真夏の夜のジャズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
真夏の夜のジャズ
10%
74%
14%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカ・ジャズ界最大の音楽フェスティバル「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」を捉えたドキュメンタリー。1958年に開催された第5回の同フェスティバルを記録した。「ジャズの父」とも呼ばれる20世紀を代表するジャズミュージシャンのルイ・アームストロングや、ジャズ界有数の作曲家として多くのミュージシャンに影響を与えたセロニアス・モンク、ザ・ビートルズやローリングストーンズ、ビーチ・ボーイズなど多くのミュージシャンにカバーされ、「ロックの創造者」と呼ばれたチャック・ベリーなど、伝説のミュージシャンたちが続々と登場。また、ミュージシャンのほかにもフェスを楽しむ観客たちの姿が多く映し出され、当時のファッションなども見どころになる。監督は、後にオードリー・ヘプバーンやエリザベス・テイラー、マドンナといった錚々たる女性たちを被写体にした大御所カメラマンとなるバート・スターン。大胆な撮影手法や美しい映像が反響を呼び、幾度もリバイバル公開されている。日本では1960年に初公開。2020年には、日本公開60年を記念して4Kのあざやかな映像でリバイバル。

1959年製作/82分/G/アメリカ
原題:Jazz on a Summer's Day
配給:KADOKAWA
日本初公開:1960年8月19日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)1960-2019 The Bert Stern Trust All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0素なのにおしゃれなせかい

津次郎さん
2021年5月31日
PCから投稿

imdbでも8をつけていて、日本でもむかしからジャズの好きな人々や、山の手の文化人に賞賛されていた。
わたしは田舎の百姓だが、わかいころは厨二で、スノッブな文化人の影響下にあり、釣られて見たのだろう。

映画は1958年のNewport Jazz Festivalのようすをとらえている。バートスターンは映画人というより写真家で、マリリンモンローや多くのハリウッド有名人の写真で名高い。らしい。

ストーリーもナレーションもなく、恒例らしきジャズフェスティバルを、海辺の街、ロードアイランド州ニューポートの小景をはさみながら映している。

わたしはジャズに詳しくない。Louis Armstrongがわかるていど。だが映画の魅力は発色のいい(まさにVividな)撮影と1958年のひとびとの風俗にある。

ここに映っていて、フェスティバルを見て聴いている観客は、とうぜんながら撮影用に用意したエキストラではなく、市井の一般客にすぎない。

が、かれらの圧倒的なおしゃれさ。被服、帽子、サングラス、表情、色調、動作。なにげなくとらえているはずの小景が、絵になってしまうというすごみ。全シーンが特別に装った50'sの雑誌の切りぬきのよう。

アニタオデイが白いフリルの裾をした、すこしタイトめな、ノースリーブの黒ワンピを着て、白い羽の付いた帽子をかぶって、みょうに外れた調子で歌っている。白手袋、真っ赤な口紅、そばかす、表情豊かに歌うアニタオデイ。単焦点。
撮影をしている人。リズムをとっている人。アイスを食べている人。拍手する人。かれらの笑顔。鷹揚。
たとえ仕込んだとしても、ぜったいに、こんな素敵な絵にはならない。──と思わせる風物で、全編が彩られている。
なにより、じぶんの身なりになんとプライドをもった人々であることだろう。(!)

その古き良き時代に加え、こっち側にいるのが写真家であることがはっきりとわかる充溢した絵が次から次へと展開する。
「被写体をまるごと抱きしめるが、自らは引いて存在を消す」(ドキュメンタリー映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」に出てくる写真家の言葉)

意識させずにとらえられた素の世界。極上の環境ビデオ。ホームパーティで壁に映写しておくと、最高におしゃれです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0こんなアメリカに憧れていた

せんさん
2020年11月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

出演者は言うまでもない巨匠ぞろい。この日ばかりはニューポートの街も来場者で賑わったのだろう。同時にアメリカズカップも開催されてまさに真夏のイベント。今の派手さは無いが、失われた豊さが溢れている。むろん差別もバリバリ有ったろうけど白人も有色人種も共演し、平和に鑑賞している。4Kになり画質は良くなったのだろうけど、カメラアングルと単色の美しいライトがあの時代を見事に映し出してくれた。時代は関係ないよ。またいつか辛くなったら鑑賞しよう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せん

4.5かつて存在した「あの時代」

2020年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画が、あるいはニューポートがジャズのすべてではないが、スクリーンの向こうから「This is Jazz.」のメッセージが聞こえてくるような、ジャズ・ファンにはたまらない映像である。
歴史に名を遺すような演者たちのパフォーマンスと、それに向き合う聴衆の姿は、もう帰ってくることがない過去の美しい一瞬として、切なさとともに突き刺さってきた。
演者と聴衆を代わる代わる撮っている「だけ」の映画であるはずなのだが、そこに展開される濃密で上質な音楽空間を、時代と空間を越えて共有できることに、無上の喜びを覚える。
また、この時期にロックンロールが誕生し、本作中にも、チャック・ベリーが登場する。
そして、この「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」を扱った映画「上流社会」では、ビング・クロスビーが「Thiat's Jazz」という曲で、サッチモとともに”Rock'n Roll"と歌うのである。
まさにアメリカ音楽文化の最も重要な歴史的瞬間を切り取った映画である。
不覚にも泣いてしまった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ブースカちゃん

3.5熱かった

ゆり。さん
2020年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ジャズの素養はないのですが、記録映画として鑑賞。完全にドキュメンタリーでは無いような…ジャズファンには物足りないのでしょうが、初心者には観やすい作りでした。
これ、60年に日本公開ですか。当時の日本人はシビれたでしょうね。本当にかっこいい。アメリカンジョークも面白いし。観客のファッションが素敵です。
♪モーミーの木~モーミーの木~…は、クリスマスソングじゃなかったのか・・・

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆり。
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る