僕はラジオ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
32%
52%
16%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカで最大の発行部数を誇るスポーツ専門誌、スポーツ・イラストレイテッドに掲載された実話を映画化した感動ドラマ。サウスカロライナ州アンダーソンで今も名誉コーチとして活躍している高校アメフトチームの名誉コーチの物語。出演は、「ザ・エージェント」でアカデミー賞助演男優賞を受賞したキューバ・グッディングJrと「ビューティフル・マインド」のエド・ハリス。引退した名女優、デブラ・ウィンガーも出演している。

2003年製作/109分/アメリカ
原題:Radio
配給:ソニー・ピクチャーズ

ストーリー

1976年、アメリカ南部、サウスカロライナ州アンダーソン。その町のハナ高校で、アメフトチームのコーチを務めているハロルド・ジョーンズ(エド・ハリス)は、アメフトをこよなく愛し、曲がったことが大嫌いな熱い男。ユーモアと思いやりも忘れないが、シーズンが始まると頭の中はチームのことでいっぱいになってしまう。妻のリンダ(デブラ・ウィンガー)は、そんな彼を優しく見守っているが、高校2年生になる一人娘のメアリー(サラ・ドリュー)は、少し淋しく感じていた。ジョーンズは、練習場の周りをいつもうろつく青年のことが、心にひっかかっていた。彼は知的障害を持ち、何をするでもなくいつもひとりでショッピングカートを、毎日黙々と押している。ある日、チームの生徒たちが、転がったボールを持っていかれたことを理由に、彼を痛めつける。それを知ったジョーンズは生徒たちを叱り、お詫びの気持ちから彼にチームの練習を手伝ってくれと頼むのだった。青年の名前は、ジェームズ・ロバート・ケネディ(キューバ・グッディングJr.)。彼のことを「人より少し頭の回転が遅いだけ」と言う優しい母親マギー(S・エパサ・マーカーソン)と、ふたり暮らしだ。母親ゆずりの音楽好きのジェームズは、片時もラジオを離さない。ジョーンズは、さっそく彼に“ラジオ”というニックネームをつける。恥ずかしがりやのラジオは、最初はだれとも話さなかったが、じょじょにアメフトの楽しさを覚えていく。やがてジョーンズのはからいで試合にも参加するようになり、コーチの隣でチームを応援するラジオの姿は、たちまち人気者になる。ジョーンズは、学校でのラジオの居場所を少しずつ広げていくのだった。今やラジオは、昼食のメニューを告げる校内放送を担当し、廊下を走る生徒を注意し、授業にも参加していた。前向きで明るく、純粋な心を持つラジオに最初は偏見を抱いていた教師や生徒、町の人々もじょじょに心を開いてゆく。しかし、ラジオの存在を快く思わない人たちもいた。シーズンが例年よりも悪い勝率5割の成績で終わったとき、その不満は爆発した。チームの後援者のひとり、フランク(クリス・マルケイ)が、ラジオに気をとられているから負けるのだ、とジョーンズを責める。フランクは理事会にも連絡し、生徒でもないラジオが授業に出ていることに抗議し、ダニエルス校長(アルフレ・ウッダード)は、ジョーンズと理事会の板ばさみになって悩む。しかし、ジョーンズとラジオの友情が変わることはなかった。「どうしてここまでしてくれるの?」マギーの問いに、「正しいことだから」とシンプルに答えるジョーンズ。ところが、マギーが倒れてしまい、事態は思わぬ方向へと急展開する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.070年代のポップス・ロック

kossyさん
2018年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 線路の上でショッピングカートをひきずる青年。道路では車の代わりだ。誰にも迷惑をかけずに学校の周りをうろついている・・・がボールを返さなかったことで腹を立てた部員たちが部室に閉じ込めてしまったのだ・・・まぁ、それほどの事件ではなかったが・・・

 手伝いといってもチアリーダーに混じって応援とか、マスコット的存在のラジオ。試合の邪魔になるような行為もあって、最初のシーズンはイエロージャケッツもたいした成績を上げられなかった。その後ハロルド・ジョーンズは高校の授業をも受けさせる。

 クリスマス、町の人からプレゼントをいっぱいもらったラジオ。新入りの警官が逮捕してしまうという小さな事件も起きた。そそのかされて女子更衣室に入ってしまうという事件も・・・

 黒人で障害者。単なる慈善行為とは思えない。心から何かをしてあげなきゃという気持ち、何もやらないで後悔するよりはずっといいという小さな心から。そして、試合に勝つことだけを生きがいとしていたコーチも、「勝つこと以上に大切なことがある」という考えに変わる。町の人が皆いい人になる様子もよくわかる・・・まぁ、平和な町だから出来たことだと思うけど。

 ずっと高校で授業を受けさせるということが突飛ではあったけど、こんなことも許される心の広さに感動です。もちろんエド・ハリスの優しい目、デヴラ・ウィンガーの凛とした態度、他人のことでも涙する純粋な娘役サラ・ドリューに泣かされた。障害者役のキューバ・グッディングはもちろんアカデミー俳優の上手さが光ってます。

 「金色の髪の少女」や「アメリカンバンド」「チャイナグローブ」70年代のポップス・ロックが心地よい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0ラジオを通しての家族の物語

2018年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

リベンジポルノなどと覚えたての言葉を使って批判する人もいるが、これは家族の物語。

ラジオを通して一番大切なものに気付いた男の物語だ。

エドハリスとデヴォラウィンガーが夫婦役ってだけでも見る価値があるし、キューババッティングJr.の演技は映画史上に残る名演

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mottoローラ

3.0やらない善より、やる偽善。

marさん
2017年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

同じく実話ベースで、障がい者への差別問題を描いた作品なら
「最強のふたり」の方が良かったかな、という印象。
たぶん誰もが多かれ少なかれ持っている潜在的な差別意識に気付かされる、
という点では本作の方が分かりやすかったかもしれない。

スポーツが絡んで「仲間」とか「成長」ってキーワードが浮き彫りになる分、
浮世離れというか、一般社会から独立した世界観のように感じてしまった。
なんか否定的な言い方になってしまったけどそうじゃなく、学生時代ってこうだよな、と単純に。

作品のところどころで琴線に触れる部分はあったけれど、
感情を波立たせられるようなところはなかったのが残念。
ただ、演出が控えめなのは実話に忠実だからなんだろう、という点では好感が持てました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar

3.5偽善かと

coppe333さん
2016年11月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

偽善ぽくてどう?と思いつつ借りたけど
優しい気持ちになれたなー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
coppe333
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る