評決のとき

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
評決のとき
13%
67%
17%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人種差別問題が絡んだ事件の裁判を通して、正義と真実の問題に取り組む人々の姿を描いたサスペンス・タッチのヒューマン・ドラマの感動作。「ペリカン文書」「依頼人」などのベストセラー作家、ジョン・グリシャムが新米弁護士時代の体験に基づく処女小説(邦訳・新潮文庫)を、自ら製作も兼ねて映画化。これまでのグリシャム映画と同様、法廷サスペンスのスタイルを取りながらも、重いテーマをエンターテインメントと両立させる手腕が見事。監督には原作者自身に指名によって「依頼人」のジョエル・シュマッカーが再登板し、脚本も同作のアキヴァ・ゴールズマン。製作は「ヒート」のアーノン・ミルチャン、「依頼人」のマイケル・ネイサンソン、グリシャムの共同。撮影は「ダイ・ハード3」のピーター・メンジーズ・ジュニア、音楽は「バットマン・フォーエヴァー」のエリオット・ゴールデンサル、美術は「フォーリング・ダウン」のラリー・フルトン、編集は「ザ・ファーム 法律事務所」のウィリアム・スタインカンプ、衣裳は「依頼人」のイングリット・フェリン。主演には「ボーイズ・オン・ザ・サイド」の新星マシュー・マコノヒーが大抜擢され、「ダイ・ハード3」のサミュエル・L・ジャクソン、「恋する泥棒」のサンドラ・ブロック、「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」のケヴィン・スペイシー、「アウトブレイク」のドナルド・サザーランド、「三銃士(1993)」のキーファー・サザーランドとオリヴァー・プラット、「ヒート」のアシュレイ・ジャッドら多彩な顔ぶれも見もの。

1996年製作/アメリカ
原題:A Time to Kill
配給:日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン提供/特別協力*読売新聞社)

ストーリー

ミシシッピー州の街カントン。黒人労働者カール・リー(サミュエル・L・ジャクソン)の10歳になる娘トーニャが2人の凶暴な白人青年にレイプされた。トーニャは一命は取り留めたものの子供の産めない体になってしまい、復讐を誓ったカール・リーはマシンガンを持って裁判所に出向いて二人を射殺。この時、傍らにいた保安官助手ルーニーも重傷を負った。人種差別が根強く残るこの街では黒人の白人殺しは特に不利だったが、若手弁護士のジェイク(マシュー・マコノヒー)は、苦労を覚悟でカール・リーの弁護を引き受ける。やり手の検事バックリー(ケヴィン・スペイシー)は対決の相手が新米のジェイクと知って、自信満々の笑みを浮かべる。ジェイクは法律学校時代の恩師ルシアン(ドナルド・サザーランド)を訪ねる。彼は法曹界を追われてからは酒浸りの日々だったが、今でもジェイクの最高の師だった。裁判が始まった。ジェイクは血気盛んだったが、バックリーは手ごわかった。そんなジェイクにボストンで法律を学んでいる美人女学生のエレン(サンドラ・ブロック)が有益なデータをそっと渡し、彼女は裁判が終わると助手に雇ってほしいと頼む。一方、カール・リーに弟を殺されたフレディ(キーファー・サザーランド)は、白人至上主義者の団体KKKの一員となって恨みを晴らそうとしていた。KKKはまず、ジェイクの家の前に燃える十字架を置き、次に爆弾を仕掛ける。妻のカーラ(アシュレイ・ジャッド)はこの事件に動揺し、ジェイクに家族の安全を考えてほしいと訴えた。彼は妻と娘をしばらく実家に帰らせたが、夫婦の間には微妙な行き違いが生まれていた。また、かつてルシアンのために働き、今はジェイクの秘書であるエセル(ブレンダ・フリッカー)の家も襲撃を受け、彼女の夫バドが帰らぬ人となる。やがて留守中に家に放火されて焼け落ち、彼は全てを失ってしまう。友人の弁護士ハリー(オリヴァー・プラット)は事件から降りろと忠告するが、今さら後戻りはできない。判決の日が近づくに連れ、街では白人と黒人の対立が深まる。陪審員に選ばれたのは全員白人で、カール・リーの立場はますます不利に。彼の釈放を求める黒人たちと、白い頭巾を被って黒人を虐待するKKKのメンバーたちが裁判所の外で暴動を起こし、街は大混乱になる。ジェイクは暴動で負傷し、今では彼の有能なアシスタントとなったエレンが手当てをした。この事件をきっかけに、二人は互いにひかれ始めていくが、そんな時、エレンがKKKに拉致されてリンチを受けた。法廷では激しい口調で問い詰めるバックリーに、カール・リーは思わず殺意を認める発言を口走ってしまい、場内は騒然となる。裁判の後、エレンが襲われたことを知ったジェイクは心を傷め、さらに刑務所のカール・リーを訪ねた彼は、「俺の娘とお前の娘が一緒には遊ぶか?」と言うカール・リーの言葉に、白人と黒人の間の厚い壁を改めて思い知らされた。疲れ切ったジェイクの前に、実家に帰ったはずのカーラが嵐の中、車を飛ばして会いにやって来た。心がすれ違いかけていた妻の理解を得て、ジェイクは決心を新たにする。いよいよ最終弁論。ジェイクは全ての小細工を捨て去り、陪審員たちの心に切々と訴えかけた……。そして無罪の判決が下った。カール・リーの家でのお祝いのパーティに、ジェイクは家族揃って訪ねた。ジェイクの娘とカール・リーの子供たちが仲良く遊んでいる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0アメリカと言う国の話

2020年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ブラックライヴズマターが叫ばれている中、
24年前に作られたこの作品を観て
アメリカが何も変わってないと言うか、
根本的にはこう言う国で、
全く一つになっておらず分断されてるのだなと思いました。

今となってはケビンスペイシーが相手方と言うのも
憎たらしい。

マシューマコノヒーや撃たれた警察官が至極真っ当、
黒人も人間として接するのが当たり前のように
思えるのだけど、異物のように感じるのが怖い。

とにかく黒人に対する白人が基本的に酷く、
KKKなんかは悪魔のようである。
掲げられた「GOD IS WHITE」は白人の本質のように
思った。

父親の報復は気持ちは分かるし、
最終的には人種じゃなく、あなた自身ならどうするか?
と言う問いで、マシューマコノヒーの演説は胸を打つ
素晴らしいものだったけど、
それでもあの裁定はおかしい気がしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

5.0歴史的名作の一つ

2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿

最初から最後までヒリヒリする映画。重厚な映画なので気合いを入れて観るべし。観る人によって感じることは違うだろうが、観る人全てにこの作品に関わった全ての人が注いだ情熱が伝わるはず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0殺人を犯した黒人が被告人である裁判。 弁護するのも命懸けだ。 15...

省二さん
2020年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

殺人を犯した黒人が被告人である裁判。
弁護するのも命懸けだ。
150分という長編であるが、緊迫したシーンの連続で飽きることはない。
ただ、あの裁判で無罪はあり得ないな。
せいぜい情状酌量で刑が減軽され、執行猶予がつけば万々歳といったところだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

4.0夢中にならざるを得ない。

Tokyoさん
2020年3月10日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

興奮

アメリカにおける黒人差別をテーマにした映画はいくつも存在する。そのどれもが衝撃的であるが、その中でもこの映画はストレートに残酷なシーンを訴えかける。
また裁判系の映画は「起」の部分で事件の内容を伝え、そこからは裁判メインになりがちだが、この作品はそんなに生ぬるくない。コンスタントに暴虐なシーンを映し出すため、終わりまで腹が煮え、夢中にならざるを得ない映画だ。
結末は、見て感銘を受けて欲しいのであえて何も言いません。
強いて言えばタイトル、原題の「A TIME TO KILL」のような直接的なタイトルにすべきだった。邦題は曖昧でこの映画には似合わない。
そして俳優超豪華。
マシューマコノヒー(インターステラー等)
サミュエルLジャクソン(ジャンゴ等)
サンドラブロック(ゼログラビティ等)
ケヴィンスペイシー(ユージュアルサスペクツ等)
キーファーサザーランド(24シリーズ等)
クリスクーパー(アメリカンビューティー等)
などまだまだ素晴らしい俳優陣が起用されている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tokyo
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「評決のとき」以外にこんな作品をCheck-inしています。