「アメリカで移民として生きていくこと」その名にちなんで dobubobaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

その名にちなんで

劇場公開日 2007年12月22日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アメリカで移民として生きていくこと

「インドからの移民の息子が、自身の名前GoGolの由来に悩む。(ドストエフスキに並ぶ、ロシアの有名な文豪と同じ名前らしいです。しかも、かなりの変人。)紆余曲折の後、自己のアイデンテティを確立する・・・。」というお話です。Namesakeとは「その名にちなんで」という邦題そのもの。アメリカのボストンやNYCなど大学や研究施設のある町には、驚くほどインド人があふれています。ナイアガラの滝に行ったとき、たまたまなんでしょうけど、カフェがほとんどインド人に埋め尽くされていたとき、妻が「ここ、インド?」と言った位です。そんな彼らのバックグランドや苦しみがよくわかる映画でした。秀作。

dobuboba
さん / 2008年7月12日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報