O(オー)(2001)

劇場公開日

0%
29%
57%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シェイクスピアの悲劇『オセロー』をもとに、若者の“嫉妬”や“裏切り”を通じて、アメリカの病理を鋭く抉り出す異色の学園ドラマ。ジョシュ・ハートネットが、イアーゴーを思わせる暗い情熱を秘めた青年を演じる。監督は、「オー・ブラザー!」でコミカル演技をみせたティム・ブレイク・ネルソン。

2001年製作/95分/アメリカ
原題:O
配給:ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス

ストーリー

裕福な家庭の子供たちが通う、アメリカ南部の私立ハイスクール。キャンパスでただひとりの黒人学生オーディンは、バスケットボール・チーム“ホークス”の花形選手であるばかりか、成績も優秀。学園のマドンナ的存在の学長の娘デジーとの交際も順調だった。だが、チームの名コーチ・グールディングの一人息子ヒューゴは、そんなオーディンの姿を見て、暗い嫉妬を募らせていた。リーグ戦で大活躍し全校生徒の前で讃えられるオーディンに、「君を本当の息子のように愛している」と告げる父の言葉が、ヒューゴの邪悪な心に火をつけた。彼はオーディンを陥れ、破滅させる決意をする……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.0何でもこなせる人の気持ち

2021年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「何だって器用にこなす便利な選手だ。本当のMVPは俺だ!4年の間、陰でサポートしたのにふざけんじゃねぇ!」
元はここから来てる話し。目立った人ばかり取り上げちゃいけませんね。しっかり言わなきゃ!器用貧乏って言葉を思い出した。だから「わかる、わかる。」そう思いながら観ちゃいましたね。野球なんかでも2番バッターがMVPとか難しいでしょうが、繋ぐ(犠牲になる)お膳立てがなければ勝てませんもん。

「どうして金持ちの坊ちゃんてのは我慢ができねぇんだ!何かを得るためには時間が掛かるし犠牲が伴う。甘えるんじゃねぇよ」

主人公が発する言葉に共感しながら観てた前半。
そしてプレーも恋も、どんどん狂っていく黒人選手。。。見てられないくらい嫌な展開が続いたので「後味だけはスッキリさせてほしいな」と思いながら観てました。

嫉妬が重なった。
・父は僕の努力を評価せず、目立った活躍をした黒人を評価した
・好きな女まで彼に気が向くやるせなさ
・彼はスカウトされる。それに比べて自分は・・・

シェイクスピアの「オセロー」を現代風に再現したそうで・・・それでも救いようがあるアレンジで終わらせてほしかったな。だって「そんなぁ・・・こんなの嫌だ」て気持ちが充満してて後味が悪すぎたから。

 活躍した黒人とはいえ、お嬢さんが付き合うかなぁ・・・好奇心や一時の憧れの要素が強く思え、そこが高校生といえば有り得る設定かもしれませんが、個人的には強引に差別問題を取り入れた印象があった。
 本編自体は90分にも満たない短さなので、良く言えばサクッと観れるけど、その分、展開が強引になってしまうのは仕方ないですね。でも、これでいいんです。だって、緻密な計画シーンとか作って映像にしたらマネする人いそうで・・・だから強引な展開にして一安心。
 何か、無理矢理よかった点を探してレビューを終わらせていただきます。。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
はむちん

4.0高校生だからこそリアルな物語だと感じた

もえさん
2014年4月29日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

(ただの感想です)あたしも嫉妬心に苦しめられた経験があるので、この映画の宣伝を見て
気になって見てみました。
バスケで優秀な黒人を見ている主人公の気持ちが、正直分かってしまい、
辛いなぁ…と思ってました。
嫉妬心だけで、初めは小さな嘘で
周りを壊そうとしますが、
主人公の心の闇がどんどんでてきて
自分でも止められなくなってしまいます
小さな嘘が大きなものに変わっていく所が面白く
どんどん話に吸い込まれてしまいました、
嫉妬心というのはとても怖いもので
自分で制御していかないといけないものだと実感しました。
まだ未熟な高校生だからこそ
実際に起こってもおかしくないような話だと感じました。
個人的に
アメリカの銃社会は本当に危険だと
思い知られる映画でもありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もえ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る