劇場公開日 1996年12月28日

評決のときのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

4.0KKK

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 アメリカ南部でまだ続く人種差別問題を見事にとらえた映画でした。法廷もの映画というのは結末がある程度予想がつくものの、どういった話術で陪審員に有無罪を印象づけるのかが興味あるところです。

 中盤でルーニーが証人台に立って発言する場面は泣けましたが、またまた印象が覆されて。。。とKKKの登場でどんどん被告側に感情移入していく作りになっています。 演技は豪華キャストの中でもサミュエル・L・ジャクソンがピカイチでした。

 アメリカの法廷映画を見るときには、今後日本で行われるであろう裁判員制度、これが陪審員制度と照らし合わせてどんなことになるのだろうかと常に考えさせられます。どうなんでしょうねぇ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5浅はかな脚本と監督

2018年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

単純

被害にあった娘は何故に黒人なのか?白人の娘が被害者だったとしてもストーリーに何ら変化は無いように思うしそこに人種差別を過剰に挟んで興味心を煽る撮り方に嫌悪感が。

この映画はあからさまに黒人が弱者で酷い目に合うのは黒人ってイメージを過剰なまでに演出して白人が悪者かと思いきや守るのも白人で客のフォローも万全にKKKの存在も分かりやすい悪としか描かないし犠牲になった人々の扱いも軽くラストに悪は完全成敗と酷い有り様なハッピーエンド。

裁判のシーンも説得力のある演説は皆無で緊張感も知的な要素も納得させられる内容も感じられずに薄っぺらい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0ごめんなさいこれは…

伊織さん
2017年8月5日
iPhoneアプリから投稿

わたしがおかしいのか?
「評決」に全く納得がいかなかった。

確かに司法と人種は分離されるべきだし
そもそも差別があること自体誤りで
わたしたちはその負の歴史から
学ばなきゃいけないんだけど。

でもそれって、双方向なのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伊織

5.0深い

LalaLaさん
2017年5月28日
iPhoneアプリから投稿

人種差別本当にひどいです。この映画を観て私達が想像している以上に人種差別は深刻で未だにそれが無くなっていないと感じました。何が善で何が悪なのか?本当に考えさせられる映画です。また、キャストも演技派がそろっています。時間は2時間半で長いと思われるかもしれませんが、私にはあっという間に感じました。何度見ても考えさせられる映画です。ここではレビュー少なめですが多くの人に観て頂きたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
LalaLa

5.0素晴らしいの一言

2017年5月4日
iPhoneアプリから投稿

最後のマシューマコノヒーの一言、鳥肌

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のーらん

3.0豪華

がいさん
2014年10月10日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

キャスト。それだけでも観る価値あり。子供を持つ親としてこんな酷いことを娘にされたら‥‥と思うと父親の気持ちがよくわかる。ラストの裁判シーン。裁判員と同様にハッとさせられます。いまだに虐待や人種差別がある事すら信じられない。それによって人の人生が狂うのに。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
がい
「評決のとき」の作品トップへ