リード・マイ・リップス

劇場公開日

0%
60%
40%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チンピラの男と難聴の女が奇妙な愛を交歓しつつ犯罪を行なうサスペンス。監督・脚本は「天使が隣で眠る夜」のジャック・オディアール。撮影は新鋭のマチュー・ヴァドゥピエ。音楽は「天使が隣で眠る夜」「ハーフ・ア・チャンス」のアレクサンドル・デスプラ。出演は「アレックス」のヴァンサン・カッセル、「エスター・カーン/めざめの時」のエマニュエル・ドゥヴォス、「イゴールの約束」のオリヴィエ・グルメほか。2002年セザール賞主演女優賞、脚本賞、録音賞受賞。

2001年製作/119分/フランス
原題:Sur mes l_vres
配給:シネマパリジャン(テレビ東京=シネマパリジャン 提供)

ストーリー

難聴というハンディキャップを抱えるOLのカルラ(エマニュエル・ドゥヴォス)は、日々やりがいのない仕事に追われ、孤独を感じていた。そんなある日、刑務所帰りの青年ポール(ヴァンサン・カッセル)が、彼女のアシスタントとして現われる。ワイルドな魅力の彼に、一目で興味を抱くカルラ。一方、彼女が読唇術の持ち主であることを知ったポールは、それを利用して、ヤクザのボス、マルシャン(オリヴィエ・グルメ)の闇の組織から大金をくすねる算段を思いつく。カルラは悪事に巻き込まれるのがまんざらでもなく、二人は共犯関係で結ばれていく。いよいよマルシャンの大金を強奪する時が来たが、ポールは彼に疑われ、監禁されて暴行を加えられる。それを隣のビルから双眼鏡で覗いていたカルラは、彼の唇を読み取ってサインを受け取った。カルラはマルシャンが高飛びしようとしていることを偽装する機転を働かせ、脱出に成功したポールと逃亡。そしてカルラは車の中から、ポールの担当だった保護監察官のマッソン(オリヴィエ・ペリエ)が、妻殺しの容疑者として警察に連行されていく姿を目にするのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く