雷鳴の湾

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ウィンチェスター銃'73」「怒りの河」の製作者アーロン・ローゼンバーグ、監督アンソニー・マン「裸の拍者」、主演ジェームズ・スチュアートのトリオになる海底石油採掘の色彩開拓劇1953年作品で、G・W・ジョージとG・F・スレーヴィンの原案をジョン・マイケル・ヘイズがストーリーにし、これにジル・ダウドが協力して脚色している。撮影は「ウィンチェスター銃'73」のウィリアム・ダニエルス、音楽は「砂漠部隊」のフcランク・スキナーの担当。主演のスチュアートの相手に、「赤い河」のジョーン・ドルウ、「無宿者」のダン・デュリエ、「悪人と美女」のギルバート・ローランドが共演し、以下ジョイ・C・フリッペン「怒りの河」、新人マーシャ・ヘンダースン、アントニオ・モレノ「征服への道」、ロバート・モネットが助演。

1953年製作/103分/アメリカ
原題:Thunder Bay
配給:ユニヴァーサル日本支社

ストーリー

1946年、海軍を除隊したスティーヴ・マーティン(ジェームズ・スチュアート)とジョニー・キャムビ(ダン・デュリエ)は、海底石油の採掘に港町ポート・フェリシティへやって来た。2人はドミニク・リゴウの船を借りようとして、娘ステラ(ジョーン・ドルウ)の反対に会い、テッシュ・ボシア(ギルバート・ローランド)の漁船を借りるが、実地検査の為、船からダイナマイト投ずるので、えび漁を唯一の生業とする漁民たちの怒りを買った。何時かスティーヴに惹かれていたステラは、猟師たちの襲撃を知らせるが、ステラの妹フランチェスカをギャムビに奪われたフィリップがその後石油櫓爆破に来るので、彼女はスティーヴに誤解される。フィリップはスティーヴに殴られ、海に落ちて溺死した。その後ドリルは愈々深く堀り進むが、石油会社々長マクドナルドがこれ以上の融資を否決するので、職工たちは職場を去ろうとする。突然櫓から海水が噴出し、スティーヴ、マクドナルドはじめみんなが必死に海水噴出をとめにかかり、心のとけた彼らはジョニーの説得で作業を続けることになった。リゴはフランチェスカとジョニーの関係を知り、漁民を煽動して大挙して工作船を襲う。しかし海水噴出で吹き上げられた見事な車えびをスティーヴに示されると、彼らの気勢はそれた。その時物凄い音響と共に櫓から噴出したのは待望の石油だった。スティーヴは黒い油を頭から浴びながら歓喜の叫びを上げた。彼らの対立はとけ、リゴはフランチェスカとジョニーの結婚を許した。ただステラばかりはスティーヴの誤解が解けぬままに町を去ろうとした時、後ろから車が追っかけて来た。運転台にはスティーヴの顔が微笑んでいた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る