牧師さんと敏腕弁護士がいなければ、一生精神病院だったかと思うと恐ろしい。その2人もウォルター君生存説には否定的。
理不尽で一方的な事件や、保身的で暴力的な考え方、話が誰にも通じない環境下に置かれて、どれだけ歯痒く腹立たしい感情を抑えながら息子のために奔走しているかが、アンジェリーナジョリーだからこそ、よく伝わってきた。アンジェリーナジョリーは賢く品が良く意志の強い淑女の全要素を兼ね備えていて、ぴったりの役だと思った。
クリントイーストウッド監督の現実性は、重苦しさと紙一重だが、結末の明暗よりも、登場人物の心の揺れ動きをはっきり感じられるところがすごいなと思う。

Maple Mamma
Maple Mammaさん / 2015年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すばらしい

言うことなし。

すばらしい作品でした。
長めの作品ですが、それを感じさせない展開。

TPO
TPOさん / 2015年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良作

なかなか、寂しくなる作品。

良作。

ありあり
ありありさん / 2015年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

枯れるどころか作品に漂う艶っぽさは何だ!

昨今のイーストウッドブームには心のどこかで「何で今更…」感がどうしても付き纏ってしまう。

「昔からイーストウッドは面白い娯楽映画しか作って来なかったじゃないか…」って。

以前は全然、批評・興行面でいまいち“ぱっ”としなかったのに、ここ数年来は逆に「そこまで評価する程か?」等とついついやっかんでしまうのですが…。

素直に脱帽!これは良い。

単純に泣かせる感動作品になどしていない演出が実に小憎らしい。

この作品がアカデミー賞から弾き出されたのが信じられない。これは多分ですが作品を観ていたアカデミー会員全員が、終了後に…。

「あれ?ジョン・マルコビッチは真犯人じゃないの?」

「奴が出るなら犯人だろう?」

等と変に納得していないんじゃないか?…と。
何だかそれ以外に理由が思い浮かばない!

そしてほんの少しだけ再現させる、当時のロサンゼルス市街の風景を始めとする美術・衣装等と言った技術面も超一流の仕事振り。
これにイーストウッドの円熟に差し掛かった見事な演出力が加わるのですから。

イーストウッドって今何歳なんですかね?かなり高齢の部類ですよね。普通ならば枯れて来る頃なのに、まだまだ画面からは“艶”の様な匂いが漂って来るのだから…。

主役を演じていたのがアンジョリーナ・ジョリーだったのを差し引いてもちょっと異常ですね。
益々円熟度が上がっているって一体どうゆうこと?

この作品の内容等は、単純な話しではあっても決して2時間20分もの時間を、観客に退屈感を与えずに作品に没頭させるのは容易な事では無い筈ですよ。
でもイーストウッドってそれをいとも簡単にやってのけてしまうのですから…。本当に恐ろしいわ!

ところで、肝心の作品に於ける詳細に関する言及した感想を全然書き込んではいないのですが…もう必要無いっすわ。
とにもかくにもイーストウッドはん。あんた凄いわ!

(2009年2月26日 TOHOシネマズ日劇3)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

母親像

どの国もそうだが昔の権力は酷い。犯人よりむしろ警察に嫌悪感を抱いてしまう。
役者としてのC. イーストウッドも好きだが本作では似合う役がなかったので納得。

pazoo
pazooさん / 2015年4月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実と言い張るには脚色が多い

事実なんていわなきゃ良い映画です。ここまで脚色するなら事実なんて銘打つのは不誠実じゃないかな。事実そのままだと商業作品にならないから必要な脚色ってあるけど、観た人が「ここは事実だろ」と思うようなところまで脚色するのはどうかと思う。
もっと事実に則したプロットでも十分面白く出来たと思うのでそこが残念です。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年1月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想以上

凄くいい映画でした。 殺した子供を埋めた所をずっと堀続けていたところは、涙が出ました。 トップが頼りないとそのしたもダメになるのかなー

あやの
あやのさん / 2014年12月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

演技に圧倒

アンジェリーナ ジョリーの作品はロードショーでやるようなアクションものしか観たことがなかったので、こんな役もできるのかと驚きました。黒幕側の演技か脚本か、どちらがすごいのか分かりませんが、傍観者でありながら、腹立たしい気持ちも芽生えましたね。(どちらもすごいのかな?)

母の大きな愛と、女性の強さをものすごく感じる映画に出会いました。最後のアンジーは、頭に残るだろうな〜(._.)

実際にこのような事件があったとは思えないような、恐ろしい内容でした

Y
Yさん / 2014年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

恐ろしい現実

悔しくて悲しくてどうしようもなくやるせなくなる映画でした。

アンジー扮するクリスティンは、どんな相手にでも挑める強く行動力のある女性です。
息子を取り戻すという目的を決して揺るがせず、どんな対応をされ、どれだけ腑煮えくり返ろうとも、目的の為にとにかく冷静に話を進めようとするその姿勢、余りの理不尽さに時に乱れる感情、気がつけばクリスティンと自分の感情が一緒になっていて、その焦りや苛立ち、葛藤がダイレクトに伝わってきます。

クリスティンが送った生涯、ラストの一言を自分に置き換えて考えてみましたが、とても言葉になりません。

人命がかかっているにも関わらず、真実を隠蔽し、己の地位や世間体を優先させようとする警察達の姿、
1人1人の、ほんのちっぽけな保身の連鎖に、どれだけの人が傷付き、翻弄され、時に命をも落とし得るか、
時代や立場関係なく、心に刻んでおかなければいけないと深く感じさせられました。

K
Kさん / 2014年8月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

チェンジリング

すごーくダークな印象の映画
これが本当にあったことなんて
悲しみや不安の中で強く生きていくことは本当に難しいと思う
クリスティンは本当に強い女性
かけがえのない人のためならば ここまで強くなれるものか
重いけど 考えさせられる映画でした

ふるふる
ふるふるさん / 2014年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗くなってしまう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

胸糞悪い!って心底感じてしまうほどに、よく出来た映画だと思います。
そして本当にアンジーは綺麗。
最後まで息子の生死すらわからないままで、諦めない強い母親。今の時代ならDNA鑑定であの遺体の山から探しだせるだろうに、それすら出来なくて。

ベーグル
ベーグルさん / 2014年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いです

これかなり面白かったです

ただ主演がアンジョリーナじゃなければもっと良かったと思います
映画には適材適所がありアンジョリーナはこの映画では浮いていて、まったくあってないです

映画じたいは満点に近い面白さです

猫にゃんこ
猫にゃんこさん / 2013年6月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「事実は小説より奇なり」を地で行く話し。

1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。

20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗していたんですね。FBIもそのころは、BOIと呼ばれていたりしていましたが、腐敗しきっていて、ジョン・エドガー・フーヴァーが登場して、その腐敗を一掃したりするんですがね。(もっとも、ジョン・エドガー・フーヴァーの時代が長くなりすぎて、その後半には彼が居る事による腐敗があったりもするんですが。)

さて、映画の話。最初にこの話が来たとき、アンジェリーナ・ジョリーは、「自分の子供に同じことが起きたらどうだろうか?」と言うことを考え、クリスティンを演じる事を躊躇したらしいですが、最終的にはクリスティンの力強い生き方に共感して出演する事にしたらしいです。そして、その彼女の演技は非常にすばらしいですね。実際に子供が居る事が、自分の一人息子の無事を案じる母親の姿を演じるだけでなく、子供を失った母親の辛さをある意味“実体験”させ、この演技に通じたのだと思います。その他、グスタヴ・ブリーグレブ牧師を演じるジョン・マルコヴィッチや、クリスティンを苦しめるJ・J・ジョーンズ警部役のジェフリー・ドノヴァン、クリスティンが監禁された精神病院で彼女を励ますキャロル・デクスター役のエイミー・ライアンなど、いろんな俳優・女優がいますが、アンジーの演技に勝るものは無いですね。

映画で見るべきは、20世紀初頭のロスアンゼルスが見事に画面に再現されていた事。もちろん、いまのロスアンゼルスには市電は走っていませんし、ダウンタウンは高層ビルばっかり。ロスアンゼルス郊外などで、当時の雰囲気を持つ街を見つけ撮影したそうです。車のT型フォードなどが走っていたので、これも実走可能なT型フォードを見つけてきたんでしょうね。

それにしても、こんな出来事が20世紀のアメリカで実際に起きていたとは驚きです。実際の出来事なので、必ずしもエンディングがハッピーとは限りませんが、非常に印象に残る映画です。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2013年3月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

75点 じれったくて もどかしい イライラする!

(2012/5/20)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
その
ぜんはンのイライラは後半でジュワーーっと
              トロケます

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情移入をせずして見る事は不可能な作品。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2011/06/01 01:08

ジャンルも内容を全く知らずに見ていて、「ただの誘拐映画?」と思いきや・・
以前と全く違う息子・・。

結果全く別人だったわけだが。

「おやすみママ」と言った瞬間ゎ本当に背筋がゾッとした。

そこでホラーなのか?と思っていたけど・・

予想とは全く違った展開に。
人の心を失った警察・病院の対応に凄く苛立った。

そして自分の欲求の為に沢山の子供を殺害した犯人にも・・

死刑執行の時のシーンですが、こんなに罪のない子供逹の命を奪ってきたのに自分が死ぬ時は恐怖するんですね。勝手すぎる。

見ていて辛い映画だったけど、ラスト迄目をそらせない・・・・真実のストーリーに涙が溢れました。

愛する者の予期せぬ死など誰も受け入れられないし、少しの望みがあるならば・・・・・・・

その気持ちが個人的なことを含め・・・・凄くよくわかった。

近頃やたらある鑑賞者を泣かせてやろう…的な策略にのっかった涙などではなく純粋な涙を流せる作品でした。

ざっチャン・∀<))★
ざっチャン・∀<))★さん / 2012年10月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

息子を愛する母親の姿 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とにかく主演のアンジェリーナ・ジョリーに入り込んでしまう映画。理不尽な警察を相手に戦う母親を本当に巧く演じている。親子愛を描いた映画が好きな人は一見の価値あり。もどかしさと、やるせなさに苛立つかもしれないが。笑

ナオキ
ナオキさん / 2012年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しい実話

行方不明になった息子が数ヶ月後戻ってくるが、その子は見覚えのない子だった。
予備知識はこの程度でした。

心理戦のサスペンス映画かなと思っていましたが、本当にあった出来事を元に作られた悲しい実話でした。
最後まで諦めないアンジェリーナジョリーの姿が好印象です。

同時に借りたDVDのタイトルを簡単に忘れる私ですが、この作品は忘れられません。

りょーちん
りょーちんさん / 2012年3月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当に!? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これは本当にあったことなの!?
疑いたくなるようなストーリーです。
事実は小説より奇なりとはよく言ったもんですね。

母親は諦めずに頑張り続けて偉いと思う。
母が子を思う気持ちは強い!
警察は本当に酷いなーあんな腐ってるなんて(怒)

最後の1文は悲しかった。
母も子も幸せであってほしいと願わずにはいられなかった。

内容が内容だけに大人向けの映画です。

singjay
singjayさん / 2012年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

悲惨 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実際にあった話だけあって、夫人への感情移入が半端ないです。
こんな事実際にあっていいの?という程悲惨な話でした。

まず警察が権力行使で事実を捻じ曲げ、一般市民を自分の役職の為に犠牲にあるところ。
これは問答無用で許せません。
さらには精神病院へねじ込むなんて頭おかしい。

でも実際には今でもこんな事が起きてるんだろうなと思うと
役職にかまけてのうのうと生きてる権力者が許せません。

この映画の唯一救いは夫人の勇敢な態度により
真実を明るみに出せたことだと思う。

同じ同性ながら必死に子供を思う姿はさすが母親と痛感しました。

子供の死体が見つからなくても生涯探し続けたのが印象的でした。

reversshot38
reversshot38さん / 2011年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

94件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報