モリのいる場所

劇場公開日

モリのいる場所
17%
50%
27%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷守一=モリのエピソードをベースに、晩年のある1日を、「モヒカン故郷に帰る」「横道世之介」の沖田修一監督がフィクションとしてユーモラスに描いていく。昭和49年の東京・池袋。守一が暮らす家の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫が住み着いていた。それら生き物たちは守一の描く絵のモデルであり、じっと庭の生命たちを眺めることが、30年以上にわたる守一の日課であった。そして妻の秀子との2人で暮らす家には毎日のように来客が訪れる。守一を撮影することに情熱を傾ける若い写真家、守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人、隣に暮らす佐伯さん夫婦、近所の人々、さらには得体の知れない男まで。老若男女が集う熊谷家の茶の間はその日も、いつものようににぎやかだった。

2018年製作/99分/G/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0熊谷守一という実在した画家のお話。 自宅から外へほとんど出ることも...

2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

熊谷守一という実在した画家のお話。
自宅から外へほとんど出ることもなく、独特な世界観を持った画家だったという。
そんなモリとその妻の1日を追った内容。
ゆったりとした時間が流れて、心地いい映画。
こういう映画に三上博史、新鮮だった。
ゆっくりとした日常に、時たま入るコメディがまたおもしろかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5タイトルなし

2022年1月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

本当にいた人物なんですね?
こうやって生きていけたらいいなあ、とは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らっこおやじ

3.5独特の世界

2021年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

笑えるファンタジーもの
ゆっくり流れるモリの世界
生きもの達の生態も見られて
おもしろい。
樹木希林と山崎努との会話も
自然な感じでホッコリする

笑えるネタもあって
静かなところと
賑やかなところ があって
宇宙まで……
どうゆう映画 ?
なんだろうと思った
監督の遊び心が詰まってる作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
しろくろぱんだ

4.0身体と頭のバランスがいいのだ。

2021年5月18日
PCから投稿

熊谷守一の猫の絵が好きだ。
こんな絵を描ける人間はどんな人なんだろう?と、思ってた。
実に見事な生き方だ。なぜなのか?
それは、インプットとアウトプットのバランスが良いからだ。
脳にインプットされる事象は自然から得て、身体を使ってアウトプットしている。
其の為に、懸命に見つめ続ける。蟻が全て左足から歩き始めることを発見するところなどがその典型だ。そして、長野からやってきた宿屋の亭主に看板を描くシーン。全身で呼吸で調子を取りながら書くシーンがいい例だろう。
頭ばかり大きくなってしまった僕たちは、都市での暮らしのお陰で失ったものを実感することがなくなってしまった。本来の人間らしさを取り戻すために熊谷守一を見つめ続けることが、今最も必要なことなのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
haru
すべての映画レビューを見る(全86件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る