ボディガード(1992)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ボディガード(1992)
8%
55%
28%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ショービジネス界のトップスターと、そのボディガードとの恋を描くラヴ・ストーリー。監督は「L.A.ストーリー 恋が降る街」のミック・ジャクソン、製作・脚本は「わが街」のローレンス・キャスダン、共同製作は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジム・ウィルソンと主演のケヴィン・コスナー、撮影は「L.A.ストーリー 恋が降る街」のアンドリュー・ダン、音楽は「永遠に美しく…」のアラン・シルヴェストリが担当。

1992年製作/129分/アメリカ
原題:The Bodyguard
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

フランク・ファーマー(ケヴィン・コスナー)は、世界でも屈指の実力を持つボディガード。ある時、歌手兼女優のスーパースター、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を依頼される。最近彼女の身辺で、不穏な事件が発生し、脅迫状まで送られて来たのだ。レイチェルの邸宅を訪れたフランクは、ずさんな警備体制に驚き、彼女のボディガードとなる決心をする。フランクの目をかすめてライヴハウスでコンサートを行ったレイチェルは、舞台に上がった男から客席につき落とされるが、駆けつけたフランクに助けられる。錯乱状態になった彼女を心から介護するフランクを見て、それまで彼をただの邪魔者としか考えていなかったレイチェルは、初めて心を開く。フロリダのコンサートでレイチェルのもとに脅迫電話がかかり、さしせまる危険を感じたフランクは、自分の父が住むオレゴンに一時レイチェルを隔離する。雪深いオレゴンで、レイチェルの息子フレッシャーと、レイチェルの姉で付き人でもあるニッキー(ミシェル・ラマー・リチャーズ)と過ごすフランクとレイチェルはささやかな幸福に浸るが、フレッシャーの乗るボートが突然爆発し、幸い彼は助かったものの、何者かの手が近づいていることは明白となる。その夜フランクは、ニッキーから真実を聞かされる。あの脅迫状を見て、バーで見知らぬ男にレイチェルの暗殺を依頼したこと、今では後悔しているものの、その男を探し出せないでいること_。しかしフランクが少し目を放している隙に、ニッキーはあっけなく殺されてしまう。相手がプロであると悟ったフランクは、アカデミー賞受賞式に出席するというレイチェルを止めるが、最優秀主題歌賞にノミネートされている彼女は、舞台に立つことを決心する。受賞式当日、観客の中に犯人がいると確信したフランクは、客席に、ある映画スターのボディガードとして入場したはずの、昔の同僚ポートマン(トーマス・アラナ)の姿を見つけ、彼が犯人だと直感する。レイチェルがオスカーを受賞し、ステージに上がると同時にポートマンのカメラに仕掛けられた銃が火を吹き、フランクが身を投げ出して助ける。負傷したフランクは、レイチェルのボディガードを辞める。飛行場で別れを惜しむ2人だが、ショービジネスと政治家の警備というそれぞれの世界に帰っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第16回 日本アカデミー賞(1993年)

ノミネート

外国作品賞  

第65回 アカデミー賞(1993年)

ノミネート

主題歌賞
主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0素直に!

2020年5月8日
Androidアプリから投稿

彼女の行動があまりにも勝手すぎる
ボディーガードはボディーガードの仕事だけしていればいいのに~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モンスター

4.0【”スーパースターの孤独" ホイットニー・ヒューストンのその後の人生を考えると哀しくなってしまう作品。】

NOBUさん
2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 今作、初鑑賞時は、当時のスーパースターをフィーチャリングした映画として観てしまい、中盤からラストのシーンはハラハラしたし、少し沁みたが余り印象に残らなかった(当時、大ヒットした作品だったが・・)。

 中盤で、真犯人の予想がついてしまったことも起因しているのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 初鑑賞時から、早や20数年。
 久しぶりに鑑賞したが、上記のような理由で、前半部分はほぼ覚えておらず。
 観賞中、頭の中では、当時スーパースターとして、盤石の地位を築いていた、ホイットニー・ヒューストンのその後の人生が駆け巡っていた・・。

 劇中の彼女の表情、セリフが一々、沁みてしまう。

 映画の見方としては、邪道というのは充分、分かってはいるが・・。

<往時の映像がそのまま残る”映画”とは、時に残酷なモノにもなってしまうのだなあ、と思いながら、しんみりと鑑賞した。>

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 9 件)
NOBU

3.5歌を聴くだけでも価値ある作品。主題歌のPV的作品

トラ吉さん
2019年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人的にはゴーストと同じ分類だと思うが、こっちの方が主役の2人が良い。
ホイットニーの歌を聴けるだけでも良いし、ケビン・コスナーもカッコいいね。
一流のエンターテイナーとボディーガードとしてのプライドと一人の人間としての弱さなど、一応ちゃんと描いてあるし、面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
トラ吉

3.5再び、ミュージカル鑑賞後

2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

来日公演のミュージカル、『ボディーガード』を観てきました。
どこを観ても聞いても、ホィットニーヒューストンとケビン・コスナーに置き換わってしまい、いかにあの二人の存在がすごかったかを思い知らされました。
ホィットニーの歌唱力は本物で、ケビン・コスナーの存在感は本物でした。
当時の映画上映は観てませんが、その後のDVDとかは何回も観て、ホィットニーの演技の下手さを笑ってましたが。
ミュージカルのI always love you は最後の最後で良かったですが、やはり、大スターホィットニーヒューストンを超える演技と歌唱力はなかったなと、思いました。

なによりやはり、ケビン・コスナーはカッコ良かったな、と思います。

ホィットニー亡き後の今、永遠の名曲を生声で聞くことは叶いませんが、またじっくり家でブルーレイを観よう!と思います

ミュージカルも良かったですが、やはりオリジナルにはかないません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アルバさん
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る