ヤァ!ブロード・ストリート

劇場公開日

ヤァ!ブロード・ストリート
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

紛失したマスター・テーブの行方を探すミュージシャンの1日を描く音楽映画。製作はアンドロス・エバミノンダス。監督はCM出身でこれが第一作となるピーター・ウェッブ。ボール・マッカートニーが脚本を書き主演している。音楽もマッカートニーが作曲し、ビートルズのレコードを製作したジョージ・マーティンが音楽の製作・監督を担当。撮影はイアン・マクミラン。共演はリンゴ・スター、バーバラ・バックなど。ドルビー・ステレオ。ロ本版字幕は戸田奈津子。ランクカラー、シネスコサイズ。1984年作品。

1984年製作/アメリカ
原題:Give My Regards to Broadstreet
配給:20世紀フォックス

ストーリー

人気シンガー・ソングライターのポール(ポール・マッカートニー)は、レコード会社に向かう。朝10時に会社についたポールは、マネージャーのスティーヴ(ブライアン・ブラウン)から1日の予定を聞かされる。間もなく2人は、重役たちの前に呼び出された。ポールの新アルバムのマスター・テーブが何者かに盗まれてしまったというのだ。24時間以内に取り戻さねば、会社が乗っ取られてしまう。ポールは予定通り、レコーディングを行ない、リンゴ(リンゴ・スター)と2曲を演奏した。リンゴを取材していた女性ジャーナリスト(バーバラ・バック)は、彼に恋したようだ。ついで、ポールは映画スタジオで、ミュージカル・シーン撮影に参加し、キー・ボードのリンダ(リンダ・マッカートニー)たちと演奏した。彼はそこでサンドラ(トレイシー・ウルマン)と会い、彼女を慰めた。彼女はテープを盗んだと疑いをかけられているハリー(イアン・ヘイスティングス)の恋人なのだ。ハリーは前科者で、それを承知でやとったのだが。ポールはBBCに行きラジオ放送のために弦楽四重奏団をバックに「エリナー・リグビー」を歌う。クラシックな感じのするこの曲は、ポールを19世紀の優雅な貴族たちの世界に誘った。リンゴとバーバラ、リンダたちと一緒にポールは舟遊びをし、ピクニックを楽しむ。夢幻の則界から現実へもどったポールは裏町をさまよい、昔なじみのジムじいさん(ラルフ・リチャードソン)を訪ねて、ハリーの行方を聞くが、何もつかめなかった。彼はふとハリーがGive My Regards to Broadstreetと歌ってふざけていたことを思い出して、ブロードストリートに向かった。ブロードストリート駅のベンチでマスター・テープを発見。ハリーもトイレで見つかった。彼が中に入ってるうちに鍵をかけられて、とじ込められていたのだ。無事にテープがもどったところで、ポールは夢からさめた。(20世紀フォックス配給*1時間49分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 ゴールデングローブ賞(1985年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヤァ!ブロード・ストリート」以外にこんな作品をCheck-inしています。