フェイク

劇場公開日:

解説

FBIの潜入捜査官とマフィアの男、生きる世界の違う2人の男の友情と葛藤を描いた実話に基づく感動の物語。元FBI潜入捜査官だったジョゼフ・ピストーネがリチャード・ウーリーと共同で執筆した回想録『フェイク/マフィアをはめた男』(集英社文庫)を、「クイズ・ショウ」のポール・アナタシオが脚色。監督には「フォー・ウェディング」「恋する予感」のマイク・ニューウェルが当たった。製作は「スリーパーズ」のマーク・ジョンソン、バリー・レヴィンソン、ルイス・ディジアイモ、「クイズ・ショウ」のゲイル・マトラックス。製作総指揮はパトリック・マコーミックとアラン・グリーンスパン。撮影は「ダイナー」「グッドモーニング,ベトナム」のピーター・ソーヴァ、音楽は「いつか晴れた日に」のパトリック・ドイル、美術はドナルド・グラハム・バート、編集はジョン・グレゴリー、衣裳はオード・ブロンソン=ハワードとデイヴィッド・ロビンソン、メインタイトル・デザインは「ミッション:インポッシブル」のカイル・クーパー。主演は「ヒート」のアル・パチーノと「ニック・オブ・タイム」のジョニー・デップ。共演は「ボルケーノ」のアン・ヘッチ、「フランキー・ザ・フライ」のマイケル・マドセン、「スリーパーズ」のブルーノ・カービー、「パンサー」のジェームズ・ルッソほか。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第7位。

1997年製作/126分/アメリカ
原題:Donnie Brasco
配給:東宝東和配給(ポニーキャニオン提供)

ストーリー

78年、ブルックリン。FBI捜査官ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)は囮捜査官として、マフィア組織に潜入することを命じられた。彼の潜入名はドニー・ブラスコ。マフィアとの接触を狙っていた彼が最初に近づいたのは、末端の気さくな男レフティ・ルギエーロ(アル・パチーノ)だった。当時、マフィアファミリーは、リトル・イタリーを拠点とするソニー・レッドの組と、ブルックリンを拠点とするソニー・ブラック(マイケル・マドセン)の組と、2つの組が対立して存在していた。後者に属していたレフティは、忠実に仕事はこなすものの運にはまるで見放され、ボスへの上納金に四苦八苦し、出世とは縁がない男だった。そんなシケた暮らしの中に現れたのがドニーで、レフティは聡明で行動力に溢れた彼との出会いに、諦めていた昇進の夢を再び抱くようになる。また、誠実な彼にドラッグに溺れる息子の姿を重ね合わせ、単なる弟分を超えた愛情を感じ始めていた。レフティは、ドニーを組の上層部に紹介したり、ことあるごとにマフィアの掟を教えるなど、親身に世話を焼く。そんなレフティを足掛かりに、ドニーが仕掛けた盗聴器やビデオテープは定期的にFBIに渡され、作戦は着実に成果を挙げていた。一方で、マフィアとして暴力に加担するなど、ドニーとジョーの2人の人間の境界線は少しずつ曖昧になっていく。たまに家に帰っても、娘たちは口をきいてくれず、妻のマギー(アン・ヘッチ)とは口論が絶えない。仕事の重責の中、彼の私生活の歯車は次第に狂い始めていた。FBIから、行き詰まったマイアミの囮捜査の協力を要請されたドニーは、儲け話を持ちかけてソニー・ブラック一行をマイアミへおびき出すことに成功。ソニーは廃れたバーを階層オープンして大金を掴もうとするが、開店当日に警察の手入れが入ってしまう。これらは全てFBIによって仕掛けられた罠だった。レフティは「警察が来るのが早すぎる。この中に裏切り者がいるはずだ」と指摘するが、誰もドニーを疑う者はいなかった。やがて、マイアミのボスを招待した客船が、かつてFBIが囮捜査に使ったものだとレフティに知られてしまう。彼はドニーに詰め寄るが、ドニーはうまく切り抜け、レフティも自分を慕う彼の言葉を素直に信じるしかなかった。2組のマフィア間の抗争は次第に激化し、ドニーの身の危険を感じたFBIは、マフィアからの撤退を勧告した。しかし、今、捜査を抜けることはレフティに死をもたらすことを意味する。自分を信じ、愛してくれるレフティを見殺しにすることは、ドニーにはできなかった。抗争に巻き込まれた彼が、今まさに引き金を引こうとした瞬間、FBIが突入。6年に及ぶドニーとレフティの生活にピリオドが打たれた。死を覚悟したレフティは、ドニーの妻に「彼に伝えてくれ。お前だから許せる」と告げ、夜の闇に消えた。その頃、ジョー・ピストーネはドニー・ブラスコとしての潜入捜査の功績をFBIから表彰されていたが、ついに彼とレフティの人生は交わることはなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0名演技が光。。

2022年7月17日
iPhoneアプリから投稿

アルパチーノのマフィアレフティ-役、ジョニーデップのFBI囮捜査官ダニー役共に良かった。実話を元にしているストーリーとの事だが、この2人の友情との葛藤が見事に伝わり引き込まれた。ダニーのミイラ取りがミイラになると期待していたが、レフティ-が最後を悟り家を出てダニーがFBI囮捜査を全うした終りは胸を打つ。
アルパチーノのマフィア役は、ゴッドファーザーを思い出し凄みを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
windfukuchan

3.5細かいところがよく分からないが

2022年7月12日
PCから投稿

そういうところはまぁいいだろうと思える人にとって、これは傑作だ。
スロースタートの映画で真ん中すぎ辺りまでそこそこ退屈だった。一つ一つのエピソードが面白くなく順番に説明していますという感じだった。でも全体構造がしっかりしていて最後はじーんときた。パチーノのくたびれた親父ぶりがぴったりはまっていた。本当に幅の広い役がこなせる名優だと思う。きっとアルパチーノじゃなかったらこんなにいい映画にならなかったに違いない。
ストーリーのメインになるアルパチーノとジョニーデップの死と隣合わせの恐ろしい世界・・と、平和で安全な世界が共存していて一人の人間が両方との世界を生きているという恐怖感が実に上手く描けていた。そしてアルパチーノたちとのドラマと家庭のドラマが両方ともきちっと描けていて脚本家としての姿勢の正しさを感じた。
細かい所に説明不足や多分大きな矛盾がある。例えば裏切りのエピソードが出てくるのだが、誰が何のために何の利益があって裏切ったのか?どうして船を手配する必要があるのか、どうしてそんな船持ってるようなお金持ちだとごまかすことができたのか?さっぱり分からない。それをきちっと描いたり説明したりしていると全体が崩れてダメになってしまうところを俳優の名演と演出の妙で乗り切っていた。
それとラストの音楽。
これだという派手なクライマックスもない。しかし「いやー映画って本当に素晴らしいものですね」ってのを感じさせてくれる素晴らしい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タンバラライ

3.0潜入捜査はこの映画で知った

2022年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

潜入捜査というものがある事を
この映画で知った気がします。

家族にもロクに会えない、
捕まえる相手と絆が深まって行く、
その相手にはいつ消されるか分からない関係でもあり、
死体の解体までしなければならない。
スゴい仕事があるもんだと思ったと思うのだけど、
今観ると、実話ベースなのでラストは消化不良と言うか
折角築いた関係性なのにふわっと終わってしまって、
ドラマチックなラストを期待してたのでガッカリでした。
若かりし頃のジョニーデップと
小者感溢れるダサいマフィア演じるアルパチーノの
コンビの絵がとても良かった。
特にゴッドファーザー、スカーフェイスの
あのアルパチーノがこのキャラなんだと言う
驚きがありました。

この作品からインファナルアフェア、ディパーテッド
と潜入物の良作に繋がって行くのかなと思うと
見て損はなし。
ジョニーデップとアルパチーノが並んでるだけで
観る価値ありと言う作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ

3.0どんな界隈にもちゃんと

2022年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ルールがあって、それを守れないとそれなりの罰が与えられます。たとえルールを守っていても、人を利用したり出し抜いたり、世渡り上手で要領がいい人と、そうじゃない人がいます。大抵は罰金だったり収監されたりですが、世界が違えばその罰は死を意味します。勘違いや誤解、冤罪でも関係なく罰せられます。そして世界はそんなことを気にもせず回り続けます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もえ🎀
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る