ファンタジア2000

劇場公開日

7%
47%
33%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

音楽とアニメーションの融合によるファンタジー・アニメ大作。40年の名作『ファンタジア』を最新技術でリメイク。世界各国のアイマックスのジャイアント・スクリーン版と通常劇場版(35ミリ)の2種類のフォーマットで公開される(日本では35ミリ版は夏に公開予定)。製作総指揮はウォルト・ディズニーの甥で同カンパニー副会長のロイ・E・ディズニー。製作はドナルド・W・エルンスト。総監督はヘンデル・ブトイ。プログラムは8部構成。「交響曲第5番」(ベートーヴェン作曲:監督はビショーテ・ハント)、「交響詩 ローマの松」(レスピーギ作曲:監督はヘンデル・ブトイ、案内役は「花嫁のパパ」のスティーヴ・マーティン)、「ラプソディー・イン・ブルー」(ガーシュイン作曲:監督はエリック・ゴールドバーグ、案内役はクインシー・ジョーンズ)、「ピアノ協奏曲第2番」(ショスタコーヴィッチ作曲:監督はヘンデル・ブトイ、案内役は「フォー・ザ・ボーイズ」のベット・ミドラー)、「動物の謝肉祭」(サン=サーンス作曲:エリック・ゴールドバーグ、案内役は「今そこにある危機」のジェームズ・アール・ジョーンズ)、「魔法使いの弟子」(デュカ作曲:監督はジェームズ・アルガー、案内役はマジシャンのベン&テーラー)、「威風堂々」(エルガー作曲:監督はフランシス・グレイバス、案内役は本作の“3大テノール競演”指揮者ジェームズ・レヴァイン)、「火の鳥」(ストラヴィンスキー作曲:監督はポール&ゲイトン・ブリッツィ、案内役は「狼の血族」のアンジェラ・ランズベリー)。

1999年製作/78分/アメリカ
原題:Fantasia/2000
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

ストーリー

※ストーリーは割愛します。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

1.5語ることなし。

2021年2月4日
PCから投稿

話とかはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

3.5観る価値しかない一本。

JYARIさん
2019年11月7日
iPhoneアプリから投稿

アニメーションの進化の喜びとともに、地球に生まれこの地で生きる幸福をも感じられる今回のファンタジア。
元祖ファンタジアはおふざけというか本当にファンタジー要素が強かったけれど、今作はネイチャーな映像がすごく美しかった。(元祖でも「月の光」が良かったしね。)

クラシック好きがなんと言おうと、このアニメーションは誰かの見解で作られたものでしかないし、それに対して間違っているとか、冒涜だとかいうのはお門違いな気がする。

いちばんのお気に入りは”ラプソディーインブルー”。
なんかなつかしさの中に、アニメ技術的なものを感じる。テンポもいいし、飽きずに見ていられる。人を救う作品っていうのはこういうことを言うんだよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

1.5スタジオ作品

2013年11月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

映画評価:30点

ディズニーとは特に関係ないです。
スタジオが手掛ける短編作品が複数詰まったモノですね。

この短編集の一つ一つは全て表現方法が違います
更にその表現方法を合わせたのがディズニー作品と納得させる出来です

映画としては特に面白いモノではなく
美術館に来た印象です

音楽も映像も素晴らしい技術を感じました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ファンタジア」シリーズ関連作品