劇場公開日 1954年

ローマの休日のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全85件中、1~20件目を表示

4.5オードリーの美貌と古い中の新しさ

2019年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

真実の口の名シーン、ジョーが手を喰われたフリ→アン王女が目をひんむいてびっくりするシーン。
ここ、アドリブらしいですよ!!
素のオードリーを出したからこそ可愛らしい可憐なシーンがたくさん撮れたのでしょうね。
元々ハリウッドで撮るつもりが変更されたことに伴って、カラー映画から白黒になってしまったそうですが、
この映画は白黒だからこそさらに見応えがあるものになったと思います。
アン王女の服装など、カラーだったらよかったのにな、と思うシーンもありましたが、白黒だからこそ色を好きなように想像できたり、ローマの街並みなど自分なりの色をつけることができる。
白黒映画の醍醐味だと思います。
いつまでも色褪せないラブコメ金字塔。
この映画を残してくださり、ありがとう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画オタクの戯言

4.0まるで一夜の夢のような映画

2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「人生はなんでも叶うわけじゃない...」
切ないんだわ、、、
僕はこの映画の別れのシーンで眠りについたので、朝起きるとまるで夢のような気がして「儚い恋なのだなぁ...」と思うのでありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Journeyman

5.0さすが名作!!

2019年9月2日
iPhoneアプリから投稿

前にテレビで観たことがあった様な気がしますが、ちゃんと観たのは初めて。

一言でさすが名作!!
オードリー・ヘプバーンの美しさ、気品、相手の男優のグレゴリー・ペックのカッコ良さが素敵だった。

ラブコメディって言うだけあって、面白さも最高!!

お互いの立場を思いやる、無言のラブロマンスに涙が溢れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シルエット

4.0ラブストーリーのお手本

2019年8月29日
iPhoneアプリから投稿

午前10時の映画祭で鑑賞。
まあなんといってもオードリー・ヘップバーンが可愛い!
大人っぽい表情の美しさもあれば、時にはお茶目な可愛らしさがある。
ロミジュリ的な格差がある男女の恋愛ラブストーリーのお手本のような作品。プラスそこに身分をバラさないサスペンス的要素や逃走劇要素も含まれており、見ている人を飽きさせない工夫がある。
またローマの舞台も魅力的に描かれており、まんまとローマに行ってみたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴゅある

5.0Excellent Classic Romantic Movie

YUKIさん
2019年8月26日
iPhoneアプリから投稿

I don’t believe Roman Holiday was made in 1950’s. It still touch us beyond century.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YUKI

4.015年くらい前の二十歳ぐらいの時に観た時は、とてもシンプルな話だな...

ツネミさん
2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツネミ

5.0人類史上最高のロマンス映画

2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 12 件)
bloodtrail

4.5新聞記者がいい人なのはある意味ファンタジー

お抹茶さん
2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

(午前10時の映画祭)
新聞記者がいい人なのはある意味ファンタジーで、現実世界なら記事にするだろうなあ。
それだからこそ、映画としては文句なしです。

カラーなら満点だけどモノクロだからちょっと減点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お抹茶

5.0私の替玉な人

KinAさん
2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KinA

3.0午前10時の映画祭

2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
30代の嘆き

3.5名作

2019年8月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

午前十時の映画祭で鑑賞。初めて見た。60年以上も前の映画だけど、面白かった。名作は時代を経ても色あせないなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

4.5こんなの、ローマに憧れる。

2019年8月16日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

楽しい

朝映画館に行って見に行って来ました!
とても有名な作品なので一度は見たいと思っていました〜上映されると知ってルンルンで鑑賞しました!

ストーリーは
よくありがちといえば悪いように聞こえますが、、
少女漫画やロマンチックな映画の王道!!と言った感じでした。あー素敵。これはローマに行って階段に座ってジェラート食べたり真実の口に手を突っ込んでみたくなりますね。たまには思いつきで髪の毛をバッサリ切ってしまうのもいいかも。笑

お話の流れはとても分かりやすく、時々フフッと笑えて白黒の画面を気にすることなくついついメインの2人を応援したくなります。
このまま2人で楽しく過ごせたらいいのに、、
追っ手がいる緊張感やアンの危なっかしさ、お互いに付いている嘘。このどれもがとてもいい刺激で映画を盛り上げてくれました。

最近は恋愛映画はほとんどなることが無かったのですが、今回はやはり見て正解でした!
ただ青春を送っているようなローマでの2人の爽やかなシーンはこっちまでワクワクしました。

有名な作品だけあって、色々なところでオマージュされていたのでなんとなく話の流れやラストシーンは知っていたのですが、やっぱり映画館で観てよかった。

夢があって、切なくて、素敵な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
でぐでぐ

4.5“The wall wishes come true“  願いは叶わなくても...

アキ爺さん
2019年8月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アキ爺

3.5美男美女

H1DE!さん
2019年7月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

オードリー美しい

グレゴリーイケメン

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

3.0まさかのオープニングからの

2019年7月23日
iPhoneアプリから投稿

ベタ展開。いやいや、、まあいいか。って感じ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

5.0普遍的なラブコメ+成長物語

2019年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

オードリー・ヘプバーンの可憐な美しさが

ほぼ伝説の様になっているけど

観たことないと言う人も最近は多いかもしれない。

なら是非、観てみてください。

モノクロだけど、そんなこと、

画面にオードリーが映った瞬間に消し飛んでしまいます。
王道のラブコメであり、ワクワクして、笑えて、楽しくて

最後は主人公の成長に涙する。

オールロケで、ローマの観光案内としても
楽しく観られる映画らしい映画であり、

未だに脚本的にもヒロインの魅力的にも

この映画を超えるラブコメに出会えないでいます。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

年に1回は必ず観る作品!!

映画評論家の町山智浩氏の受け売りなのですが
オードリー・ヘプバーンが演じるお姫様は
何のためにイタリアを訪れたのか?

「ローマの休日」は
第二次世界大戦が1945年に終結してから8年後の

1953年と言うヨーロッパの戦後の空気感を
色濃く反映して作られた映画です。

戦火に焼かれたヨーロッパの各国がようやく落ち着き、

平和的な発展と人々の幸せを目指し、
各国が共に手を携えて歩みだす。
その象徵として
ヨーロッパで一番古い王室(架空のですが)の
お姫様が各国を親善訪問している最中のお話、
ただ単に観光旅行に来ているのではありません。

そこをちゃんと踏まえて観ると
最後のある行動が何倍も心に沁みてくる。
お姫様の個人的な思いと、
お姫様の担う役目の重みを掛け合わせた
見事なセリフのやりとり。

懸命に役目を果たそうとするその姿に
自然に湧き上がる、あること〜〜
振り返ったお姫様の最高の表情!!鳥肌ものです〜〜。


グレゴリー・ペックが長い長い回廊を一人で歩いて行く
その最後のシーンに込められた思いが切なく美しい。

ああ、グレゴリー・ペック〜〜最高!!

@もう一度観るなら?
「DVDも持ってますが、観られる企画上映がある限り

絶対に映画館で観ます。」

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
星のナターシャ

5.0「それぞれの都市にそれぞれの魅力があり………ローマ。」

bassmanさん
2019年4月15日
Androidアプリから投稿

生涯best10に入れるほど本作を気に入っている自分は、なんとモンロー派である。
だから贔屓目なしで評価できる。
オードリー・へプバーンの魅力が最大限に発揮される工夫が凝らされているし、抵抗感なしに作品に入り込めるように造ってある。
名作。
(続く)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bassman

4.0束の間の現実逃避

2019年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

王道的な内容でとても面白かった。笑えたし、ほっこりしたし、最後は感動した。噂どうりの素晴らしい名作だった。

当時のローマの街並みがとても美しかった。
その街並みに負けないくらい魅力的なオードリー・ヘップバーン。チャーミングでとても可愛らしく素敵だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アントニオバンデラス

4.0オードリーの可愛さよ

2019年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

幸せ

どっかの国のアン女王がヨーロッパ周遊中のイタリアで新聞記者と出会って恋に落ちる王道ラブストーリー。
.
プリンセスというかお金持ちお嬢様あるあるのこの生活つまらないから抜け出すわ🎵のノリで豪邸抜け出して、道端で爆睡してるところを新聞記者ベックに拾われる。
.
そのシーンがほんと、世間知らずというか、あんなに可愛い人が夜に道端で酔っ払った感じに寝てたら日本だったら絶対さらわれてるよ確実に(笑).
.
逆に何もしなかったし、もはや面倒がってるベックすごいな。そんな男いるか?(笑).
.
白黒だけど今見ても充分笑えて面白い☺オードリー白黒であの可愛さとか色着いたらどんだけ可愛いの。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

5.0感動

yta07さん
2019年3月9日
PCから投稿

モノクロ映画なので、避けてきたところがあるが、見てみたら本当におもしろいし感動する。
最後は本当に感動。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yta07
「ローマの休日」の作品トップへ