モダン・タイムス

ALLTIME BEST

劇場公開日

34%
57%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・作曲・主演を務め、機械文明と資本主義社会を痛烈に風刺した名作喜劇。大きな工場で働くチャーリーは、毎日同じ機械を使って単調な仕事を続けていたせいで錯乱し、病院へ送られる。ようやく退院したものの、今度はデモ隊のリーダーと間違われて投獄されてしまう。やがて無罪が判明し自由の身となった彼は造船場で働き始めるがすぐに解雇され、刑務所へ戻る方法はないかと考えるように。やがて無銭飲食をして捕まったチャーリーは、護送車の中でパン泥棒の少女と知り合う。ヒロイン役に、チャップリンの当時のパートナーだったポーレット・ゴダード。チャップリンが映画の中で初めて肉声を発し、自身の作曲による「ティティナ」で歌声を披露。ラストシーンで流れる名曲「スマイル」も印象を残した。

1936年製作/87分/アメリカ
原題:Modern Times
配給:ユナイテッド・アーティスツ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0こういう形で

JYARIさん
2021年5月6日
iPhoneアプリから投稿

こういう形で社会風刺とかできるのが
最高に羨ましい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0一難去ってまた…

everglazeさん
2021年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

工場の歯車と化した労働者達、安定しない雇用、刑務所の方が食事と寝床があるだけマシ…
資本主義の剰余価値重視をおかしく風刺していました。

なかなか客に届かないローストダックに爆笑しました。
Chaplin、ローラースケートが上手い!
底の見えない浅瀬に飛び込むのも、普通ならとても危険。
彼のパフォーマンスは優れた運動能力に支えられているのだなと思いました。

工場での特に食事シーンは、面白いというより、危なくて怖いと感じてしまいました。
あとヒロインが、離れ離れになった妹2人を心配したり探したりしないのが不思議…。

Chaplin初の歌声入りショーは、役者に台詞なんて要らない!という彼の哲学だとか。

ヒロインとの仲睦まじさがすごく伝わって来ました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

5.0サイレント映画の集大成的ギャグのユーモアの連続と、資本主義社会の非人間性に対するシニカルな視点

Gustavさん
2021年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

産業革命によってもたらされた機械文明が資本主義社会においては、資本家と労働者の新たな階級社会を生んだ。工場に雇われる労働者は、ひとりの人間として扱われるのではなく、大量生産のための機械の一部であり、それはまるで家畜のヒツジと同じである。ベルトコンベヤーのねじ回し担当のチャーリーが連続した単純作業に追われる導入部で端的に表現され提議されるメッセージ。現代社会の構図を象徴的に捉え、愛と優しさが失われる人間性喪失の危険性を問題視する。それを社会派映画の理屈ではなく、様々なギャグを配置したサイレント映画の集大成として創作したこの「モダンタイムス」は、ユーモアとシニカルの新境地を見せる。ユーモアとペーソスが特徴のサイレント映画から進展したチャーリー・チャップリンの作家性が特徴となる。
まずエレクトロ製鉄会社で人体実験させられる自動給食機の傑出したアイデアと完成度に感服してしまう。タイムイズマネーを機械の形にしたその斬新さとナンセンスな面白さ。二段変速機付きとうもろこし給餌装置が故障して急回転するカットが可笑しい。最初は優しく作動していた無菌口拭きが最後凶器となってチャーリーの顔を激しく叩き付けるオチも巧い。トラックから落ちた赤い旗を偶然拾ってしまい労働者デモの主導者に間違えられて投獄されるシチュエーションでは、脱獄囚を撃退した手柄から独房で厚遇を受けているカットがいい。機械の一部になって酷使され精神的に疲弊するのが地獄で、檻の中が遥かに安住の空間であるという皮肉が効いている。野村芳太郎の「拝啓天皇陛下様」の兵役を望む渥美清の主人公を思わず連想してしまう。出所してから仕事のミスで首となり、拘置所に戻りたいと故意に無銭飲食するところも可笑しい。逮捕されても堂々としたチャーリーの紳士的な態度と、隙を狙って葉巻は吸うは、見知らぬ子供には菓子をあげて態と罪を重くしているようで、抜かりない強かなチャーリー像が良く表現されている。そして思わず目を疑うのが、百貨店のフロアーで披露するローラースケートの離れ業である。これは、「サーカス」で見せた綱渡りの曲芸に匹敵する。チャップリンの超人的な身体能力の凄さに圧倒される。
サイレントに強い愛着と表現の拘りを持っていたチャップリンは、その高い身体能力を生かせるパントマイムに絶対的な自信と誇りを持っていた。しかし、文明の進化は映画の形を変えトーキー映画になり、サイレント映画を古臭いものにしてしまった。「街の灯」でサイレント映画の一頂点を極めたことで、チャップリンはある程度の区切りが付けたと思う。ラスト、キャバレーのウェイター職を得るためのクライマックスで、初めて映画でチャップリン自身の肉声を披露する。それもどの原語でもない出鱈目な歌詞を歌い、パントマイムの絶妙な演技で笑いを取る。天才ゆえの拘りの信念は、時に一筋縄ではいかない偏屈さを垣間見せる。そんなところも、また人間味が感じられて興味深いし、何より言葉で説明するのではなく、体の動きとこころで表現することに映画作家としてのプライドを持っていることがチャップリンの素晴らしさであり、凄さである。
公開当時は資本主義を批判した共産主義の一面を捉えられて、ドイツなどで上映禁止にあったとあるが、労働者に不適合な行員の七転八倒のコメディが主体であり、その為に資本主義の大量生産を揶揄したに過ぎない見方もできる。その点でルネ・クレールの「自由を我等に」と相通じるものがある。ドイツの制作会社トビス社が著作権侵害で告訴しようとして、クレール監督が取り下げた逸話が有名だ。”チャップリンとキャッチボールをしたに過ぎない”旨の内容だった。クレール監督の何と粋な回答だろう。芸術はオリジナルが最良だが、模倣とオマージュも必要だ。そんなことを考えさせるチャップリンとクレールの関係性がいいし、人間性の豊かさに心が温かくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav

5.0ポーレット・ゴダード

2021年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

チャーリーは工場で働いているが、クビになり、共産党のデモを指揮したと思われ投獄される。
刑務所で押し入ったギャングをたまたま捕まえ、最高の待遇になり、出たくなくなった。
それでも追い出され、一人ぼっちの美女と出会い、二人で生きていくため・・・。
野性的な美女、ポーレット・ゴダードは本当に美しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る