不思議惑星キン・ザ・ザ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

不思議惑星キン・ザ・ザ

解説

1986年、ソビエト連邦時代のジョージア(グルジア)で製作され、当時のソ連で大ヒットを記録した脱力系SFコメディ。ある日、建築技師のマシコフは、「あそこに自分は異星人だという男たちがいる」と困った様子の学生ゲデバンに助けを求められる。異星人など信じられないマシコフが、その男たちが持っていた空間移動装置のボタンを押すと、次の瞬間、マシコフとゲデバンは地球から遠く離れたキン・ザ・ザ星雲のプリュク星へとワープしていた。そこでは何故か地球のマッチが超貴重品で、2人はマッチの価値を利用してなんとか地球へ帰ろうとするのだが……。日本でもカルト的人気を誇り、89年に都内の劇場で行われた「ソビエトSF映画祭」で初めて紹介された後、2001年にニュープリント版、16年8月にデジタルリマスター版で公開。21年5月にはアニメ版「クー!キン・ザ・ザ」の公開にあわせ、実写版の本作も4度目の劇場公開を果たす。

1986年製作/135分/ソ連
原題:Kin-dza-dza!
配給:パンドラ
日本初公開:1989年

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ランプに向かってクー!

2022年9月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

ロシア映画やべー、2時間ちょっとなのに体感4時間には感じる、もうちょっと盛り上がりとかないんか
しかしなぜか面白いいつまでも見ていられる教育番組ででも流れそうなBGMのピポパポ音もクセになる
最後もなんとなくほっこりするハッピーエンド

1部と2部の繋ぎの所で、地球に戻ったバイオリン弾きが砂とかを鑑定に~云々はどういうこと?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バスト・ラー

3.5超久しぶりに見た

mikyoさん
2022年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

あ、それってそんな意味だったけーって懐かしかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo

5.0これは凄い!!

2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

なんだこれはの世界。明らかにタルコフスキーの影響下にある。グルジアのSFと言うのは初めて見た。凄いデザインと寓意と時間概念。立派なSFであり立派な社会風刺。低予算SFの鏡。こういうのを見たらハリウッド映画って何・って思ってしまう。映画界のスプートニクと言って良い。今年一番の傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

5.0カワイイSF

SpicaMさん
2021年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ベルリンの壁が崩壊するやや前のソ連(グルジア)で作られたとのこと。わりとのんびりした空気感が漂っている。
グルジアの方々をよく知らないのだが、この映画を見る限り、根っからの善人で義に厚い。それに比べて、ワープ先の異星人達の人柄の悪いこと!弱肉強食、権威主義、貪欲…笑。でも、なんやかんやで折り合いをつけてやっていく様子にほっこりした。
ストーリーもいいが、役者さん達もいいし、セットや機械なんかも可愛くて美術さんの仕事も素晴らしいと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM
すべての映画レビューを見る(全42件)