ヤングゼネレーション

劇場公開日

ヤングゼネレーション
23%
62%
15%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インディアナ州ブルーミントンの町を舞台に自転車レースに青春を賭ける若者と、その家族、仲間との交流を描く青春映画。製作・監督は「ザ・ディープ」のピーター・イエーツ、脚本はスティーブ・テシック、撮影はマシュー・F・レオネッティ、音楽はパトリック・ウィリアムス、編集はシンシア・シェイダー、美術はパトリシア・フォン・ブランデンスタイン、衣裳はベッツィ・コックスが各各担当。出演はデニス・クリストファー、デニス・クエイド、ダニエル・スターン、ジャッキー・アール・ヘイリー、バーバラ・バリー、ポール・ドゥーリー、ロビン・ダグラス、ハート・ボシュナー、エイミー・ライトなど。日本語版監修は清水俊二。デラックスカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

1979年製作/アメリカ
原題:Breaking Away
配給:20世紀フォックス

ストーリー

インディアナ州、ブルーミントンの町。デイブ(デニス・クリストファー)は、ハイスクールの課程を終えたばかりだが大学に進む気はあまりない。彼の父親(ポール・ドゥーリー)は、昔はストーン・カッター(石切工)であったが今は中古車の販売業を営んでいる。デイブの趣味は自転車レースで愛用の自転車を乗り回していた。彼はイタリアのレーシング・チャンピオンに憧れ、その影響でイタリアかぶれになっており、ことあるごとに怪しげなイタリア語を口にし、イタリアのクラシック音楽ばかり聞いていた。彼の仲間マイク(デニス・クエイド)、シリル(ダニエル・スターン)、ムーチャー(ジャッキー・アール・ヘイリー)の3人の父親たちも、デイブの父親と同業のストーン・カッターあがりだった。4人組のリーダー格はマイクだったが、彼らは大学に進まない故に、カッターと呼ばれ、大学生たちからは疎外されていた。彼らは、昔石切場だった岩肌をたまり場としており、自然にできたプールで泳いだり話したりしていた。しかし、この縄張りを荒しに来る者がいた。ロッド(ハート・ボシュナー)という大学生と彼の仲間の学生たちだ。デイブは、この中のキャサリン(ロビン・ダグラス)という学生をふとしたことから知り、恋心をいだくようになった。ある夜ギターを弾けるシリルを伴ってキャサリンら女学生たちが寄宿している家の窓下で、イタリー語でセレナードを歌ったデイブはキャサリンに強い印象を与えることに成功する。大学生たちが集まる食堂で、ある日キャサリンと席を共にすることになったデイブは、彼女に自分はイタリアで生まれた生粋のイタリア人であると嘘をついた。一方、ムーチャーは交際中のガールフレンド、ナンシー(エイミー・ライト)と結婚する決意をしていた。やがて、デイブが待ちに待ったレースの日がやってきた。イタリアの自転車レース・チームもやって来るのだ。彼は父親の反対を押し切って、そのロード・レースに出場した。そして日頃の練習の成果が実り、あと一歩で優勝というところまでいくが、イタリアのチャンピオンの1人に妨害されチェーンを切られたため転落しレースから脱落した。レースにすべてを賭けていたデイブは、イタリアかぶれだった自分に愛想がつき、それまでのイタリア中心の生活を一変することにした。そして、キャサリンにも自分がイタリア人でないことを告げた。しかし、彼女は彼が嘘をついていたことを怒って波に平手打ちをくわせて立ち去った。悲観したデイブに一番同情し慰めたのは、日ごろ厳しかった父だった。そして、ブルーミントンで毎年開催されているリトル500バイシクル・レースと呼ばれる競輪が行なわれる日がきた。デイブも、マイクら3人と組んで出場することになった。チームの名は“カッターズ”。レースは、多数のチームの参加によってスタートした。優勢だったカッターズがデイブの負傷で一時は絶望かと思われるが、再び奮起したデイブが終幕、大学チームのロッドを追い抜き、見事優勝。大観衆の前で“カッターズ”の4人はトロフィーをかかげるのだった。(20世紀フォックス映画配給*1時間41分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 ゴールデングローブ賞(1980年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  

ノミネート

最優秀監督賞 ピーター・イエーツ
最優秀脚本賞 スティーブ・テシック
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0"CUTTERS"

2018年12月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

ボンジュールって終盤、父親のビックリした顔のアップが最高。

イタリアへの情熱がチョットした?意地悪でヘコんでしまうメンタルの弱さが玉に瑕!?

他所から来た大学生への劣等感、異国への憧れ、D・クエイドは捻くれてばかり。

両親のキャラが特に父親がとてもヨシ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0青春物語でありながら子育ての物語

あき240さん
2018年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

その時代の青春物語なのだが
その父親母親世代からの目線で作られていると感じる
主人公の両親、特に母親の演技は特筆すべき、暖かいいい味を醸し出して出している
子供が大人になる一歩手前でもがいている姿を、父親はガミガミ、母親はほんわかと見守る
そして父と息子が夜の街を散歩しながらの会話シーンは秀逸
この映画は青春ただ中の若者よりも、子育てを経験した世代にこそ味わい深いものがあるはず
そして自分自身の青春時代を思い出しながら、この若者たちの物語を重ね合わせて観る映画なのだ

構成、脚本も全く無駄がなく、テンポ良く展開される。さすがはピーターイェーツ監督作品だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5物足りない。何かが足りない。

2016年12月3日
iPhoneアプリから投稿

自転車レースは正直そんなに面白くないです。主人公強すぎだし。
親子の関係とか、主人公の成長がほんのりあるだけで、あまりドラマとしての面白みはなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢見る電気羊

3.0主人公が強すぎた

もりりさん
2016年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

高卒の落ちこぼれが大学生エリートに打ち勝つ系の映画。
のはずだが、実は主人公が全然落ちこぼれじゃないので、その辺の面白味があまりない。
自転車の才能ありすぎだし、結局は特に勉強もせず名門大学にとおっているし。

キャンパスライフのバカ騒ぎを見て楽しめるなら。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヤングゼネレーション」以外にこんな作品をCheck-inしています。