芙蓉鎮

劇場公開日

0%
67%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

文化大革命を背景に厳しい試練を強いられたひとりの女性と彼女を取り巻く人々の激動の時代を描くもので、87年度の中国・百花賞(作品ほか)、金鶏賞(作品賞ほか)受賞作。監督は「天雲山物語」「牧馬人」などの謝晋。古華の原作(徳間書店)を阿城と謝晋監督が共同で脚色、撮影は慮俊福が担当。出演は劉暁慶、姜文、鄭在石、徐松子ほか。

1987年製作/中国
原題:Hibiscss Town 芙蓉鎮
配給:東宝東和

ストーリー

1963年春。湖南省の南端にある小さな町・芙蓉鎮では市が立つ日で街は賑わっていた。中でも米豆腐を売る胡玉音(劉暁慶)の店は大賑いだった。国営食堂の女店主・李国香(徐松子)は胡玉音の店の繁盛をにがにがしく思っていた。李国香は解放戦争を戦いぬいた米穀管理所の主任・谷燕山(鄭在石)に米の特配をたのむがなかなか相手にされなかった。それでいて谷燕山は胡玉音には米豆腐の原材料の屑米をまわしていた。胡玉音は夫と二人で家畜のえさにしかならない屑米を夜遅くまでかかって臼で挽き、おいしい米豆腐づくりに精出した甲斐あって、王秋赦(祝土彬)から土地を買い店を新築するまでになった。ところが、政治工作班長に昇格した李国香が早速、この店に目をつけ、資本的ブルジョワジーの典型として店に乗り込んできた。そしてこのことが契機となって胡玉音は家も没収され、夫も殺されてしまった。1966年春。文革の嵐が吹き荒れて、状況は一段と厳しくなった。李国香までニセ左派として逮捕され、胡玉音は街きってのインテリでありながら右派の烙印を押され〈ウスノロ〉と呼ばれる秦書田とともに、さらに厳しい批判の対象にさらされていた。彼らに変わって無教養の王秋赦が党支部の書記に昇格し贅沢三昧の暮しをしていた。やがて李国香はコネを生かし復権し、胡玉音と秦書田は来る日も来る日も石畳を掃除するという処罰を課せられた。最初は口もきかなかった二人だが、胡玉音が秦書田の本当の気持を知るようになり、二人は自然にひかれ合うようになった。そして胡玉音が妊娠。秦書田が王秋赦に二人の結婚のゆるしを願い出るが裁判所から秦書田は10年の刑、胡玉音には3年の刑がいい渡たされてしまった。1979年、悪夢のような文革がようやく終り、胡玉音は没収された家などを返され、秦書田も名誉を回復されて芙蓉鎮に帰されることになった。刑の途中で胡玉音が生んだ長男・谷軍と彼女の待つ家に戻った秦書田は、家族で再び米豆腐作りに精を出すようになり、昔のように店は大繁盛した。ぬけ目のない李国香は省の機関に栄転し、革命のお先棒をかついできた王秋赦は気がふれてしまった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5権力に奪われえぬもの

2018年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

幸せ

 ソフトが廃盤となっているために、長らくお預けを食っていたが、とある場所において観ることがかなった。
 映画は、政治運動によって孤立していく人々が、過酷な状況をいかに生き抜いたかを描いている。そして、人々はそのような時代でも恋をしたり、子供を成したりするものだという性愛の問題について、控えめでありながらも何度も繰り返し言及している。
 主人公の胡玉音が、最初の夫と夜なべをして米豆腐をつくるシークエンスは、額に汗して働く若い夫婦の勤労意欲を描く一方で、石臼からほとばしり出るものは性的なエネルギーすらも想起させる。
 また、胡玉音を目の敵としている李国香という人物は、仕事に、恋に常に全力投球する女性だ。映画製作とまさに同じころ、バブル期の日本のテレビドラマが繰り返し描いた若い女性像と重なり合う。
 この上昇志向の強い李国香が、もっとも侮蔑しているはずの男と関係を持ってしまう。玄関のドアにピンクのハートマークを記した彼女の部屋で、真新しいゴム長靴の男を「こざっぱりして」いると、色目を使って褒めあげるのだ。このときの尻の軽さと、胡玉音いじめに対する彼女の執念との対比はシニカルな笑いを生み出し、観客はこの個人の中のアンバランスを見て取ることになる。
 そして、婚期を逃したオールドミスとして描かれる、最後の李国香のなんと現代的な姿か。もはや彼女は被害者でも加害者でもない。女性の社会進出が著しい国では、どこにでもいる一人のさみしい女に過ぎない。
 胡玉音にしても、終盤での出産シーンに際しては、陣痛の苦しみの中、「30歳を超えてからの初産は大変」と叫ばされている。このような場面には不自然で理屈っぽい言葉をわざわざ口にさせているのは、そこに高齢出産への強いメッセージが込められているのであろう。
 映画では、二人の女性が未婚・晩婚の象徴として描かれる。これは、この時代に全世界ですすむジェンダーの変化が中国でも進行していたという、プロレタリアート文化大革命の普遍的で社会史的な側面への言及である。
 一方で、反右派闘争や文革という社会運動が、いかに人々のウィークポイントを衝いて拡大していったかという問題も映画は丁寧に描いている。それは、人間の虚栄、嫉妬といった、些末でも手におえない性質のものに始まり、愛する家族の生活を守らなければならないという、人として実に当たり前の切実な心情にまでつけ込んでくる。
 ここでは、社会思想に規定された諸階層の人々が、革命に振り回され、浮き沈みを繰り返す。そこには毛沢東という仕掛け人の姿はほとんど見えてこない。独裁者の意図というのは、歴史を知る我々の視点からしか見えてはこないものなのだ。政治運動の黒幕は毛沢東なのだという認識は、当時の市井の人々の見ていた光景とは重ならないということを映画は言外に語る。
 大きなうねりに人々が押し流される様を描く前半から、後半は文革を生き抜こうとする者たちのドラマが展開する。
姜文の演じる秦書田という人物の、人々の心が荒みゆく社会での軽やかな生き方が心に残る。
 彼は、ともに反革命分子とされている胡玉音との結婚を町の幹部に願い出る。しかし、彼らを蔑むことが自らの使命だと思い込んでいる幹部には、自宅の玄関に屈辱的なレッテルを貼るように命じられる。
 悲嘆にくれる胡玉音とは対照的に、晴れやかな顔をして丁寧に糊付けをする秦書田。そこに書かれた自分たちの名前に、革命思想上の屈辱的な文言が付いていようとも、その価値観を自分が共有していない以上は、本当の意味での屈辱にはならない。そこに「夫婦」の二文字があり、結果として二人が夫婦であるということを党や町の革命組織が認めたということのほうが重要なのだ。
 名を捨て実を取ることで、大切な人生の一歩を踏み出すことが出来た瞬間である。
 信念や良心を保つことが困難な時代。その流れに棹を挿さずとも、自己の内面に自由を持っている秦書田という人物の、これこそが強さである。
 文革という絶望的な社会の混乱を描いたのち、映画はそうした人間の本来持っている希望について語る。狡猾な権力者は人々の弱い部分を巧みに突き刺してくるが、人が持っている心の中の自由を奪い尽くすことは出来なかった。
 このことは、毛沢東の時代の中国や、独裁者の圧政に苦しむ国だけにあてはまるものではない。戦争や革命のない平和な社会にも、人々の弱さにつけ込み、心の自由を奪うものは数限りなく存在する。
 ナショナリズムしかり、学校や職場のいじめしかり、コマーシャリズムしかりである。
 巷にあふれる広告、広告、広告の嵐。日々の生活や将来の不安に関するキャッチコピーは人々の虚栄や嫉妬を煽る。その量は文革中のスローガンの比ではあるまい。
 そして、それらを一瞬だけ無効にするかのような錯覚を巻き起こすイベントが、渋谷の交差点を埋め尽くす。
 文革の中にあるシステム化への強烈な欲望は、我々の社会にも存在する。
 我々の社会に潜む無秩序への陶酔もまた、文革の中にあふれていたのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る