その名にちなんで

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
その名にちなんで
その名にちなんで
10%
60%
20%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1977年、アメリカの大学で工学を学ぶアショケは故郷インド・コルカタで美しいアシマと見合い結婚をし、夫婦2人でニューヨークに移住する。やがて誕生した長男に、“未来が良くなるように”と願いを込めて、ある名前を授けるが、成長した息子は名前のことで友人にからかわれ、その名をめぐって苦悩する……。「モンスーン・ウェディング」でベネチア映画祭金獅子賞を受賞したミーラー・ナーイル監督が、インドからアメリカに渡った家族の絆や親子の愛を描くヒューマンドラマ。

2006年製作/122分/アメリカ・インド合作
原題:The Namesake
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2006 Twentieth Century Fox

映画レビュー

4.0あまりに早すぎる名優の死を悼む

2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

私が初めてイルファン・カーンを意識したのがこの映画だった。本作でカーンは青年役から徐々に年を重ね、最後はそれなりの風格漂う一家の主人となっていく。いわばインドからアメリカ、ニューヨークへと移り住む彼とその家族のクロニクル。文化や言葉、家族、世代の間で巻き起こる衝突をちりばめつつも、そこには確かな眼差しと暖かさがあった。何が起ころうとも、この家族ならば乗り越えていけるのではないか。そんな確信めいた思いが私の胸には熱く込み上げていた。それはひとえに父親役イルファン・カーンの、熱心で、真面目で、かたくなで、時に人の良すぎるところもある人柄のなせる業。この主演俳優の存在感は、見る側にとっても「身近な誰か」を思い起こさせる。それこそ自分の父親や祖父や人生の恩人を、彼の姿に重ね合わせてしまう人も多いのではないか。そんなイルファン・カーンが2020年4月に逝った。享年53。あまりにも早い名優の死である。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0アメリカに移住したインド人のお話

Kumikoさん
2019年8月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kumiko

3.0家族の思い

nanana828さん
2014年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

「名前」を手段また契機として家族の絆を描く。 親の思いを理解するのって、なかなかできないことだし、その思いを越えるのは、さらに難しいことだろう

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
nanana828

4.0アメリカで移民として生きていくこと

dobubobaさん
2008年7月12日

悲しい

幸せ

「インドからの移民の息子が、自身の名前GoGolの由来に悩む。(ドストエフスキに並ぶ、ロシアの有名な文豪と同じ名前らしいです。しかも、かなりの変人。)紆余曲折の後、自己のアイデンテティを確立する・・・。」というお話です。Namesakeとは「その名にちなんで」という邦題そのもの。アメリカのボストンやNYCなど大学や研究施設のある町には、驚くほどインド人があふれています。ナイアガラの滝に行ったとき、たまたまなんでしょうけど、カフェがほとんどインド人に埋め尽くされていたとき、妻が「ここ、インド?」と言った位です。そんな彼らのバックグランドや苦しみがよくわかる映画でした。秀作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
dobuboba
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る