ペーパー・ムーン
ホーム > 作品情報 > 映画「ペーパー・ムーン」
メニュー

ペーパー・ムーン

劇場公開日

解説

1930年代の禁酒法時代、本当の親娘かどうか判らない男と少女の陽気なペテン旅行を描く。製作・監督は「ラスト・ショー」のピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はアルヴィン・サージェント、原作はジョー・デイヴィッド・ブラウンの「アディー・プレイ」、撮影はヴェルナ・フィールズ、が各々担当。出演はライアン・オニール、その実娘テイタム・オニール、、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン、P・J・ジョンソン、ジェシー・リー・フルトン、ジム・ハーレル、リラ・ワータース、ノベル・ウィリンガムなど。

ストーリー

アディ(テイタム・オニール)は9つ。母親が自動車事故で亡くなった今、身寄りはミズーリにいる叔母だけだった。形ばかりの埋葬の場で、モーゼ(ライアン・オニール)は、牧師夫婦からアディを叔母の家に届けるように頼まれてしまった。アディの母は、酒場づとめをしていて、モーゼと深い関係にあったのだ。ついミズーリへ聖書のセールスに行くといってしまった手前、渋々引き受けざるをえなかった。しかし、彼は転んでもただで起きる男ではない。交通事故を起こした男の兄を訪ね、示談金200ドルをせしめ、その金でいままで乗っていたボロの30年型フォードを新車に買い替え、邪魔っけになったアディを汽車に乗せてポイしようとした。ところが、アディは眼から鼻に抜けるという言葉がぴったりのお利口さん。モーゼが200ドルカモるのを立ち聞きして、私のお金だから返してと主張する。返してくれなければ汽車に乗らないと。会ったこともない叔母の家へ行っても冷たくされるかもしれないし、それ以上になんとなく、このモーゼという男が気に入っていたのだ。近所のカミさん連中から、あんたのパパはモーゼかもしれないと聞かされたこともある。そういえば、アゴの線がそっくりだ。モーゼにしてみれば、いきなり母なし子の父にされてはたまらないけれども、金を使ってしまった以上、方法がない、子連れセールスといくよりしかたない。彼の聖書の売り方は、新聞の死亡記事を見て、未亡人を訪ね、彼女の名前を金文字で入れた聖書を見せて、亡くなったご主人に注文されて参上したとまくしたてる。ついホロッときた未亡人から、まんまと小金をせしめる、というやり方だった。やがて、車の中からこの方法を見ていたアディが口をはさむようになる。相手が金持ちとみればふっかけ、貧乏人とみればタダ、ヤバイとみればモーゼの手を引いてドロンという寸法だ。モーゼは彼女の才覚を見直した。父と娘のふりをすれば仕事もやりやすくなるというものだ。その結果、ボロかせぎはできたのだが、サギ道中で金廻りがよくなるとモーゼの浮気虫が動き出す。トリクシー(マデリーン・カーン)というストリッパーにのぼせ上がり旅の道連れにしたから大変だ。アディは、トリクシーの黒人のメイドと示し合わせ、手の込んだ作戦でトリクシーが別の男と寝るようにしむけ、それをモーゼに目撃させてキッパリとあきらめさせる。また2人きりの旅が始まった。次のカモは酒の密造屋だった。作戦はみごとに成功し、620ドルのあぶく銭を手にしたものの、執念深く追ってきた保安官たちに見つかってぶちのめされ、有り金を残らず巻き上げられてしまう。無一文ではどうしようもない。モーゼは今では別れがたくなっているアディを、近くの叔母の家に届けることにした。それは思っていたより優しい叔母や叔父だったが、でもアディは、モーゼと過ごした楽しい日々が忘れられなくなっている。思わず荷物をつかむと表へ飛び出した。道のずっと向こうにモーゼのオンボロ車が止まっている。「モーゼ!まだ200ドル貸したままよ。」モーゼがアディの荷物を受け取った。2人の行手には、白い道がどこまでも続いていた。...

作品データ

原題 Paper Moon
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画=CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第46回 アカデミー賞(1974年)

受賞
助演女優賞 テイタム・オニール
ノミネート
助演女優賞 マデリーン・カーン
脚色賞 アルビン・サージェント
音響賞  

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ライアン・オニール
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) テイタム・オニール
最優秀助演女優賞 マデリーン・カーン
最優秀監督賞 ピーター・ボグダノビッチ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全27件)
  • とてもよかった ネタバレ! 里親映画であると聞いて見てみたが、9歳の女の子が精神年齢18歳くらいで、親を求めている感じがしなかった。おじさんと対等に渡り合っていて頼もしい。おじさんは実のお父さんかもしれないのだが、詐欺師で... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2018年11月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 詐欺師と少女 人物の取り合わせもテンポも良く、飽きさせない。 ...続きを読む

    ドン•マルロー ドン•マルローさん  2018年5月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 文句なく観て良かった作品 ずいぶん以前にレンタルで観たのだけど忘れている所多々あり。 グラマーダンサーのトリクシーとその付き人の黒人少女の存在は 丸ごと忘れていたので新鮮でした。 何よりも主人公の二人が働く詐欺シーンが秀... ...続きを読む

    星のナターシャ 星のナターシャさん  2018年1月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] ニッケルオデオン[Blu-ray/ブルーレイ] パートナーズ[DVD] 悪女のたわむれ[DVD]
ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] ニッケルオデオン[Blu-ray/ブルーレイ] パートナーズ[DVD] 悪女のたわむれ[DVD]
発売日:2006年4月21日 最安価格: ¥1,000 発売日:2018年6月29日 最安価格: ¥4,032 発売日:2015年6月10日 最安価格: ¥1,000 発売日:2005年7月1日 最安価格: ¥2,862
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ペーパー・ムーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi