ベン・ハー(1959)

ALLTIME BEST

劇場公開日

32%
45%
19%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。監督は「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」の巨匠ウィリアム・ワイラー。タイトルロールにチャールトン・ヘストン。59年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む史上最多の11部門を受賞した。

1959年製作/222分/G/アメリカ
原題:Ben-Hur

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 アカデミー賞(1960年)

受賞

作品賞  
監督賞 ウィリアム・ワイラー
男優賞 チャールトン・ヘストン
助演男優賞 ヒュー・グリフィス
撮影賞(カラー) ロバート・サーティース
編集賞 ラルフ・E・ウィンタース ジョン・D・ダニング
作曲賞(ドラマ/コメディ) ミクロス・ローザ
衣装デザイン賞(カラー) エリザベス・ハフェンデン
美術賞(カラー)  
特殊効果賞  
音響賞  

ノミネート

脚色賞 カール・タンバーグ

第17回 ゴールデングローブ賞(1960年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 スティーブン・ボイド
最優秀監督賞 ウィリアム・ワイラー

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) チャールトン・ヘストン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5聖書

みなさん
2020年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

恥ずかしながらアカデミー賞史上最多受賞作品の1つであるこの超大作を知らなかったが、時間のある日にじっくりと観ることができてとてもよかった。3時間42分の2枚組ってどういうこと…と意気込んで観始めると冒頭の〈序曲〉のたっぷりさにさっそく挫ける。しかし超重厚な物語は流石。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

4.5【”憎しみより愛と赦しを” 神の下での一人の男の流転の人生を描く。】

NOBUさん
2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 初鑑賞である。(憐れみの眼で見ないで下さい・・)

 客電が落ち、音楽が流れ始めるが映像が出ない。ひたすら出ない。音楽は流れ続ける・・。
 故障? 他の観客に聴きたいのだが、皆さん(と言っても4名のみ。)通路側に座っており、ど真ん中で見ている私はどうしようもない。
 ひたすら、映像が出る事を”神に願う”事、8分位。
(後から入場時に渡された紙を観たら”開始後、6分半序曲が流れている間はスクリーンに映像が出ませんが、こちらは演出によるものとなります。”と書いてあった・・。

 漸く、メトロのライオンが画面に出て、ほっとする・・。(全くもう!)

 さて、内容は多くの方が観ていると思われるので記憶に残った部分のみ記す。(3H42Mもあるんだよ!)

 ・冒頭、西暦26年とテロップに出る。あ、ベン・ハーと”神”はほぼ同じ年齢なのね、と分かる。

 ・ユダヤ貴族のベン・ハー(チャールトン・ヘストン:敬愛する伊丹十三のエッセイで(彼は、チャックとお友達だった・・)、チャールストン・ヘストンなどと平気で書くのはいやだねえという文があったなあ・・))は、ある事故により、朋友だった筈のローマ人軍司令官メッサラから舟を漕ぐ奴隷にされ、更に母と妹は囚われの身に。

  奴隷として歩かされている際、親切に水を飲ませてくれた人の後ろ姿。(心の中で”松山ケンイチだ!”と叫ぶ。似ているのである・・。)

 - 今作が秀逸なのはこのシーンを始め、”神”の顔が描かれない所である。”神”の表情を如何様にも想像できるから。(他の宗教上の理由もあるかもしれないが、鑑賞中に偏った宗教観に捕らわれる事が無かったのは事実である。ー

 ・インターミッションの後の、4頭立ての馬レースのスピード感溢れる、凄い迫力の映像。CGのない時代にどうやって撮ったのか?
 他の場面もそうなのだが、出て来る人の数が凄い。特にコロシアム内のこの馬レースの迫力は今作の白眉のシーンの一つである。

 ・囚われの身となった母と妹が”業病”になった事が分かるシーン。”業病”とは聞きなれない言葉だが、母娘の仕種を見ているとハンソン病だろうと分かる。
 その母娘に対し、ベン・ハーを想うエスターの献身的な姿(”業病”はわが国でも、近年まで触れると感染するとされていた病である・・)と、ベン・ハーを想うがゆえに付く哀しき嘘。
 が、ベン・ハーに気付かれてしまい、二人の関係性に罅が入ってしまうシーンと、彼が岩陰に隠れながら母娘の姿を覗き見るシーンは観ていて辛かった。

 ・”神”がゴルゴダの丘に十字架を背負わされ歩かされるシーン。ベン・ハーが”神”に水を与えようとするシーン。

<”神”が処刑された時の言葉を聞いたベン・ハーが
 ”恨みは、洗い流されてしまった”と呟くシーンと、その後に母娘に起きた奇蹟のシーンは忘れ難い。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
NOBU

4.0素晴らしい!!

momo8さん
2020年3月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
momo8

3.01950年代

R♪さん
2020年3月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

全てにおいて迫力が凄い✨

ストーリーも良かったけど、いかんせん長編💦💦💦

もう少し短いと感動が多いかも

『憎しみは毒』
『愛は憎しみより強い』

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
R♪
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る