アモーレス・ペロス

ALLTIME BEST

劇場公開日

アモーレス・ペロス
20%
61%
11%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メキシコの鬼才アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの長編監督デビュー作。メキシコシティーを舞台に、ひとつの交通事故を軸に交錯する3人の男女の愛の悲劇を3部構成で描く。ダウンタウンで暮らす青年オクタビオは、兄ラミロの妻スサナに恋している。ラミロは遊ぶ金欲しさに強盗を重ね、スサナにつらく当たっていた。オクタビオはスサナを救うため、闘犬で金を貯めて彼女と駆け落ちしようと考える。一方、人気モデルのバレリアは妻子のある雑誌編集長ダニエルと不倫している。ダニエルは妻との別居を決意し、2人はバレリアの愛犬とともに幸せな同棲生活を始めるが……。元大学教授の殺し屋エル・チーボは、廃墟のような家でたくさんの犬に囲まれて暮らしている。彼は殺しの標的を尾行する一方で、かつて捨てた自分の娘マルの後を追い家に忍び込む。オクタビオ役のガエル・ガルシア・ベルナルは本作が初の長編映画。カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリや、東京国際映画祭のグランプリを受賞するなど、国際的に高い評価を得ている。

1999年製作/153分/メキシコ
原題:Amores Perros
配給:東京テアトル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 アカデミー賞(2001年)

ノミネート

外国語映画賞  

第58回 ゴールデングローブ賞(2001年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0ポン・ジュノもアレハンドロ・ゴンザレスもデビュー作に犬という共通点

カメさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人評価:3.8
どっしりとした重厚な映像。それは監督デビュー作である本作から、すでに持ち合わせている事がわかる。
この監督はどの作品でも伝えたいテーマが必ずあり、物語の根底に教訓染みたものが流れている。
本作で感じた教訓は人間の計画は神が必ず笑うだ。
バベルでは人間の愚行への教訓を描き、本作では人間の愚の末路を辿る計画を描いていると感じる。
複数の登場人物の群像劇のスタイルはバベルと同じであり、バベルでは一丁のライフルによって登場人物が繋がっていき、本作は犬という存在によって登場人物が繋がっていくという愚かな人間ドラマ。
ポン・ジュノのデビュー作も犬にまつわる物語。アレハンドロ・ゴンザレスも犬と人間という切り口。才能ある2人の巨匠のデビュー作が犬という共通点があり、犬という存在が、人間を描く為のキーになっていると感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

4.0 オクタビオとスサナの章。冒頭のカーチェイスでなぜオクタビオが追い...

kossyさん
2018年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オクタビオとスサナの章。冒頭のカーチェイスでなぜオクタビオが追いかけられているのか理由がわかる。愛犬コフィーを使って闘犬で稼ぐオクタビオ。兄嫁を奪って無謀な逃亡計画を立てるが、失意のどん底へ・・・こういうキレてしまうガルシアの演技はいいですねぇ~

 ダニエルとバレリアの章。不倫と別居など、現実的な金銭問題と愛犬の行方。ラストは悲しいが、オムニバスの中では、ちょっと異色。ネズミに犬が食われたなどといった会話にはホラー映画になるのではないかとビビってしまった。

 エル・チーボとマルの章。兄弟の醜い争い。拳銃を奪い合うところは『SAW』もこれを見て参考ににしたのではないかと思わせる。その一方で、ゴミ拾いで生活をする裏でテロリストから殺し屋稼業を続ける主人公がもっとも血の通った愛情を感じさせられた。

 全体的にはenchantの広告、交通事故、犬といった繋がりがあるのだが、登場人物がここにもあそこにもといった具合に出没する。一つ一つの人生に人がいかに関わっていくのか、奇妙な感覚を呼び起こしてしまう。犬好きの人には残酷なシーンがいっぱいあるが、人間の方が醜い争いをしてるという逆説的な描写とも言えるのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.5才能。

2016年9月26日
iPhoneアプリから投稿

監督の感性というか、こだわりというか、やっぱ世にでる人は才能があると思わせる映画だった。とりあえず見終わったらこの監督の映画はテンション下がるけど、このタイプの映画はみといて損はないと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆずゆず

4.0生々しい

ミカさん
2016年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

イニャリトゥ監督のデビュー作とのことですが、後々の作品を想起させる、実にイニャリトゥらしい作品でした。

荒々しい呼吸が聞こえてくるかの様な「生命」の生々しい描写。貧しい貧民街と中産階級、全く違う世界に暮らす人間達の群像劇。

イニャリトゥ作品は、一見関係がない様に見える事や人でも必ずどこかで関わりを持たせています。

それが犬であっても貧しい人であっても、美しい人であっても関係ありません。

私達が生きていることは奇跡であり、生命そのものが敬うべきことであり、私もあなたもそして過去も未来も全てが繋がっている。

この作品は、lifeの息吹きそのものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る