ほえる犬は噛まない

劇場公開日

11%
55%
30%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「殺人の追憶」が大ヒットを記録し、一躍注目を集めたポン・ジュノの劇場長編初監督作。とあるマンションを舞台に、連続小犬失踪事件をめぐる騒動を描いた異色コメディ。中流家庭の住むマンションに暮らすユンジュは、うだつの上がらない大学の非常勤講師で、出産間近の妻ウンシルに養われながら教授を目指している。近頃マンションでは飼うことが禁止されているはずの犬の鳴き声が頻繁に響き、イラついていたユンジュは、たまたま見かけた犬を地下室に閉じ込めてしまう。一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナムは、団地に住む少女の愛犬がいなくなったことを知り、迷い犬のビラ貼りを手伝うことに。その犬は手術をしているため吠えないというのが特徴で……。正義感の強いヒョンナムを、本作をきっかけにブレイクしたペ・ドゥナを演じた。

2000年製作/110分/韓国
原題:Barking Dogs Never Bite
配給:ファイヤークラッカー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

4.0やっぱり、ポン・ジュノ長編デビュー作は何度も見ても面白い!

2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ポン・ジュノの初長編にあたる本作は日本公開を迎えるまでに3年もの歳月を要した。つまるところ、彼の真の凄さが咀嚼されるまでにはそれだけの熟成、発酵期間が必要だったということになる。なるほど、それもそのはず。この映画はこちらが追いついたと思ったら瞬時に手のひらからすり抜けていく。犬泥棒の追跡劇、女同士の友情、大学講師の悲哀、夫婦間に吹きすさぶ冷たい風など、描かれるエピソードはとにかくジャンルレス。日常生活から浸み出したリアルな描写の一部始終がとにかく効果的に炸裂するのも見どころだ。あと何と言ってもヒロイン役のぺ・ドゥナの「私はここにいます!」と主張するかのようなまっすぐな存在感にはまらずにいられない。彼女が勇気を振り絞る場面に登場する「黄色」もまた鮮烈だ。あれほどの心理描写をアナログで、しかも手応えたっぷりに描けるところも、ポン・ジュノという男が全くもって只者ではないことの証左と言えるだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.0日常に潜む狂気

こころさん
2021年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
こころ

4.0シュールリアリズムってやつですかね。最大限に説明を減らして見せると...

2021年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

シュールリアリズムってやつですかね。最大限に説明を減らして見せるという、今までにない新しいものを感じました。
主役の方は、よくドラマなどで脇役で出ているような…。個人的には、電車の中で子供をおぶった中年女性が乗客の窮状を訴える文書を配るシーンに衝撃を受けました。韓国では、普通のことだったのでしょうか。あの状況ならついお金を渡してしまいますよね。
結局何が言いたいのだ、という意見もありそうですが、見てよかったと思います。さすが、ポン・ジュノ監督!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おけいちゃん

4.0マンションで犬を飼わない方が良い理由

唐揚げさん
2021年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

ポン・ジュノ長編デビュー作。
とあるマンションで起きる犬の連続失踪事件。
教授を目指すユンジュとその妻、マンションの管理事務所で働くヒョンナム、マンションの警備員、犬が唯一の家族であるお婆さん。
様々な人間のそれぞれのドラマが、一つのマンションで繰り広げられる。

可愛らしいパッケージにワンコ映画、そんなものに釣られてはいけません。
そもそも犬好きにはあまり勧められない。
最悪の(褒めてます)ワンちゃんダークコメディ。
この頃からパラサイトっぽさもあって、韓国の階層社会をマンションで表すのは流石。
上から下へ、下から上へ。
左から右へ、右から左へ。
ユンジュの赤い服とヒョンナムの黄色いパーカーの追いかけっこだったり、韓国映画らしからぬお洒落な音楽だったり、何かと芸術的。
鼻血や黄色のレインコート、脱げる靴や後ろ姿など、繰り返される事物は何かのメタファーのようだけど、何か分からず…
結局ストーリーも、説明しろと言われると難しい。
だけど面白い。理由は分からないけど面白い。

犬を誘拐して殺した奴が犬探しとかいう皮肉。
1番笑ったのが、「屋上の切干大根食べておくれ」。
まあ、観てみてください。
エンドロールもなかなか好き。
途中で強奪した、車のミラーをまだ持ってて、普通に鏡として使っているし、前述のお洒落な音楽が流れてたかと思ったら、急にロックっぽい音楽になるし。

本作を語る上で避けて通れないのが、ペ・ドゥナの可愛さ。
フード被ってるとことか、犬引き渡す時の満面の笑みとか。
これはガチ恋勢が現れるのも無理はない。可愛すぎる。
多分、ペ・ドゥナの可愛さもこの作品の重要な要素の一つなんでしょうな。
あり得なさそうであり得そうなそんなお話。
決して癒されるとか心温まる話ではないけど、定期的に観たい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
唐揚げ
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ほえる犬は噛まない」以外にこんな作品をCheck-inしています。