炎のランナー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
炎のランナー
18%
47%
25%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1924年のパリ・オリンピックに出場した二人のイギリス青年を描く。実話の映画化。製作はデイヴィッド・パトナム、製作指揮はドディ・フェイド、監督はCM出身で、これが第一作になるヒュー・ハドソン。脚本はコリン・ウェランド、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はベン・クロス、イアン・チャールソン、シェリル・キャンベル、アリス・クリージャ、イアン・ホルムなど。原題はウィリアム・ブレイクの詩『エルサレム』から取られている。

1981年製作/123分/イギリス
原題:Chariots of Fire
配給:20世紀フォックス

ストーリー

1919年、ケンブリッジ大に入学したハロルド・エイブラハムズ(ベン・クロス)は、自分がユダヤ人であることを強く意識していた。アングロ・サクソンの有形無形の差別に反発し、その鬱憤を発散するため走った。同じ頃、スコットランドではエリック・リデル(イアン・チャールソン)が駿足を謳われていた。彼は宣教師の家庭に生まれ、彼も父の後を継ぐつもりだった。彼にとって、走ることは神の思寵をたたえることだったが、妹のジェニー(シェリル・キャンベル)は彼が一日も早く宣教の仕事を始めることを望んでいた。ケンブリッジでは、ハロルドを中心に、障害物のアンドリュー(ナイジェル・ヘイヴァース)、中距離のオーブリー(ニコラス・ファレル)とヘンリー(ダニエル・ジェロール)が活躍をし、24年のパリ・オリンピックを目指して練習を続けた。ハロルドはスコットランドまで行き、エリックが走るのを見学。ある夜、オペラ見物に出かけたハロルドは、歌手のシビル(アリス・クリージャ)に一目惚れし、早速デートに誘い出す。23年、ロンドンでの競技会で、エリックとハロルドは対決。わずかの差でエリックが勝つ。ハロルドはサム・ムサビーニ(イアン・ホルム)のコーチを受けることになった。そのためトリニティの学寮長(ジョン・ギールグッド)とキースの学寮長(リンゼイ・アンダーソン)に、アマチュア精神にもとると批難されたが、彼は昂然と反論した。オリンピック出場が決定したケンブリッジ四人組とエリックは、パリに向かう。百メートルの予選が日曜日と知ってエリックは出場を辞退する。日曜は神が定めた安息日だから、走れないというのだ。選手団長のバーケンヘッド卿(ナイジェル・ダヴェンポート)、皇太子(デイヴィッド・イエランド)、サザーランド公(ピーター・イーガン)の説得も効はなかった。アンドリューが四百メートルに出る権利をエリックに譲ると申し出る。百メートルではハロルドが、米国のパドック(デニス・クリストファー)、ショルツ(ブラッド・デイビス)を押えて優勝。競技場近くの宿に一人残っていたサムは、ハロルドの勝利を知り感涙にむせぶ。四百メートルでは、エリックが勝利をおさめた。帰国した選手たちに、イギリス国民は惜しみない賞賛を与えるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

外国作品賞  

第39回 ゴールデングローブ賞(1982年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第34回 カンヌ国際映画祭(1981年)

受賞

コンペティション部門
助演男優賞 イアン・ホルム

出品

コンペティション部門
出品作品 ヒュー・ハドソン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Photofest/アフロ

映画レビュー

4.5東京オリンピックの前に是非チェックしておきたい陸上映画の傑作

2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

東京オリンピックまであと残り1年を切った今、ぜひ見ておきたい一作。製作者デヴィッド・パットナムは当時、クールでエレガントな作品ばかりがひしめく英国映画の現状に反旗を翻し、逆に主人公の熱い情熱が伝わる作品を作ろうと努力を続けていた。そんな中で「安息日のレースへの出走を拒否した牧師ランナー」のエピソードを知り、これぞ映画にすべき題材と詳しく歴史を掘り起こし始めたのだという。
1920年のパリ・オリンピックにおける英国勢の活躍を描いた本作は、この布教のために走り続ける牧師ランナーを描くと同時に、ユダヤ人としての差別にも臆することなく誰よりも勝利を追い求めたもう一人のランナーにも焦点を当てる。いずれも史実として面白く、キャストの演技や体の動きも素晴らしい。そして何より、オリンピックという舞台が、様々な出自や宗教や文化を持った人間たちが一堂に集う場であることを教えてくれる傑作ヒューマンドラマである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

4.5あまりに有名で観た気になっていた映画の中のひとつ。 宗教、人種問題...

2020年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あまりに有名で観た気になっていた映画の中のひとつ。
宗教、人種問題、オリンピックの意味などいろいろ考えさせられながらも最初から最後までランナー達の純粋さに素直に感動出来た。音楽も素晴らしく心に響く名作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0評価低っ。あげます!

2019年4月3日
iPhoneアプリから投稿

低すぎる評価。
映画館で見てから評価しないと。
ヴァンゲリスの音楽がしみるしみる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ryuichi Sekiya

4.5個人的には名作

2018年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

一般的にはあまり評価の高い作品だとは思いません、ストーリーが出来すぎ予定調和かも、衣装やセットか音楽が評判だったりしますが
・エイブラハムが主人公だと思って観れば、彼の屈折した感情がうまく描かれていて非常に魅力的な映画です。特に勝利への恐怖心、勝ったのになんだか気が弾まないところにも共感。凛とした主人公の表情にいつも見入ってしまう。
・多くの人はリデルが主人公で観ているようですが、全然共感出来ない、宗教心が無いからなんでしょうか????ばかり
※高校生時代、バンゲリスが好きで元々聴いて全米第一位を取った時に大喜びしてレコードを予約して届くのを待っていたのが良い思い出、ということもあり個人的には名作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
金北山を仰ぎ見て
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る