劇場公開日 1996年12月28日

「KKK」評決のとき kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0KKK

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 アメリカ南部でまだ続く人種差別問題を見事にとらえた映画でした。法廷もの映画というのは結末がある程度予想がつくものの、どういった話術で陪審員に有無罪を印象づけるのかが興味あるところです。

 中盤でルーニーが証人台に立って発言する場面は泣けましたが、またまた印象が覆されて。。。とKKKの登場でどんどん被告側に感情移入していく作りになっています。 演技は豪華キャストの中でもサミュエル・L・ジャクソンがピカイチでした。

 アメリカの法廷映画を見るときには、今後日本で行われるであろう裁判員制度、これが陪審員制度と照らし合わせてどんなことになるのだろうかと常に考えさせられます。どうなんでしょうねぇ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
「評決のとき」のレビューを書く 「評決のとき」のレビュー一覧へ(全6件)
「評決のとき」の作品トップへ