マグノリアの花たち

劇場公開日

21%
46%
27%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ルイジアナ州の小さな町の6人の女性たちの心の交流と友情を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴィクトリア・ホワイト、製作はレイ・スターク、監督は「ダンサー」のハーバート・ロス、脚本・原作戯曲はロバート・ハーリング、撮影はジョン・A・アロンソ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はサリー・フィールド、ドリー・パートンほか。

1989年製作/アメリカ
原題:Steel Magunolias
配給:コロムビア/トライスター映画

ストーリー

アメリカ、ルイジアナ州の小さな町。イーテントン家の人々は、長女シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の結婚式の準備で大わらわだった。シェルビーと母のマリン(サリー・フィールド)は、式の身づくろいのために、偏屈者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)など町の女たちの社交場、陽気な女主人トルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容室にやってきた。ところがその時、シェルビーが発作に襲われた。実は彼女は結婚しても子供を産んではならない体だった。それでもシェルビーは弁護士のジャクソン(ディラン・マクダーモット)と結婚した。やがてクリスマス。トルービィ美容室の美容師アネル(ダリル・ハンナ)はサミー(ケヴィン・J・オコナー)と恋をしていた。妊娠が分かったシェルビーは、命を賭けても子供を産もうと決心する。そして男子を出産して1年後、内臓の機能が低下したシェルビーのために、マリンは片方の腎臓を提供することになり、手術は無事成功した。ハロウィンの頃、アネルとサミーが結婚したが、その直後シェルビーが倒れた。そして昏睡状態の中で、彼女は帰らぬ人となった。シェルビーの葬式の日、失意のマリンを励ます女たちの絆はさらに深く結ばれた。イースターの頃、今度はアネルが妊娠していた。ウィザーも昔の恋人と愛を再燃させている。こうして時は、生と死を乗り越え、町を流れてゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第47回 ゴールデングローブ賞(1990年)

受賞

最優秀助演女優賞 ジュリア・ロバーツ

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) サリー・フィールド
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5いつ見ても大好きな作品✨

2021年3月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

楽しい

最初に見たのは1990年位だったと思います。
自分も出産して間もなかったので、ジュリア・ロバーツ演じる若い妊婦さんに共感しつつも、糖尿病の恐ろしさを知った映画でもありました。
今はむしろ母親役のサリー・フィールドの気持ちが分かる年齢になり、あらためて見てまたもや号泣。
折しも自粛期間中なので、こんな小さな田舎町でコロナになったら大変だろうなぁ・・・なんて事も考えましたが、やはり熱量が高くて年中騒がしい隣人たちに囲まれていると癒される哀しみもあるのだろうな、と。
そしてこの家族にとってそれは幸せな環境なのだろうな・・・と思い胸に染みました。
やはり大好きな映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジリオロッソ

3.0糖尿病の恐ろしさを知った・・・

kossyさん
2020年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 実力派女優の饗宴という雰囲気。特にジュリア・ロバーツの低血糖ショックのシーンは凄まじかった(実際の発作はどんなのか知らないけど・・・)。舞台はアメリカ南部、カントリーミュージックがガンガンかかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0悲しみを笑顔に変えて・・

odeonzaさん
2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

5.0美しいルイジアナの四季が巡る中で、世の中を回しているのは女性なのだ、ということをしみじみと思わせてくれる大好きな映画。

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

①原題通り本当に強い(steelな)のは男ではなく女性、世界を、世代を継いで行くのは女性だということを、笑いと涙の中でほのぼのと描いている大好きな映画。②生命維持装置が止まり命が消えていく娘の手を握り続ける母親役のサリー・フィールド。葬儀の後、その時の感情を独白する台詞が白眉。『steelの様に強い筈の男たち(父親・夫)はあの娘(こ)の死を直面できなくて出ていったけれど、あの娘が私の中から出てきた時と、あの娘が私の手の中から去っていく時と、あの娘と一緒に居られた私はなんて幸せな女なのかしらと思った』。とても哀しいけれどとても強い言葉。男には到底感じられない世界だろうけど。③娘の葬儀のあと抑えていた悲しみ・怒りをついに爆発させた母親、この涙のシーンから笑いのシーンへと転じさせる演出・演技も素晴らしい。悪友であるオリンピア・デュカキスとシャーリー・マクレーンとの掛け合い漫才のような演技は映画のあちこちで見られるが、ここは特に息がピタリとあった好演で笑わずにはいられない。実人生でもあるあるな場面だけれども、普通は気まずくてどうしたら良いか途方にくれるのもの。④

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る