春にして君を想う

劇場公開日

30%
50%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アイスランドの幻想的な光景の中、故郷を目ざす2人の老人の姿を通じて、人間の孤独と不安、生と死、自然との関わりをつづった一編。監督・脚本はアイスランドの映画界のリーダー的存在で、永瀬正敏のビデオクリップの演出も手がけているフリドリック・トール・フリドリクソン。共同脚本はエイナル・マオル・グドゥムンソン、撮影はアリ・クリスティンソン。音楽はヒルマル・オルン・ヒルマルソンで、挿入歌はシュガーキューブスの『コールド・スウェット』。主演はアイスランド演劇界を代表するギスリ・ハルドルソンとシグリドゥル・ハーガリン。助演は「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツら。サンレモ映画祭主演男優賞、アンリ・ラングロワ映画祭主演男優賞ほか各賞を受賞。

1991年製作/82分/アイスランド・ドイツ・ノルウェー合作
原題:Börn náttúrunnar
配給:ケイブルホーグ=シネカノン

ストーリー

アイスランド北部に住む78歳の農夫ソウルゲイル(ギスリ・ハルドルソン)は農業に疲れ、首都レイキャビクに住む娘を訪ねるが、10代の孫娘は彼の世界とは遠く、理解を超えていた。一緒には住めないことを知り老人ホームに入った彼は、そこで幼なじみの老婦人ステラ(シグリドゥル・ハーガリン)と再会する。彼女は両親の眠る土地に戻って死にたいという夢を抱き、何度もホームから逃げ出そうとしていた。ソウルゲイルもまた思いは同じだった。彼らはある日、ホームを抜け出した。2人はスニーカーを履き、盗んだジープを走らせる。警察の検問をかいくぐり、一歩一歩目的地に近づく彼ら。ジープが故障し、やむなく乗り捨てて歩く2人は、ある山小屋の納屋にもぐり込んで月光に照らされながら眠る。神秘に満ちた旅が終わりを告げ、ようやく故郷の土地に着き、とある家に入った彼らは、椅子に腰を下ろす。充足感に満ちたステラの頭の中に、過ぎ去った出来ことが走馬灯のように浮かび上がる。ステラは外に出て思い出の場所を歩く。我に返ったソウルゲイルは彼女がいないのに気付き探しまわると、ステラは海岸に倒れて死んでいた。ソウルゲイルが彼女を埋葬し、裸足で山に登ると天使(ブルーノ・ガンツ)が現われ彼の汚れた足をさっと撫でた。捜索隊がヘリコプターでやってくると彼は逃げ、崖で霧の中に姿を消す。やがて霧が晴れても姿を現わさなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第64回 アカデミー賞(1992年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0ブルーノ・ガンツはまた天使だったのか

kossyさん
2021年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 78歳の老人カップルが車を盗んで自分たちの死に場所を探す旅に出る。北欧の自然と人の暖かさを堪能できる珠玉のロードムービー。明確な目的地を持たぬ彼らの旅は、霧の中のフィヨルドを通って天国への道を行くかのようにも感じられました。船乗りが言っていた「怖がることはない。ただの幽霊さ」なんて粋な台詞も印象的だ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.5もし自分が映画監督になれたらこういう映画を撮りたい ノスタルジー、...

2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿

もし自分が映画監督になれたらこういう映画を撮りたい

ノスタルジー、孤独、しあわせ、大切な人の死

自分の好きなものが全て詰まった作品だった
また見たい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コーヒー

4.0まぼろし

ミカさん
2017年5月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アイスランドの作品なのに、自然の繊細さや美しさがもやの様に描かれているので、まるで日本画を見ている様な錯覚に陥りました。

生きていることが、幻なのかな?
そんな風に思えるほどフィルムは儚げで、人間が美しい風景に溶け込んでいる作品でした。

だからこそ、「死」も自然と受け入れることができるのかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.5彼の地を想いかの果てへ向かう。

ちからさん
2015年10月25日
iPhoneアプリから投稿

彼の地を想い彼の果てへ向かう。「#映像詩」という言葉があれば正にそれ。
アイスランドの幻想景に纏われたその物語は、もはや「#文学のイデオム 」でしか語れないのではないか?ただ、ただ素晴らしい。
「ノスタルジアとは死に至る病」を起思した。
OCT.24 渋谷にて

あと、タルコフスキー な背景音も今だったらシガーロス の役割かもね(誤読か)

#ベルリン天使の歌の詩 #アイスランド #ブルーノガンツ#シガーロス#タルコフスキー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちから
すべての映画レビューを見る(全5件)