イザベル・アジャーニの惑い

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

文豪コンスタンの小説『アドルフ』の映画化で、青年と年上の伯爵夫人の運命の恋を描く文芸ロマン。監督・共同脚本は「トスカ」のブノワ・ジャコ。撮影は「アルテミシア」のブノワ・デローム。編集は「トスカ」のリュック・バルニエ。出演は「悪魔のような女」のイザベル・アジャーニ、「クレーヴの奥方」のスタニスラス・メラール、「ジェヴォーダンの獣」のジャン・ヤンヌ、「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリス、「ジャンヌ/薔薇の十字架」「ジャンヌ/愛と自由の十字架」のジャン=ルイ・リシャールほか。

2002年製作/102分/フランス
原題:Adolphe
配給:ザナドゥー=エレファント・ピクチャー

ストーリー

19世紀フランス。22歳で大学を卒業したアドルフ(スタニスラス・メラール)は、ある小さな町で、伯爵(ジャン・ヤンヌ)と知り合った。彼はポーランド生まれの美しい婦人エレノール(イザベル・アジャーニ)を家に囲っており、2人の子供もいる。エレノールに一目惚れしたアドルフは、彼女を誘惑しようと試みた。10歳年上のエレノールは彼の求愛に戸惑うばかり。しかし頻繁に会っているうちに、2人は激しい恋に落ちる。だがまもなく、伯爵が彼らの仲を疑い始める。そんな危険を顧みず感情を燃え上がらせるエレノールを、アドルフはだんだん疎ましく思い始めた。エレノールを侮辱したダルビニー氏(ジャン=ルイ・リシャール)との決闘に勝利したアドルフは、その3カ月後に実家へ戻ってしまう。伯爵と別れたエレノールはアドルフのあとを追った。到着した彼女を迎えたアドルフは喜んでいるふりをするが、エレノールはそれを見抜く。二人は気持ちのすれ違いを抱えたまま旅に出る。エレノールの父親が死んだという知らせを受けてポーランドへ行くが、まもなくエレノールは重い病の床に伏した。そしてアドルフの腕の中で静かに息を引き取るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0上流社会の現実

kossyさん
2019年2月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 2人の子持ち妾。真剣に恋をしたことがなかっただけに、燃えすぎたアドルフ。それでも最初は手紙にて熱き想いを綴っていた。

 延々と続く上流階級の恋物語。途中、侮辱した貴族と決闘するシーンがあったけど、面白かったのはココだけだったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る